まるわかり。知っておきたい、欧米英語留学とフィリピン英語留学の違い

世界600校以上の学校を視察したプロがフィリピン留学後に最適な欧米の留学先を紹介するシリーズ、今回は100年以上の歴史を持つ英語学校を擁するイギリス学校を紹介します。

1.ヨーロッパのビジネスマンと学べる、100年以上の歴史を誇る名門校で学ぶ

The London School of English

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【イギリス編】
http://www.businessclass.ch/en/language-training-in-england/language-training-in-london/

公式HP
http://www.londonschool.com/jp/

YouTube

パンフレットPDF
http://www.londonschool.com/fileadmin/

学校の概要

100年以上の歴史を持ちロンドンに2つの校舎を持つこの学校は、ロンドン中心部に近く主にビジネスパーソン、弁護士などのプロフェッショナルが英語によるコミュニケーションを学ぶホーランドパーク校と、ロンドンから地下鉄で約20分の場所にある一般英語が学べるウエストクロフトスクエア校に分かれています。

ポーランドパーク高級住宅地街、ジュリア・ロバーツ主演の映画『ノッティングヒルの恋人』で有名なノッティングヒルにも近いです。

おすすめポイント

フィリピンの学校との圧倒的な違いは、学生の国籍の多様さです。
学生の半分以上がヨーロッパ人、他には中東やロシア、トルコなどの学生が目立ちます。日本人を含むアジア人はとってもマイナーな存在になります。

そんなアウェイな環境でヨーロッパからのビジネスパーソンたちとビジネス英語によるコミュニケーションを学ぶ経験は、本当の仕事で使える英語力やコミュニケーション能力を付ける絶好の機会になるでしょう。

30歳以上の方には主にヨーロッパの企業に務めるプロフェッショナルが学ぶホーランドパーク校のInternational Business Communicationコースを、そして社会経験が少ない20歳から30歳の人にはBusiness English 20 – 30というコースがおすすめです。

2.オックスフォード郊外のアットホームな学校で学ぶ

Centre of English Studies(CES) Oxford校

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【イギリス編】
http://www.ces-schools.com/Oxford/Album?id=ce372428-83dd-48fb-9655-daca2b7b5313

公式HP
http://www.ces-schools.com/Oxford

YouTube

学校の概要

アイルランドのダブリンとイギリスの6カ所で英語学校を運営するCentre of English Studies(CES)は、1979年に設立され30年以上の歴史を持つ英語学校。

この学校は世界語学学校協会(IALC)や語学学校の品質向上を目指す世界的な組織EAQUALS(Evaluation & Accreditation of Quality in Language Services)のメンバーにもなっています。

CES Oxford校は名門Oxford大学がある町の中心からバスで約20分の静観な高級住宅地に位置します。

おすすめポイント

フィリピンから初めてのヨーロッパデビューで、いきなり大都市のロンドンというのは、ちょっときついという方も多いのではないでしょうか?そんな方にピッタリなので、このCES Oxford校です。

学校はオックスフォードの郊外の住宅地にあり、小規模な学校なので、アットホームの雰囲気の中、ゆっくりと英語を学ぶことができます。殆どの学生はヨーロッパからきていて、他の学校より比較的年齢層が高いので、若い学生が多い学校より落ち着いて学べます。

また、1クラスも8人程度と他の学校より少人数です。ホームステイ先も近く、家も広くなる場合も多いです。それでいてロンドンの学校へ留学するより費用が安くお得です。

3.これぞヨーロッパ!イングランドの歴史が残る有名都市チェスターで学ぶ

English in Chester

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【イギリス編】
http://www.english-in-chester.co.uk/gallery/

公式HP
http://www.english-in-chester.co.uk/ja/

YouTube

学校パンフレットPDF
http://www.english-in-chester.co.uk/static/web/files/brochure-ja.pdf

学校の概要

ロンドンから鉄道で約2時間、中世の歴史的な建物が多く残るチェスターは大学町でもありヨーロッパからの観光客でにぎわう活気がある町です。

この学校は1976年に設立された歴史ある学校で、創設者はイギリス英語学校協会の会長経験者でもあります。一般英語コースだけでなくビジネス英語コース、ティーン向けコース、50歳以上の方向けコースなどを提供しています。

おすすめポイント

この学校のおすすめポイントはなんといってもそのロケーションと質の良い学校スタッフにあります。このチェスターという街は、ヨーロッパやイギリス国内からも多くの観光客が訪れる、イングランドの歴史的な街で、中世の街並みがそのまま残っている素敵な街です。

まさにヨーロッパという環境の中で、ヨーロッパ人と一緒に英語とイギリス文化が学べます。

下記の学校サイトのギャラリーページでチェスターの写真が見れます。
http://www.english-in-chester.co.uk/gallery/

フィリピン留学経験者に特におすすめは25歳以上向けコース(25+ Courses)です。1週間から6週間までの短期コースで、仕事で使える実践的な英語力習得を目指すコースです。25+コースにはCombinationというコースもあり、そのコースを選ぶと一般英語とコンビネーションで下記の特殊英語(ESP)を合わせて学ぶことが可能です。

English for Tourism Management
English in the World of Finance
English for Human Resource Management
English for Marketing
English for Customer Services
English for Journalism
English for Aviation
English for Transport/Logistics

この様にイギリスの英語学校には北米やオセアニアの学校にはない歴史的な文化や街並み、そしてヨーロッパ人学生の多いクラス編成などの魅力があります。

いかがでしたでしょうか?

次回は『フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【カナダ編】』をご紹介したいと思います。

お楽しみに!

国際教育事業コンサルタント
星野達彦

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。