Howdy English Academyへの6週間留学体験談

・お名前 YU
・ご年齢 30歳
・ご職業 無職
・通われた語学学校  Howdy English Academy
・留学滞在期間 6週間 (2016/2-2016/3)

1. なぜその学校を選んだのですか?

知り合いがHowdyで働いていたので誘っていただきました。

2. フィリピン留学前に準備してきた事は?

セブ留学前にマニラで働いていましたが、さらに英語力をブラッシュアップしたいと思い、転職を機にセブで語学留学しました。よって、準備という準備はしませんでした。

3. フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

留学の前に実力チェックという意味でTOEICを受けておけばよかったと思っています。TOEICを一度も受けたことがないので、自分の英語力を聞かれてもどの程度なのかも「仕事で使っていました・・・」と、漠然としか答えられませんでした。

まずは自分の英語のレベルを把握することで足りないポイントがわかりますし、先生・学校側もどのレベルの教材がいいのか判断しやすくなると思います。また、留学前後でTOEICを受験されると成長度合いもわかります。

4. 学校の施設はどうでしたか?

まだできて一年ちょっとの学校なので、部屋、共同スペース、教室ともにとても清潔です。部屋によってシャワーの水圧が弱い、水はけが悪いなどの問題がありましたが、1,2カ月の留学であれば我慢できる範囲だと思います。

5. 授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

私は「スタンダードコース」を選びました。50分のマンツーマンレッスンが5コマ、50分のグループクラスが2コマです。
マンツーマンレッスンでは日常会話、TOEIC練習、ビジネス英語などを勉強しました。私は今後も仕事で英語を使いたいと思っているので、15分程度のプレゼンテーション実習を提案し、週に2,3回プレゼンをさせてもらいました。

何をしたいか希望すればアレンジしてもらえます。グループクラスは「会話クラス」と「発音クラス」があり、会話クラスはディベートや記事に対しての意見を言うなどを自分を表現することに焦点を当てます。発音クラスは文を読んだり、時には映画のワンシーンを真似して演じたりと正しい発音で話すことに焦点を当てて練習しました。

6. 最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

プレゼンテーションの授業は非常に役に立ちました。言い回し、信頼が得られる声の出し方、質問のうけかた、答え方などとても実用的な英語を学ぶことができました。

一方で、グループクラスは物足りなかったです。レベル分けがされていないので、初心者から上級者まで幅広いレベルの生徒が同じグループにいます。

先生の指示が全く分かっていないビギナーを、中上級レベルの生徒がサポートせざるを得ない状況で、中上級レベルの生徒からは「授業が全然進まない」などの不満があり、評判がよくなかったです。グループクラスを辞めて前コママンツーマンに切り替える人もいました。

7. どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

新しい語彙を会話の流れで自然に導入してくれる先生は非常に良かったです。どういうシチュエーションでその言葉を使えばいいのかがわかりやすかったです。

また、フィリピンの政治経済などの時事についても最低限の知識がある先生との会話は難しい語彙の勉強にもなるので効果的でした。

先生なのである程度は仕方ありませんが、演じるようにオーバーに話す先生がいます。日常では女優のような話し方をする人はなかなかいないので、普通に話してほしいとお願いしたことがありました。

できるだけナチュラルなスピード・イントネーションで話してくれる先生がいいですね。

8. 食事内容はいかがでしたか?

料理に関しては満点です!日本人シェフが常駐しており、毎日おいしい日本食が食べられます。シェフは海外での経験も豊富な方で、食材が日本のように手に入らないフィリピンにおいても栄養豊富な食事を提供してくれます。日本にいる時より健康になって帰れるかもしれません!

その他にも、ひな祭りにはちらしずしが提供されるなど、季節と日本文化を意識したメニューが提供され、フィリピンにいても季節感を忘れることなく過ごすことができました。

朝昼の食費は留学費用に含まれています。夜は留学費用には含まれていませんので各自で支払うこととなります。
夜もカフェテリアで定食メニューなどが提供されるので、注文することができますが、ちょっと高く200~300ペソします。なので、夜は近くのレストランで外食する生徒もいます。

9. インターネットの環境はどうでしたか?

あまり良くなかったです。つながったりつながらなかったりと不安定でしたし、部屋やフロアによってつながらないところもありました。

特に学生が団体で滞在している時など、つながりにくかったです。海外生活ではインターネットは非常に重要なので、改善していただければと思います。

10. その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

メリットはフレキシブルな点です。どんなことを勉強したいか先生に伝えればそれにあった教材を使って授業を組んでくれます。グループクラスを増やしたい、変更したいなどの要望も受け付けてくれますし、この先生のここを改善してほしいというとすぐに対応してもらえます。

デメリットは先生のスキル差です。経験の少ない先生は会話の引き出しが少ないですし、教えるアイデアがまだ十分ではないため教科書を淡々と進めるだけ・・・という時もあります。

11. ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

上記のメリット・デメリットをふまえ、どんなことを勉強したいか、どういう場面で英語を使えるようになりたいのか、自分でしっかり伝えることが大切です。

「本当はこういう勉強がしたいのに…」と思っているだけでは先生には伝わりません。先生たちは、生徒の要望を取り入れようと一生懸命動いてくれます。Howdyは伝えればすぐに対応してくれる非常にフレキシブルでいい学校です。

12. 何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

学校での勉強はとても大切ですが、英語は使わなければ身に付きません。カフェで注文することも、タクシーに乗ることも、買い物することも、友達を作ることもすべてが英語の勉強だと思います。

学校で習った英語を使うために、どんどん外へ遊びに行きましょう!セブはとってもいい街ですよ!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント