カナダ バンクーバー
http://find-travel.jp/article/20700

世界600校以上の学校を視察したプロが、フィリピン留学後に最適な欧米の留学先を紹介するシリーズ、今回はフィリピン留学後の留学やワーキングホリデー先としても人気のある「カナダの学校」を紹介します。

学校経営のカフェでバイトも可、英語とキャリアスキルを学びカナダで働く

1.Canadian College of English Language(CCEL)

場所:バンクーバー
http://canada-english.com/jp/

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【カナダ編】

YouTube

学校の概要

この学校は1991年に設立され世界の学生やエージェントから評価の高い学校です。バンクーバーのダウンタウンに位置しロケーションもとても良い所にあります。学校には屋上パティオやCCELが運営する本格的カフェ&レストランがあり、学生やスタッフの交流の場となっています。

おすすめポイント

この学校はCanadian Collegeというビジネス系の専門学校を併設しています。まずCCELでカナダの英語に慣れてから、併設の専門学校でビジネス、国際貿易、ホスピタリティーなどを最短12週間で学ぶコースがあり、レジメ、インタビューなど就職のためのスキル習得のサポートもしてくれます。

学内にある学校経営のカフェ・レストランでアルバイトをすることも可能。「カナダで働く!」というFacebookページを運営して外国人向けの求人情報も積極的に収集・発信しています。https://www.facebook.com/workinvancouver/

CCELは学校が開発したSmrtという独自のカリキュラムと教材を使った授業を行っています。完全ペーパレスで、学生はタブレットやノートPCをクラウドにつなげて学習を行うようになっています。教科書、宿題、テスト、補習のための動画、辞書、ニューストピックなど全てこのシステム上にあり、紙に打ち出すことなくその中で学習を行います。

私も実際の授業に参加しましたが、トラディショナルな学び方とは違う、映像やネットコンテンツを使った興味深い授業が行われていて、学生が楽しく積極的に学んでいる姿が印象的でした。

Smrtに関しての説明ビデオはこちら

ワインのメッカ、カナダNo.1夏リゾートで充実のワーホリ生活

2.International Gateway Kelowna (IGK)

場所:ケロウナ、ブリティッシュ・コロンビア州
▶ http://igcanada.com/

目指せトライリンガル!フランス語も学べるモントリオールでワーホリ体験

YouTube

学校の概要

この学校は2002年に設立されたケロウナで一番歴史のある学校です。一般英語コースだけでなくTOEIC、IELTSなどの試験対策コースや英語にホットヨガやファームステイなどを組み合わせたコースも提供しています。

学校のあるケロウナはカナダのバンクーバーから飛行機で約40分にある人口約13万人の都市です。ブリティッシュ・コロンビア州ではバンクーバーとビクトリアに次いで3番目に大きい都市になります。

カナダ観光協会から「ゴルフとワインのメッカ」「カナダでNo.1の夏のリゾート」というお墨付きをもらっている、カナダ人には人気の観光地です。また世界的にもカナダワインの名産地として有名です。留学生も多い大都市のバンクーバーと違い、物価も安く落ち着いた環境で、しっかりカナダ人の生活に溶け込みながら学んで働けるワーホリメーカーにはもってこいの都市だと思います。

おすすめポイント

この学校は1クラスの平均人数が7・8人になることが多いこと、そして日本人スタッフによるケアがしっかりしていることが特徴です。アットホームな雰囲気の中でしっかり勉強ができます。

ボランティアの手配も可能です。また、前述したようにケロウナの街がじっくりワーホリ体験をするのに適しているので、大都市ではなくまずカナダならではの大自然の中でワーホリをしたい人にはお勧めです。街の近郊には60を越えるワイナリーが点在し、ワインの名産地として、世界中のワイン愛好家達にも知られて、ワイン好きな人にはたまらない場所です。

目指せトライリンガル!フランス語も学べるモントリオールでワーホリ体験

3.ILSC Language School

場所:ILSC モントリオール、ケベック州
http://www.ilsc.com/montreal

canada-2016-1212-3_1

YouTube

学校の概要

1991年に設立された学校でカナダ国内3カ所(バンクーバー、モントリオール、トロント)、アメリカ、オーストラリア、そしてインドにも学校を持つチェーン校。

学校はモントリオールのダウンタウンに位置していて、世界中から学生が集まっていてとても国際色が豊かです。放課後のアクティビティも盛んで学生の面倒見がいい学校です。

フランスと英語のバイリンガルなケベック州にあるモントリオールはフランス文化の影響を色濃く残す街。街の表示も全てフランス語と英語。住民の多くは2か国語を話せます。

おすすめポイント

北米にいながらヨーロッパの文化を垣間見れる街でワーホリをする経験ができます。そしてILSCでは英語だけでなくフランス語を学ぶことも可能です。フィリピンで英語を学んだ後モントリオールでフランス語を学ぶのも良いでしょう。

英語やフランス語学習とボランティアを組み合わせたコースやビジネス英語コミュニケーションのスキルを学ぶコースもあり、仕事やボランティアで生かせる実践的なスキルを学べます。

以上、今回はカナダ留学でおすすめな3つの語学学校をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

国際教育事業コンサルタント
星野 達彦

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。