QQEnglish代表 藤岡光頼

英会話学校を経営していてよく聞かれる質問があります。

「どれだけ留学したらネイティブのようになりますか?」

と聞かれるのです。はっきり言いましょう。どれだけ長くフィリピン留学してもネイティブのようにはなりません。

それはフィリピンの英語力がネイティブに劣るからではなく、クリティカル・ピリオド(言語学習の臨界期10~12歳)を過ぎてからいくら第二外国語を現況しても母国語にはならないと言う事です。

このような出だしで始まっては身もふたもありませんが、しっかりと伝わりキッチリと理解できるようには必ずなります。

世界一成功した英語の学習者を目指す

ネイティブになれないのなら世界一成功した英語の学習者になればいいのです。

私がお話ししたいのはフィリピン人の事です。フィリピン人はネイティブではありません。まさに英語を学習して話せるようななった人々です。

フィリピンはビジネス英語指数BEIで断トツ3年連続ナンバーワンです。TOEICのスコアーもシンガポールとならんで一番だと言う統計もあります。

そうフィリピンこそが世界一成功した英語の学習者なのです。

英語は一生ネイティブのようには話せるようにはならない
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

BEIは、非ネイティブスピーカーの実際的なビジネス英語能力を国別に評価することから、グローバル企業が拠点を置く際に考慮するひとつの指標とされている。同様の指標として、TOEICの国別平均スコアがあるが、TOEICの受験者が日本や韓国などアジア地域に偏りがある反面、BEIは世界78の国と地域、137,000人を対象に調査をしているため、よりグローバルな比較が可能となっている。
なお、英語を公用語としている国でも、国内に英語の非ネイティブスピーカーがいるため、アメリカやイギリスなども調査対象に含まれている。
引用:ビジネス英語能力の国別ランキング「ビジネス英語指数(BEI)」(2013年)

*ちなみに日本は、アジアの中でも最下位。

英語には色々な英語がある

世界中に色々な英語があります。アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、インド英語などです。

世界中で一番通じやすい英語はどこだと思いますか?

私はフィリピンの知識階級が使う英語が一番だと思っています。ネイティブでは無いフィリピン英語は癖が無くいわゆる教科書通りの発音をするからです。変なスラングも決して使いません。シンプルで伝わりやすい話し方をしているのです。

「シンプルで伝わりやすい英語」

まさに私達日本人が目指す英語ではないでしょうか?

世界一伝わりやすい英語

フィリピン英語とはしっかりと伝わりキッチリと理解できる英語です。

もちろん教育を受けていないフィリピン人は別ですが英語が上手に話せるフィリピン人は世界中に出稼ぎに行きます。その人数は人口の1割に達しGDPの10%を仕送りで支えている国なのです。これだけ多くのフィリピン人が海外で活躍できるのはフィリピンの英語がとても伝わりやすいからなのです。

会話力が重要視される看護婦さんや家政婦さんはフィリピン人の独壇場です。世界中での高い評価はフィリピン人の英語力の証明でもあります。

フィリピン英語を見直す

残念な事にも日本にはフィリピンの英語をバカにしたり見下したりする方がいます。そういった方はフィリピンに来たことが無い方か、フィリピンの英語を聞いたことが無い方がほとんどです。

英語がとても上手な方、私のイギリス人の知り合いでケンブリッジ大学のMBAで教えている教授が仰っていました。

「ネイティブじゃないのにこんなに英語が上手な国があるとは知らなかった。これだけ聞き取りやすく解りやすい英語を話すなら、フィリピンで英語を学ぶのは良いと思う。教師のレベルはネイティブと変わらない。」

エピソード

先月、京都の立命館宇治中学校の生徒がフィリピン留学に来ました。一週間一日10時間以上のもう特訓をして帰ったのですがその時生徒から聞いた面白い話があります。

・フィリピンの先生はどうだった?
もちろん「優しかった」「笑顔でいてくれた」「楽しかった」と言った答えが多かったのですが重ねて聞いてみました。

・日本で英語を習うのと違いがある?
「学校にはネイティブの先生がたくさんいるけど、フィリピンの先生の方が英語を間違えても直ぐに分かってくれる」
「簡単な単語や英語を間違えても一生懸命教えてくれる」

フィピンの先生も子供の頃英語を外国語として習っているので、中学生の間違え方や分からないと言う気持ちがわかるのでしょう。中学生、すなわち初心者にとって親しみやすい教師だったのかもしれません。

私達日本人が目指すもの

大人になってから英語を勉強してもネイティブのようにはなりません。世界一成功した英語の学習者を目指そうではありませんか。

私はフィリピン人が世界で一番英語を教えるのが上手だと思っています。それはフィリピン人がネイティブではないからです。

フィリピン人は英語を学習して上手に話せるようになっているので、英語の学習の仕方を知っています。そしてなによりも英語の学習が大変だと言う事を知っているのです。

初めから英語が話せるネイティブは、英語を一から学習する生徒の気持ちが分からない方も多いと思います。そして英語の学習がどれだけ大変かを理解するのも大変だと思うのです。

日本はお世辞にも成功したとは言えない英語力です。世界で一番成功したフィリピン人に英語を習い、世界で一番成功した英語の学習者を目指そうではありませんか。

フィリピン訛りがうつる

ネイティブ信仰の方からよくフィリピン訛りがうつると言われます。確かにフィリピン英語はネイティブではありません。しかし教育を受けたフィリピン人の英語は単語を最後までちゃんと発音するわかりやすい英語です。

フィリピン訛りを気にする方に言いたい。

「フィリピン訛りがうつるぐらいフィリピン人をしっかり学んでいただけたら既に上手に英語が話せるようになっている」と。

私はフィリピン訛りの英語でも日本訛りの日本英語でも良いと思っています。しっかりと伝わってキチッと理解ができるようになりたいと思っています。

QQイングリッシュ
代表 藤岡頼光

QQEnglish公式サイトはこちら

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎私が初めてフィリピン留学をした時に感じた事①

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎フィリピンは英語が話せるから発展しなかった!?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。