https://retrip.jp/articles/2209/

1.経路は、東回りでアメリカ西海岸(1週間)→東海岸(1週間半)→イギリス(3日間)→フランス(5日間)→ドイツ(5日間)→マレーシア(3日)→シンガポール(3日)→日本帰国という順番で回りました。

国から国へと渡る感じで後半は滞在期間も短く移動していたので、少し大変に感じましたが、総じてとてもよい旅行、よい経験になりました。費用は全部でひとり100万円をちょっと超えたくらいです。

旅行前の英語力は中の下くらいです。夫の英語力もだいたい同じくらいの中の下くらいでしたが、少し仕事で使うことがあるらしく、私よりは英語を使うことに抵抗がない感じです。

2.旅行前の英語学習に関しては、アメリカに少し長めに滞在する予定だったため、アメリカ人の先生について半年ほど英語の勉強をしていました。

マンツーマンレッスンで、費用は約月8000円です。また若い時に、アルクの英語マラソンというCDで、通勤時につけっぱなし流しっぱなしのリスニングの教材を使っていたことがあります。

先生がよくしゃべる方だったので、リスニングはだいぶ上手くなった気がします。ただ自分が話す番になると、短いセンテンスで必要最低限だけ話すという感じになっていたので、もう少しその話す部分を勉強しておけばよかったなと今は思っています。

3.旅行中に英語が必要だと感じたエピソードですが、アメリカ滞在中に予約してあったはずのホテルが予約がされていないとホテルの方がおっしゃるので、ちょっとパニックになりました。

一番初めのホテルだったので、時差や長旅でとても疲れていて、やっとホテルで横になれると思っていたところだったので、どうしようという思いでいっぱいでした。

いろいろ交渉をしようと思ったのですが、あちらは今日は部屋がいっぱいだと言いはるばかりで、私と夫の英語力では交渉もできず、かといって今から別のホテルを探すのもというもどかしい思いでいっぱいでした。

結局はあちらの手違いで、よく調べたら予約はちゃんと入っていたらしく、ただシステムの不具合で行き違いがあっただけだったようです。
その他、ドイツでもお店の人に英語で話しかけられて、何を言っているのかよくわからずにしどろもどろしてしまいました。

もっと英語が上手だったらな、とその時痛感しました。観光だけしていれば問題ないのですが、長い滞在だといろいろ不具合に巻き込まれることなどもあり、そういう時はやはり英語が必要だと感じました。

4. もしもっと英語力があれば、少なくともいろいろな場面で英語のために緊張してしどろもどろすることや焦ったりすることも少なく、また現地のお土産屋さんで交渉したり、地元の人とお話ししたり楽しかっただろうなと思います。

外国の方は、こちらが明らかに旅行者でも気軽にあいさつをしてくれたり、話しかけてくれることも多く、こちらがあまり英語が上手ではないのでいい反応ではなかったかもなかったかもしれませんが、フレンドリーで感じのいい方が多かったです。

もっと英語で会話を楽しんだり、現地の穴場のようなことを聞くことができたら、旅行も一味違うものになったのではと思います。

またちょっとした単語は読めますが、長い文章などはそんなに読み慣れていないので、観光地の案内や歴史などが書いてある看板などもあまりじっくり読めずに残念に感じました。

やはり旅行者という感じでの現地での滞在だったので、短いながらももう少し現地に溶け込むようにするには英語力が必須だと感じました。

5.次に英語を学ぶ機会があったとしたら、もう少しこちらが話す勉強をしたいと思っています。

旅行前の6か月のアメリカ人講師とのマンツーマンレッスンで、リスニングはかなり向上したと思いますが、自分で思っていることを伝えるのに少し時間がかかるのと、自然な言い回しのような英語がわからずに、日本語をそのまま直訳したような英語になってしまうのが残念に思っているので、その点をもう少し重点的にできたらと考えています。

また一週間に一回で6か月で通っていましたが、週2回か3回などもう少し頻度を多くした方がいいのかなとも思っています。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。