https://retrip.jp/articles/2209/

1,基本事項

経路:東京→アメリカ→カナダ→メキシコ→オーストラリア→インドネシア→フランス→イギリス→スイス→ドイツ→韓国→中国→東京
主な国:アメリカ
使った目安の費用:300万円
旅行前の英語力:ごく簡単な日常会話

2,事前に英語学習はしていましたか?

していました。最初は文法重視の英語学習をメインに読み書きと、単語の暗記をしました。また、内容を知っていて観たことがある映画(洋画)を英語字幕で観ていました。

並行して、外国人の友達としょっちゅう遊んで、会話力を養っていました。外国人の友達は、Language Exchange(言語交換)コミュニティのイベントに参加して同性の友達を何人が見つけ、その中でも特に気のあった友達となるべく頻繁に会って出かけるようにしていました。

同性の人の方が連絡も取りやすく会いやすいですし、それぞれの友達を誘って大勢で会ったりできるので、はじめから同性の人を探していました。

3,旅行中に英語が必要だと感じたエピソードは?

ちょっとしたトラブルがあった時や、プラン変更をしたい場面など、何かに対応しなくてはいけない時に絶対英語が必要だと痛感しました。

例えばホテルでお湯が出ないことをフロントに伝えたい場合、直接フロントに行って伝える分にはジェスチャーやメモで何とか伝わりますが、電話でだと一回では伝わりません。この場合はフロントに行くという選択肢があるので大丈夫でしたが、そうではなく電話でしかやり取りができない場面では特に英語の必要性を感じました。

意外と、長い間の旅の中で、電話で英語を話すことは何度も遭遇するシチュエーションです。

4,もし英会話が流暢だったら、旅はどう違っていたと思いますか?

実際にそこの国に行って、プラン外のものに興味が湧くことが多々あったので、もし英語が流暢だったらプランを自由に変更・追加がもっとたくさん出来ていたと思います。

例えば、予約していたホテルの近くにもっと素敵なホテルがあって、そっちのホテルに泊まりたい場合、一度予約済のホテルをキャンセルして別のホテルに予約をする必要があります。

日本語だったらすぐ済むような手続きでも、英語の場合、英語力に自信がないと例え電話で手続きをしたとしても、「ちゃんと伝わったかな?」「今日の宿泊先大丈夫だよね?」と不安になってしまいます。オンラインで予約したものは控えや確認画面があるので安心できますが、電話のやり取りだと控えが残らないので心配です。

もし英語が流暢だったらそういったことを気にせず、その時に思いついたことや、やりたいことをもっと積極的に出来ていたと思います。

5,もし次に英語を学ぶ機会があれば、どのぐらいの期間で何をしますか?

英語学習に関しては色々な勉強法や意見がありますが、基本的に「英会話」ができれば良いと思うので、1年程英語圏の人と話す時間を増やして、生きた英語に触れあうという勉強法を選択します。

チャットで文字だけのやり取りでも良いですし、スカイプ等でのトークも良いと思います。英語を話す人の中でも色々なアクセント、色々な言い回しがあり、なるべく多くの英語を聞きとれる耳を養いたいので、色々な英語に触れて更に自分の発言もスムーズに出てくるようにトレーニングしたいです。

もし、ビジネス英語やフォーマルな言い回しの英語を習得することが目的の場合は、細かい文法や単語もきちんと学びたいので自分が続けられる教科書をいくつか決めて、それにそって半年程みっちり勉強できればかなり上達出来るかと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。