セブに旅行に来る方、または留学を検討されている方にとって一番の気がかりは治安ではないでしょうか。

日本並みの治安ではないのはわかっているものの、どの程度のものなのか・・・

・女性一人で歩いても平気なのか
・実際の街並みはどういった感じか
・夜はどの程度暗くなるのか。
・アジア特有のボッタクリは
・公共交通機関は安全か
・空港から自力でホテルまで行けるのか

などなど、ここではマクタン島内の治安に限定して徹底的に歩き、走り、調べ、まとめました。

マクタン旅行通算13回目!日数にすると365日はマクタン島にいた!

私自身は、今回で通算13回目のセブ旅行になります。私は在住者ではないのですが、毎回2週間程度の滞在を一ヶ月半ごとに繰り返しているため、マクタン島内はボチボチ?詳しいです。

いつもは友人のダイビングショップにて、潜らせてもらうかわりにお手伝いをしています。ショップのスタッフ、そしてローカルスタッフに色んなことを聞いたり、その仕事の合間合間に、色んなところに出掛けたりする機会が沢山あったり、ダイビングショップに来ていたお客さんとご飯を食べたり、またそのお客さんからセブの印象をよく聞いたりします。

そういった経験から、私が感じたマクタン島の治安状況、そして実際の旅行者が感じているマクタン島の治安状況、在住者が感じている治安状況と、あらゆる面からアプローチしてお伝えしたいと思います。

ちなみに、初めてのセブ島はパシフィックセブリゾートに宿泊しました。

フィリピンセブ島海外不動産投資コンドミニアム「Reef2」

ダイビング以外で個人で出歩こうとしましたが、外へ行けませんでした。ホテルの場所は奥まった場所にあるので徒歩での外出は不可能で、タクシー利用するも行きたいところもなかったので、ホテルに缶詰でした。二回目はアネモネリゾートというホテルに泊まりましたが、それでも外を出歩くのは怖かったです。17カ国と色々な国へ行ってましたが、ホテルから出られなかったのは初めてでした。
ですが、何回か行くにあたりどういった場所が行きやすいか、乗り物の乗り方など知っていくうちに出歩けるようになりました。

最初はフィリピンの独特の雰囲気に慣れるのには難しいと思います。ただこの記事を読んでもらっていくつかの注意点に気をつけて滞在してもらえば、セブは日本人も多く、気候も人々も暖かく、海も綺麗で治安も良くとてもいい場所だと感じてもらえるはずです。
 

マクタン島の4つの注意点

マクタンは一言で言えば「田舎」です。国際空港がマクタンにあるのですが、マクタンはリゾート内以外は田舎、橋を渡ったセブシティが都会です。

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)
http://www.japph.com/Cebu/sebushithiaemaku.html

実際、セブシティ中心部はビルやコンドミニアムが立ち並んでいますが、マクタン島は高級マンションや高級ホテル以外は高いビルは見当たりません。

狂犬病に注意!

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

マクタンはタクシーに乗って移動しているとわかりますが、動物が多くて驚く方が多いです。そこら中に、牛やヤギ、ニワトリや犬、猫が歩いています。そのほとんどが鎖などに繋がれていなく、自由に散歩していますが、牛とヤギは住民の所有物なので触ると怒られるので見るだけにしましょう。

写真でもわかるように、牛の散歩が突然現れます!

mactan-chian3

また、野良犬・猫はほとんど見た目が汚く、怪我をしていたり病気で色が変色していたりします。狂犬病の可能性があるので、野良犬・猫には絶対に触らない・近づかないでください。

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

近づいてきますが、こちらが興味を示さないと向こうもむやみやたらに近づいてはきません。

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

また、近づいてきても私たち観光客が怖そうなそぶりを見せたり、逃げていると、周りにいるフィリピン人やレストランの店員さんなどが追い払ってくれるので安心してください。

こちらの猫はとても懐いていて、膝に手をかけて「餌くれ!」とせがんできています。

ちなみに、パンダノン島やマラパスクア島の犬たちは、レストランの席まで来て餌を待っています。決してお皿の料理には手はつけません。人から与えてくれるのをずっと待っています。あげても構いませんが、噛まれないように気をつけてください。

また、少し気が立っている、吠えている犬には静かに立ち去ってください。基本的にフィリピンの犬は大人しい性格が多いので、やたら構わない限りはつきまとってきません。

しつこい勧誘に注意!

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

人々も働いている人半分、無職が半分といった感じでしょうか。昼間でも暇そうに道端で座っているフィリピン人が多く、観光客が歩いているとジロジロと見られます。

特にマクタンはリゾートエリアで、外国人はお金を持っていると思われているので必ず声をかけてきます。特に日本人ははっきりとノーと言わない・お金を持っているのでつきまとわれやすいです。

私も一人で歩いているときは、必ず「アイランドホッピング?」と勧誘されます。

話の内容としては、アイランドホッピングに行かないか?や、いいレストランがある、ジェットスキーなどのマリンスポーツの勧誘、バイシクル(バイクの横に人が乗れる箱がついてる乗り物)へ乗って観光スポットを回ったりする勧誘です。

いらないのであれば、はっきりと「No, thank you」と言いましょう。

そうでないと永遠とくっついてきますwそれでなくても暑いセブなのに暑苦しいフィリピーノが密着してきます。
(彼らはマリンスポーツ店、レストラン、バイシクルの運転手からのコミッション目当てです。それが収入源になりますので、皆さん必死です。)

ただ、やることがなく暇な場合はその誘いに乗っかってみるのもありです。以外に良心的な値段のときもあるのです。料金表などのメニューを持っている場合もあるので、見せてもらいしっかりと検討してみてください。

徒歩での外出はなるべく控える!

http://www.cebupia.com/map/1386
http://www.cebupia.com/map/1386

マクタン島は基本的にリゾートエリアです。

セブはリゾート!海が綺麗!と思ってセブに来る方がほとんどです。嘘ではありませんが、リゾートといってもハワイやグアムみたいに空港から街中からホテルから全てがリゾートで統一されているわけではありません。

シャングリラビーチリゾートマクタンの写真(部屋・ビーチ・レストラン・ウェディングチャペル)

セブは海沿いのホテルはリゾートエリアとなっていますが、、、

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

基本的にホテルの外はアジア特有の町並みです!。戦後の日本のような家が立ち並び、誇りまみれのテーブルが並んでいる食堂、柵が取り付けられたローカルの小売店が並んでいます(とはいえ、この写真は極端ですが)。

クリムゾンリゾートホテルプランテーションベイなどの高級リゾートホテルですら、一歩外を出るとTHEアジアです。これらのホテルはアジア屈指の5スターホテルリゾートとしてオススメのホテルですが、そういったリゾートホテルほど交通の便が悪い場所に建っている場合も少なくありません。

外に出ても永遠とローカルの家が立ち並びとても観光客が歩ける場所ではありません。また、歩いても歩いてもなにもありません。なので、リゾートホテルに宿泊の際は必ずホテルからタクシーに乗り目的地まで行ってください。

http://4travel.jp/travelogue/10955495
http://4travel.jp/travelogue/10955495

ホテルにはしっかりとしたゲートがあり、ガードマンが必ず立っています。敷地内に入るときは部屋番号など、立ち入る目的を聞かれます。宿泊の場合はルームナンバーを、レストラン利用ならそれを伝えましょう。

また、外出する際もタクシーなどで出るときもどこへ行くのか聞かれたりする場合もあります。歩いて出掛けようとすると、女性一人の場合は止められるときもあります。近くのスーパーへ行く、マッサージへ行く、など外出先を伝えましょう。

セキュリティがしっかりとしているので、ホテル内にそこらへんの地元民が立ち入ることはありません。観光客としっかりと教育されたスタッフがいるだけなので、ホテル内は安全です。これは同様に語学学校にも言えます。

なので間違いなく言えることは「ホテル内や学校内」と「ショッピングモール」の行き来であれば、狂犬病にも地元民の勧誘にも遭遇することはないということです。

シャングリラビーチリゾートマクタンの写真(部屋・ビーチ・レストラン・ウェディングチャペル)

ホテル内で過ごす分には、グアムやバリなどのリゾートと変わらず快適に過ごせるはずです。

タクシーのぼったくりに注意!

マクタン島でのタクシー事情について少し説明します。マクタン島はリゾートエリアで観光客が多いエリアですので、比較的ぼったくりやメーターを使わないタクシー、乗車拒否などが多い印象です。

http://www.excitecebu.com/2012/11/cebu-tp/
http://www.excitecebu.com/2012/11/cebu-tp/

昼間は比較的スムーズにメーターを使ってくれたり、行きたい場所に行ってくれますが、夜間は注意が必要です。

夜間はマクタン→セブシティに行く場合またその逆を利用すると、乗車拒否をするタクシーが多いです。理由は帰りの乗客が拾えないから行きたくないそうです。行けたとしてもメーターではなく最初から500Pでなら、と言ってきます。

夜間どうしてもタクシーに乗らなくてはいけない場合は、レストランなどお店からタクシーを呼んでもらいましょう。また、タクシーの運転手がなにか行ってきたら、マクタンーセブシティ間であれば500Pなら許容範囲内です。

次のタクシーを待っても必ずメーターで行ってくれるか確証がないので、500P以内であれば私もそのタクシーを利用します。

また、有名なレストランのマリバゴグリルからリゾートホテルに帰るタクシーの場合も、ぼったくりするタクシーが多いです。マリバゴグリルからプランテーションまで350Pと言っているタクシーもいました。通常であれば150P以内で行ける範囲です。

なので、タクシーを利用する際は現在のおかれている状況をよく考えて判断するようにしましょう。

大雨が降っている場合、夜間の場合、他にタクシーが全然いない場合は多少高くても交渉に乗ることが手です。ぼったくられても100〜300Pと日本円で1,000円以内なので神経質になりすぎて危ない目に合うよりいいです。

私は、マクタンーセブシティ間であれば500Pが範囲内です。マクタン島内の移動は300P以内であれば範囲内と考えています。なにも言わずメーターを利用するタクシーも多いですが、最初からいくらだ?と言ってくるタクシーも多いです。

昼でタクシーがつかまりやすい状況でしたら他のタクシーを利用しましょう。

タクシーの料金については▶︎【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)の記事に詳しく書かれています。

ただ、あまりにもこの値段に執着しすぎてフィリピン人を怒らせないようにしましょう。フィリピン人は怒られたりするのが一番嫌いな人種です。交渉する際も必ず笑顔で、冗談まじりで話すのがコツです。

マクタン島内の移動で1,000Pというタクシーも実際にはいます。そういう場合は利用しないのも手ですが、「なに?あなたの息子の誕生日なの?」と冗談まじりにはなし、「メーター+50Pでいいからいってよ!」というと言ってくれる場合があります。

英語ができる人は、そういった切り返しもオススメです。

マクタン空港からタクシーに乗る場合の流れ

マクタン空港からマクタンのリゾートエリアやセブシティへ行く場合、タクシーで問題ありません。昼間も夜間も安全です。

語学留学生の方で送迎を頼んでいる方は、看板を持った人が出口に立っているのでそちらを利用してください。

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

荷物を受け取って出口を出たら右手に進んでいくとタクシースタンドがあります。そこから必ず乗車すれば安全です。必ず係員がいて、タクシーのナンバーを控えた紙を渡してくれますので保管しましょう。

マクタン島の治安状況を徹底解析!(2016年度版)

なにかあった場合や忘れ物をした場合などに有効です。すぐにタクシードライバーが判明するので、タクシーも悪いことができません。また、空港からのタクシーは必ずメーターを使ってくれるので安心です。

マクタンのリゾートエリア内にはだいたい150P〜200P前後、セブシティには250〜300P前後で着きます。

マクタン島の治安のまとめ

マクタン島の治安は比較的、良好です。

観光客の方は、アクティビティやスパの移動は送迎サービスを利用したりしましょう。その他ホテルからレストランへお出かけの際はタクシーを利用しましょう。

いきなりジプニーなどに乗るのは難しいです。行き先の地名がわからないと乗れません。バイクなどのバタバタは乗っても大丈夫です。ほぼ交渉制なのでタクシーが見つからない場合は利用しても大丈夫です。だいたい相当近場でない限り、100P〜200Pが相場です。

留学生の方は、なるべくタクシーを利用しましょう。ジプニーを利用する際は目に付く高価なアクセサリーやカバンなどは持たないようにしましょう。狭いので荷物も最小限にしましょう。

現地の人の変なギャンブルなどの誘いには乗ってはいけません。トランプカード系、ビリヤード、バレーボードなどお金をかけた賭け事はしてはいけません。絶対に勝てません。

以上のことを気をつければ、マクタン島は海があり、暖かく楽しいリゾート地区です。

2016-04_1132-1

綺麗な海にアイランドホッピングに出掛けたり、美味しい料理を食べたり、海を眺めながら昼寝したり、陽気なフィリピン人と交流したりととても楽しいところです。

ニュースでよくある殺人事件は、ほとんど日本人男性とフィリピン女性の恋愛がらみの事件です。フィリピン人はとても嫉妬深く、喧嘩して勝ったりしても必ず復讐してきます。それさえなければ安全です。夜の遊びは節度を守りほどほどにしましょう。

フィリピンセブはハワイやグアムのリゾートとは違います!ですが、良きアジアの雰囲気が出たとても暖かく優しい国です。是非一度、お越しください。

美穂

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。