https://retrip.jp/articles/2209/

1,基本事項

経路:日本出発、タイ(バンコク)、ネパール経由でインド(パラナシ)、ヨルダン、トルコ、ブルガリア、ギリシャ、フランス、ドイツ(フランクフルト)、イタリア(ミラノ)、ルクセンブルク、オランダ、ベルギー、イギリス、スペイン、アメリカ(ニューヨーク&サンフランシスコ&カリフォルニア)、日本帰国

主な国:最も滞在期間の長かったのはアメリカ、次いでイタリア

使った目安の費用:航空券代、生活費、旅道具代、保険代、予防接種代などトータルで「約82万円」

旅行前の英語力:日常会話には困らない程度、TOEIC800点、ビジネス英語も問題なく話せる

2,事前に英語学習はしていましたか?

世界一周旅行の為に英語を勉強していたというよりも、海外で仕事をしていた経験があるので必要最低限の英語力は身についていたという人間です。

もちろん世界旅行と入っても全てが英語圏ではないので、例えばイタリア語とかフランス語などは最低限のレベルは勉強しました。英語の勉強に関しては一定以上の自身はあったので一切勉強しませんでしたよ。
こういうときに過去に英語を勉強していて良かったなと強く感じます。

3,旅行中に英語が必要だと感じたエピソードは?

世界旅行中は常に外国語を話していたので、英語が必要だと感じたのは全ての時間そうでした。

日本語を話すのは出発前後と帰国のタイミングくらいで、母国語を半年間話さないと思わず忘れてしまうんじゃないかと思ってしまうレベルでした。その反面常に英語やそのほかの外国語を用いていたので、スキルアップという意味ではこれ以上ない経験が出来たと思っています。

結論としては海外旅行並びに留学の際には、英語は「必要不可欠」なスキルです。やはり人とのコミュニケーションは生活をしていく上で欠かせませんでした。

4,もし英会話が流暢だったら、旅はどう違っていたと思いますか?

英会話が堪能であれば世界旅行は本当に楽しい思い出になるでしょう。英語が話せないのと話せる人とでは圧倒的に利便性が違いますし、言葉が不便というだけで旅行の面白みが半減してしまうのは間違いありません。

自分の場合はそれなりに英語が話せる状態で旅行に行ったので何とか楽しめましたが、英語力に自身の無い人は結構な苦労をしてしまう可能性が高いと思います。

もしこれから世界1周旅行を計画している人がいれば、是非英会話に困らない程度のスキルは身につけてから旅立って欲しいですね。

心から世界一周旅行を楽しむのであれば必用不可欠なスキルだと思いますし、旅行中の利便性も雲泥の差があります。人生で1度あるかないかの経験だからこそ、思い切り楽しんで欲しいというのが本音です。

5,もし次に英語を学ぶ機会があれば、どのぐらいの期間で何をしますか?

それなりに英語が話せるとはいっても、決して完璧ではないので今後も英語の勉強を継続していきたいと思っています。

もしまた英語を勉強するのであれば、出来るだけネイティブな英語を身につけるために英語圏の国に留学し、半年以上は徹底的に勉強するつもりでいます。

どんなことでもいえるのですが、ササッと勉強した物はあっという間に忘れてしまいますし、どうせ勉強するのであれば頭や身体に染み付くくらい勉強しようと計画だてています。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。