https://retrip.jp/articles/2209/

1,基本事項

経路:スタートは東京、韓国、中国、インド、ヨルダン、ルーマニア、ハンガリー、スペイン、フランス、ドイツ、ペルー、イースター島、チリ、エクアドル、ブラジル、アルゼンチン、アメリカ(ワシントン&ニューヨーク)、ダラス経由で日本帰国
主な国:アメリカと南米に1ヶ月以上滞在していました。国柄が自分にあっていたと言うか居心地が良かったので。その分他の国の滞在期間が短くなりました(笑)
使った目安の費用:約140万円
旅行前の英語力:日常会話が少し出来るくらい

2,事前に英語学習はしていましたか?

世界旅行に行く前、英語の勉強は一切しませんでした。もともと大学生のときに英語をひたすら勉強した経験があったので、日常会話はある程度できるくらいのスキルはありました。

今回行った国はほとんど英語が通じる国ばかりだったので、それほど苦労することは無かったですね。基本的に物価の安い国を狙って旅行したので、旅費も困ることはありませんでした。特にルートを決めるようなことも無く、ただ行きたい国に行って見たい物を見て、食べる物を食べるというスタンスです。

target-2016-no23_02

私は大学時代にイギリスから留学してきた女友達がいたので、その娘と仲良くなるにつれて自然と英語力が上がっていったのかもしれません。英語の自主勉強と、友人とのコミュニケーションのおかげで世界旅行を楽しめたのだと思っています。いまでもその友人と英語で連絡し会っているので読み書きにも自信があります。語学はなんでもそうですが、頻繁に頭に入れることで効率よくインプットできるんだ、と自己流の考えも出来上がりました。

3,旅行中に英語が必要だと感じたエピソードは?

旅行中はとにかく英語、英語、英語です。スペインにいたときも英語で話し続けましたし、現地の人もこちらが英語以外話せないと分かれば英語で対応してくれました。ドイツやハンガリーも同じでしたよ。

とにかく英語が出来れば何とかなりますし、逆に英語が出来なければお話にならないと言うのが正直なところだと思います。いままで一生懸命英語を勉強してきて良かったと心から思える3ヶ月間でした。

ただブラジルなどの南米では苦労した思い出があります。旅行していた当時は、南米はお祭りシーズンだったので、屋台が数多く立ち並んでいました。たとえば食べ物を買いたいとき、ホテルの予約を取りたい時などは英語が思うように通じずショックでしたね。それでも翻訳機とガイドブック片手に苦戦しながらも乗り越えられました。北アメリカ大陸やヨーロッパでは困ったことは経験しなかったです。

4,もし英会話が流暢だったら、旅はどう違っていたと思いますか?

世界旅行に行くのならある程度英語が話せた方が絶対にいいです。英語は基本的にどこの国でも通用しますし、正直な話英単語をポツポツ話すことと身振り手振りで通じます。同じ人間なのですから、思っていることや考えることは大体同じです。考えすぎずに、リラックスして旅を楽しめば何とかなりました(笑)。

もちろんズボラな自分みたいなタイプではなく、きちんと計画して旅に出る人が多いと思います。英語が話せれば、世界旅行はきっと楽しいものになりますよ。

5,もし次に英語を学ぶ機会があれば、どのぐらいの期間で何をしますか?

簡単な英会話には自信があるのですが、英語のテスト(いわゆるTOEICなど)を受験した経験が無くて、今後勉強するとしたらこれらの英語テストを受けてみたいですね。

target-2016-no23_03

今のままでもそれなりに話せますが、本格的に勉強したら英語圏で就職することも夢ではありませんし、自分の今までに無い道が広がりそうな気がしてワクワクします。もし再度英語を勉強する機会があったら、レベルアップの為に一生懸命頑張ろうと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。