ミネソタ大学のオススメイベントや活動内容
https://twin-cities.umn.edu/

今回はミネソタ大学だから学校内でできる楽しい(?)イベントや活動をご紹介します。
(前回の記事はこちら:ミネソタ大学へ転学 覚悟しておきたい総合大学で必要とされる勉強量

ミネソタ大学はマンモス校なので様々な興味を持った人がいます。ですから学校内の学生活動も盛んです。また、校内には美術館や鷹など鳥を飼育している鳥館があります。そこに見学に行くのももちろんあり!また、ボランティアとして働くことも可能です!楽しい活動から自分のプラスになるチャンスまで数多く用意されています。

それでは、筆者が実際に体験した学校でこんなことができるんだ!ということをご紹介します。

有名人たちの講演を聞いてみる

オバマ大統領
https://www.barackobama.com/president-obama/

これはいつもできることではないのですが、ミネソタ大学はマンモス校であるが故に、たまに著名人が来てくれます。筆者が在籍した3年間では、オバマ大統領ダライラマ、有名な学者が来てくれました。

アメリカでは18歳から投票ができますので、大学は有権者の宝庫です。だから、オバマ大統領がマンモス校に来れば無駄な労力なく人を集めることができ、スピーチができるのです。筆者は残念ながら行けませんでしたが、友人がスピーチを聞きに行って興奮していました。

オバマ大統領のスピーチを聞けるというせっかくのチャンスを逃してしまいましたが、筆者はダライラマの講演には行くことができました。ミネソタ州のミネアポリスは難民や少数民族等の受け入れが多く、チベット関係の人も多くいます(ちなみに最も多い難民はソマリア人です)

そのこともあってか、ダライラマがミネソタ大学に来て講演をしてくださいました。また、他にも各界の有名人も講演に来てくれることがあります。筆者は政治学専攻だったのですが、政治学会での著名な学者が来てくれたことがありました。残念ながら行くことができなかったので、それが誰だったかも覚えていないのですが…

政治学だけでなく、各学会の著名な方も来てくれるはずです。世界を動かす人たちの講演を聞くことができるチャンスはあまりないので、これも大きな大学で学ぶことの特典だと思います。

クラブ活動・サークルが盛ん

ミネソタ大学のオススメイベントや活動内容
https://twin-cities.umn.edu/

ミネソタ大学には数多くのクラブ活動というのかサークルというのか…とにかくそういうグループ活動が盛んです。校内に流れるミシシッピ川の橋にそれぞれの何百というグループが資金を払って参加を促す広告を掲載しています。

ミネソタ大学ツインシティー校への転学

日本関係のグループも7つ位あったと思います。日本人会も当然あります。また、アニメ・漫画研究会といったポップなものから囲碁部みたいな渋いものまでありました(この2つのグループの参加者はほとんどアメリカ人学生だと思います。)。

もちろん日本関係以外も数多くのグループ活動があり、バレーボールグループ、バスケットボールグループなどの王道のものから、フリスビーグループ、フェンシンググループやフラメンコグループなど本当に数多くのグループ活動があります。皆さんも何か興味があることがあれば、是非それを調べてみるといいかもしれません。その部活やサークルがあるかもしれませんよ!

ミネソタ大学のオススメイベントや活動内容
https://twin-cities.umn.edu/

ちなみに、筆者は1年間だけ空手部に参加してみました。本当は長期間参加したかったのですが、授業との時間があまり合わず1か月間だけ通いました。教えてくださる先生は本格的に空手を指導しており、日本で修行を受けたそうです。

またミネアポリスにご自身の道場を持っていました。単なる遊びではなく、本格的に空手を教わることができます。(本気のものではなく、皆で楽しくワイワイのサークルももちろんあると思います!)

そのほかに筆者はもう一つ日本人会に所属していました。毎月日本文化に精通している人物をお招きして、その方たちにレクチャーしてもらうという活動をしていました。イベントのトピックは何にするか、ポスターはどんなデザインにするかなど、メンバーで1週間に1度集まって決めていました。

イベントを開催する際は学校から活動費が支給されます。その中でイベントに来てくれた人たちに、お寿司やお茶をふるまったりしていました。

学校内の施設やイベントをめぐる

ミネソタ大学のオススメイベントや活動内容
https://twin-cities.umn.edu/

学校内にはいろいろな施設があります。特に有名なのは学生会館のすぐ横にあるWeisman Art Museumです。外観から目を惹かれてしまう建物です。
入場料は無料です。筆者はアートの知識が全くないのですが、マースデンハートレイやアルフレッドマーラーなどの現代アメリカ絵画が展示されています。

Raptor Centerという鳥館もあります。筆者は実際に行ったことはなく聞いたことがある程度なのですが…筆者が地理学のクラスを取ったときに、ある時の授業でそこの飼育員(?)の方が鷹を連れてきてくれて、講義をしてくださいました。

その際にセントポールキャンパス(ミネアポリスキャンパスからは少し遠いです。)のRaptor Centerで傷ついた鳥たちの世話をしており、そこで来館者の案内をするボランティアをすることができるとおっしゃっていました。興味があればRaptor Centerに行くこともできますし、ボランティア活動もできますよ。

また、運動がしたいときはジムにも行けます。ジムは6階ほどありそれが2棟あります。1人で筋トレをすることもできれば、プールやバドミントン、バレーボールコートなども備わっています。ミネソタ大学の学生であれば無料でジムを使用可能です。

ミネソタ大学のオススメイベントや活動内容minnesota
http://www.mbjeng.com/home/projects/education/coffman-memorial-student-union/

Student Unionの地下もオススメです。Student Unionは学生会館で、学生が困ったときに行くことができるオフィスからStarbucksや学校のグッズや小規模ですがパソコンや機械を扱うストアなど多くのお店が集まっています。

イタリア料理、中華料理、メキシコ料理などを提供しているフードコートもあります。1階には両サイドに暖炉があり、ソファーが多数用意してあるため宿題をしたり友達と話したりする分にも申し分ないです。ピアノもおいてあり自由に弾くことができます。たまにめちゃくちゃ下手な人が弾いています(笑)。

少し暇になったときなどはStudent Unionで時間を過ごすこともありです。

筆者は大学巡りが趣味なのですが、ミネソタ大学に限らず大規模な大学であったり州内でトップの大学では色々なスケールが違うなと感じさせられます。設備や提供されている様々な経験の機会など。そこに通うだけでその貴重な経験を得られるのです。ですからそれを使わない手はないですよね!このような機会に触れる度に世界は広がりますよ!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

アメリカ留学→英語・中国語の翻訳家
アメリカのミネソタ大学を政治専攻及び中国語・中国文学を副専攻で卒業いたしました。社会体制がどのように社会に影響を及ぼすかについて学んでいました。

アメリカで5年生活していたため、英語の翻訳(日英・英日)を専門としています。また、大学卒業後に医療翻訳の仕事(海外主にアメリカからの有害事象を日本語に翻訳し、厚生労働省へ提出)に携わっておりました。翻訳の校正も可能です。TOEICは900点以上。

俺のセブ島留学さんでは、主にアメリカで使われる英語表現を、自身の留学エピソードも交えてご紹介します。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。