初めて行った海外旅行がセブ島でした。
奮発して「プランテーション・ベイ」というリゾートホテルに宿泊。ホテルの中に海水を引いた広大なプールがあり、自然を感じながらゆったり過ごすことができます。

【乗り物天国!バス編】

街の中心部からは外れていたので、大きなショッピングセンターまではタクシーで外出。その後は路線バスに乗り、レストランの場所を運転手に確認したところ…「これから一日貸し切りにしようか?値段はこのくらいで(確か3000円くらい)」との申し出。

http://cebu.jugem.jp/?eid=248
http://cebu.jugem.jp/?eid=248

交渉して少しまけてもらって、観光ガイド付き個人ツアーへ出発!
地元の人が行くマーケットや、戦争で使われた砦、いかにもな観光土産屋など…個人では回れなさそうな場所を効率よく訪問することができました。

最後のレストランでは、すっかり仲良くなった運転手さんと我々で食事☆奥さん(美人!)の写真を見せながら、「ミス・ラプラプなんだ♪」と誇らしそうに教えてくれました。とてもナイスガイな運転手さんで、旅で一番の思い出となりました!

【乗り物天国!トライシクル編】

1013727_510124982437537_569255233_n-1

セブに来たら乗らなきゃ♪と思っていたトライシクル。
これも結構貸し切りの申し出は多いようで、ショッピングセンターで乗ったトライシクルで勧誘(笑)を受け、値段交渉の末、夜に迎えに来てもらえることに。

ナイトマーケット、屋台風のお店など、ローカルの濃厚な空気を感じながらの観光となりました。トライシクルの運転手は中年の男性で、職人気質というか無口な感じ。

地元の子供たちが小銭をねだりに来ると、怖い顔して追い払ってくれたりと(笑)、頼りになる感じでした。夜の地元の町は結構、物騒な雰囲気もありましたので、女性だけでは行かない方がよい気もします。

【食べ物編】

ショッピングセンターのフードコートでハマったのが「ハロハロ」。フィリピン式かき氷風アイスで、好きなトッピングで注文できます。
タロイモなど、現地でしか食べられない味をてんこ盛りにして楽しみました♪滞在中はとても気に入って通いつめてしまいました!

レストランで食べた食事もとても美味しかったです。セブで多いのが、市場のように並んでいる魚を選び、調理法もオーダーする方式。時価だし魚も見たことないものばかりだし、最初は不安でしたが、指さしと身ぶり手振りで注文すると何とかなります!

新鮮でとても美味しく、お腹一杯食べることができます。一匹ごとに買い取りなので、大勢で行かれる場合などは特にオススメです!

【ビーチ編】

オプショナルツアーで、近くの小島へ出発!本当に小さな島でしたが、バーベキュー方式のレストランがあったりと、観光的に開発されていました。本当に本当に青く澄んだ海で、浅瀬が続いていたので歩いて貝を拾ったりと、ゆったりと過ごすことができました。

オススメはシーウォーカーという、空気を送り込まれるヘルメットを装着しての海中散歩。きれいな海の中の様子を、特別な準備なしで楽しむことができますよ!ただひとつ、紫外線は本当に強いので注意が必要。

最強の日焼け止めをこまめに塗り直していても、結構赤くなります。特に耳や首の後ろ、肩などは塗り忘れないよう気を付けないといけません☆

【番外編】

大手旅行代理店の飛行機・ホテルプランで行ったのですが、現地のお世話係りが結構クセモノでした(笑)

自分の馴染みの両替店へ連れていこうとしたり(頼んでない)、やたら写真を撮ってるなと思ったら最終日に強引に販売しようとしたり。でもきっと、現地のたくましい感覚で言ったら普通なんだと思います。不要ならきっぱりノー!必要でも交渉必須!
優柔不断な私が学んだことです(笑)

【最後に】

本当にセブ島は美しい場所です。
近くて安いので、カップルにもファミリーにもオススメです。観光の美しい面だけでなく、ローカルのDEEPな世界も垣間見え、刺激が好きな人も満足できるでしょう。英語が通じるので、カタコトでもいいので話してみると、以外と通用しますよ♪
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。