http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/74012/CUSTOM/G7401280901183816.html

少し前の話になりますが、私がまだ独身の頃、会社の仲の良い同僚たちと旅行に行く話になりました。そこで選んだのがフィリピンのセブ島でした。なぜ、セブ島になったかと言うと、同僚にフィリピン人のハーフの子がいたからです。

英語が苦手な私は本当に大丈夫だろうかと不安でしたが、『赤信号、みんなで渡れば怖くない』と同じで同僚たちがいたのでなんとかなるだろうって感じでした。

大阪の関西国際空港から、フィリピンのマクタン・セブ国際空港まで飛行機で約5時間弱。マクタン・セブ国際空港は、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港の次に大きな空港だそうです。

マクタン・セブ空港から、私たちはタクシーで移動することになりました。空港にはタクシーが止まっており、こちらを使って目的地まで移動することができます。白いタクシーが初乗り30ペソ、私たちはこのタクシーで移動しました。

同僚の一人は、フィリピン人の父を持つ、ハーフの子でしたので、片言ながらフィリピンの言葉は話せます。私たちはその子を頼りに異国の地を旅しました。初めての海外旅行だっただけに、もう20歳だというのに子供のように胸が踊っていました。

高級ホテル シャングリラホテルに宿泊

タクシーで15分くらい移動したところにセブを代表するリゾートホテル、シャングリラがあります。ホテルの前には、プライベートビーチがあり、セブは気候がよく季節に明確な区分がないそうで1年中快適に過ごせるので、シュノーケルやダイビングもできるんです。

私たちは、フロントで宿泊の手続きを済ませてから、部屋に荷物を置きにゆきました。ホテルのベランダから見える景色、非日常的な光景、今まで感じたことのない解放感です。

それから私たちは、レストランに向かいました。みんな長旅でお腹がすいていましたから、ホテル内のレストラン、アクアに入りました。こちらはイタリアンのお店です。シンプルモダンに洗練された雰囲気のなかで食事を堪能しました。

その後、向かったのは、もちろんお待ちかねのプライベートビーチです。日本人、韓国人?らしき観光客も何人かちらほら見受けられました。日本の海と全然違うのは当然のことですが、なんとも素晴らしい景色です。

こんな美しい場所が世界にはまだまだ存在しているんですからね。たくさんはしゃいで、クタクタになりホテルの部屋にもどりました。

シャングリラ内にあるCHIスパでの極上体験

http://www.dotosaka.com/chi%20spa.html
http://www.dotosaka.com/chi%20spa.html

その後、楽しみにしていたCHIスパにいきました。シャングリラ・マクタン・リゾートのスパはハーバルスチームルームやボディマッサージなどもあり、至福のひと時を過ごせます。

夜は、コウリーコーブのレストランで夜食をいただきました。こちらは市場直産の新鮮なシーフード料理を食べることができます。私たちは、まるでセレブになったような気分を味わうことができました。

ここで紹介した体験はまだほんの一部ですが、帰国した後もしばらく気分はリゾートでした。結婚して子供が生まれた今ではもう夢のような話ですが、いつかまた行ける機会があれば行ってみたいですね。

旅行に行くと決まったとき、すぐにネットで調べたら、フィリピンのセブは、治安が悪いという話も出てきて、はじめての海外旅行だけに不安もいっぱいでしたが、そんなことはありませんでした。たまたまかもしれませんが、現地の人も新設で空港からタクシー乗り場までわざわざ案内してくれたんです。

普段から、あまり贅沢もせず、インドア派な私はマッサージなんて、贅沢中の贅沢でした。力加減も絶妙で身体に溜まった老廃物やセルライトが流れ出てゆく感じです。シャングリラに宿泊する機会があれば、ぜひ試してみてください。

これからはじめていく人は不安もあるかとは思いますが、あまり深く考えず、留学や旅行を楽しみましょう!!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。