大学生の時に友人とセブ島へ旅行に行きました。リゾート気分を近場で味わいたい!と言うことでセブ島に決めました。空港に到着し、宿泊先のホテルまでは送迎のバスで向かいました。

バスはどんどん田舎に向かっていきます。様々な露店が軒を連ね、現地の人たちがたくさん歩いていました。その中にはつながれていない犬もたくさんいました。

http://stworld.jp/special/PH/ceb_pulchra/
http://stworld.jp/special/PH/ceb_pulchra/

到着したのが夜だったからか、町の雰囲気は少し怖く感じ、ホテルを出るときは必ずツアーで出ようと決めました。宿泊したのは日本人が経営するホテルで、日本人スタッフが常にフロントにいたので安心できました。

到着翌日はホテルのプライベートビーチからボートで出発しシュノーケリング、そのまま小さな島まで行き、そこでバーベキューというプランでした。他の日本人観光客とともにボートに乗り、シュノーケリングをたのしみます。

マクタン島から1番近くてキレイな島!ソルパ島の魅力

海に入ってすぐにたくさんの魚たちに囲まれます。とても近くに色鮮やかな魚たちを見ることができました。その後ボートに戻って、小さな島に到着し、少し散策しました。

セブ島の海は、今までに見たことがないほど真っ青でうつくしかったです。海ってこんな色をしてるんだ!と感じました。シュノーケリングをしなくても、ボートからたくさんの色鮮やかな魚が水面に見えました。

そのあとバーベキューのテーブルに案内されます。小さなコテージのような席で、リゾート気分満載です。次々と飲み物や料理が運ばれてきました。ココナッツや色鮮やかなフルーツのドリンク、新鮮な魚介類、野菜やお肉などを食べて過ごしました。

http://phase-journey.com/asia/mactan
http://phase-journey.com/asia/mactan

魚介類はエビやイカで、そのほかの食材も初めて見るようなものはなく、おいしくいただきました。食事が終わり、またきれいなビーチを散策します。遠浅なビーチは、服を着たままどこまでも行けました。

散策していると、現地のツアーのガイドさんが休憩していたので少しお話ししたり記念写真を一緒に撮ってもらいました。セブ島の人たちは、少し前に流行った日本人のお笑いネタをよく知っていました。少し懐かしいネタをたくさん言ってくれました。

その奥で、現地の人たちが火を起こし、バーベキューを楽しんでいました。その網の上で焼かれていたものは…私たちがついさっきシュノーケリングで目にしたきれいな魚たちでした。色鮮やかな魚たちが網の上で焼かれていました。

熱帯魚が焼かれているのを初めて見たので、とてもとてもおどろきました。どんな味がするのでしょうか。味の話をする前に、そんなに色鮮やかできれいな魚は食卓にあがったことがないので、食べることに抵抗があります。

友人と、「バーベキューであんな魚が出てこなくてよかったね」と話をしました。

私には忘れる事が出来ない、思入れのあるセブ島旅行

次の日はサント ニーニョ教会やマゼランクロス、サン ペドロ要塞などを観光し、ホテルに戻ってからタクシーでショッピングモールに行きました。ホテルの からわりとすぐにショッピングモールに到着しました。

ショッピングモールはとても広く、とてもきれいで、日本でも目にしたことのあるお店もいくつか入っていました。きれいで、おしゃれなカフェも入っていて、そこでもゆったりとした時間を過ごしました。

フードコートでフィリピン料理も楽しめました。セブ島にもこんなに都会を感じるところがあるんだ♪と思いましたが、ショッピングモールを出るとそこにはトカゲがたくさん歩いていました

セブ島には透き通るような真っ青な海もあり、歴史ある建造物もあり、そのすぐ近くには近代的なショッピングモールもあります。食事も口に合わないものはなく(少なくともお店で出てくる食事には)、ゆったりリゾートもでき、観光もでき、マリンスポーツもできたので大満足な旅行になりました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。