昨年、英語の語学留学としてフィリピンのセブ島へ約3ヶ月ほど行きました。テレビやネットではフィリピンの治安などいろいろ問題視されていますが、ここでは良かった点と怖かった点の2つをお話したいと思います。

フィリピン留学をして、良かった点

まず、良かった点は物価が安いこと!スーパーなどに行ったときに値段の安さにびっくりしました。だいたい日本の3分の1です。飲み物やお菓子も見慣れたものが多く、安さに負け大量に購入してしまいました。

また、タバコはだいたい150円から200円。これも日本に比べて3分の1程度かと思います。1番購入したものはパイナップルなどのフルーツでした。フィリピンの名物になるのかマンゴーやパイナップル、バナナは非常においしかった思い出があります。

1013727_510124982437537_569255233_n-1

また、移動手段としてトライシクルという、バイクに荷台がついた乗り物を使うことがよくあります。これは日本にはないため、非常に面白い経験でした。

値段も100円くらいで乗れるのでリーズナブルですが、たまに騙してきます。現地人も留学生やアジア人とわかると多少そうゆうことがあるのでしょうか。

だいたいホテルからショッピングセンターや近場までの相場を宿泊先の受付などに確認しておき、トライシクルを乗るときにいくらといわれたと伝えたほうが無難だと思います。

料金メーターがあるわけでなないため、だまそうと思えばいくらでもだまされます。よって、トライシクルに乗る際は「○○までお願いします。いくら?」「受付でいくらっていわれたよ!」っていえば、もし高い金額を言われても向こうは渋々OKします。すこし強い気持ちをもつことが必要かもしれません。

それも海外生活ならではの楽しみなのかもしれません。他には、サーフィンやマッサージなどいろいろなアクティビティがたくさんあります。
どれも日本に比べれば安く遊べるものばかりなので、勉強の合間の気分転換には最適だと思います。

以上が良かった、楽しかった点です。

逆に、悪かった点は?

今後、行かれる方が安全に楽しんでいただくために、次に私が経験した少し怖い体験もお話します。

1点目は食中毒。気候の影響か水の影響か、留学して数日したら食中毒にあたり体調を壊してしまいました。提供者側も食中毒には注意をしていると思われますが、生野菜は食べないなど少し気をつけたほうが良いかと思います。

2点目は街中での危険。
買い物がてら街中にでてみると何人かストリートチルドレンらしい子供たちがいます。アジア系の旅行客や留学生に目をつけているようで、歩いていると近寄ってきて手をさし出してきたり、ずっとついてきたり、とにかく獲物を追うようについてきます。

私の友人はいくらか実際にお金を盗まれてしまいました。かばんを肩からかけ、胸の前でもっていたにもかかわらずかばんのファスナーをあけ、財布を盗っていきました。

非常に手馴れた印象もありますので、街を歩くときは目線を少し下げて子供への注意が必要になると思います。また私が注意したことは、かばん・財布もたないこと。

これはかなり使える!!初心者~中級者向き英語学習用アプリ5選
http://www.exacttarget.com/blog/au/10-podcasts-digital-marketers-should-be-listening-to-3/

かばんは相手から見て貴重品がどこにあるか教えているようなものなので、標的に会いやすい可能性があります。また、財布も厚さによってポケットからわかるようだと非常に危険だと思います。

よって、買い物に行くときは最低限のお金だけもち、いくつかのポケットに分けてもって行きました。また、別の危険な体験として昏睡強盗があります。これも友人があいましてが、街中を歩いていたときに現地人と仲良くなり話し込んでいました。

その後、仲良くなった証にお菓子をもらったようです。その場でそれを食べ現地の人と別れた後に体に異変が生じたようです。その後、気づいたときはホテルのベッドの上だったそうですが、現金などはすべて盗まれていたようです。

よって、街中を歩くときは持ち物(時計などはもたない)や現金の持ち方、あとは一人ではであるかないようにしたほうが身の安全を守る意味で大事かと思います。また、トライシクルが多いこともあり排気ガスはかなり強かった印象があります。マスクなど常時持っていると良いかとも思いました。

印象としまして、フィリピンは治安について知り安全面をしっかり整えればたくさん楽しむことができる場所だと思います。

【留学ガイドライン】フィリピン・セブ島の水と食事~安全基準をグラフでご紹介~
【留学ガイドライン】フィリピン・セブ島の治安状況と安全性の基準

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。