フィリピンセブ島留学前の準備リスト

フィリピンセブ島留学の持ち物リスト

ここではフィリピンセブ島留学時に必要な持ち物をご紹介します。現地で買えるものもあれば、現地で買えない物もありますので、コメント部分を是非参考にしてください。

フィリピン留学で役に立つ持ち物(必須)
パスポートとパスポートコピー有効期限が6ヶ月以上。パスポートは一度学校側に預けて留学手続きを行うため、事前にコピーも用意しておくと、フィットネスジムの入会時などに使えるのでベター。
航空券チケットはプリントアウトしておく事。セブパシフィック利用の方はウェブチェックインを事前に済ませておくと便利。
参照1:フィリピンセブ島留学で失敗しない航空券・海外旅行保険の選び方(航空券編)
参照2:セブパシフィックで留学費を抑える!格安航空券の予約から搭乗までの攻略
クレジットカードVISAとマスターカードがオススメ。たまに何故か日本で使うと問題ないものが、セブ島だと使えないものがあるので、カードメインなら最低2枚は欲しい。念のためキャッシング枠もあると便利。短期留学なら海外旅行保険としても使えるカードがある。
参照:フィリピン留学で使える!海外旅行保険付きクレジットカードの選び方(完全版)
海外旅行保険初めての留学なら必ず入るべき!クレジットカードで代用する事も出来るが、いくつか条件がある。
参照:フィリピンセブ島留学で失敗しない航空券・海外保険の選び方(海外旅行保険 編)
国際銀行カード(キャッシュカード)現地のATMでお金を引き出す時に便利。デビットカードで代用も可能。
参照:フィリピンセブ島留学時に便利な「国際キャッシュカード」の選び方
フィリピン・ペソ留学初日に学校で両替所の案内があるが、事前に日本の空港で5,000円~10,000円分(2,000peso~)ぐらい両替しておくと安心。自分でタクシーを利用して市内に行く場合は300peso~500pesoあれば行ける。
日本円4週間5万円~10万円あると良いが、こればかりは個人差。4週間10万円、すなわち1週間2.5万円=1万pesoは夜遊びをしない限りは到達しない金額。
抗生物質風邪系と湿疹系が良いです。医者に処方してもらうのがベター。
その他の薬類目薬、鎮痛剤、胃腸薬、便秘薬、下剤などがおすすめ。こちらも医師に処方してもらう物のほうがベター。
フィリピン留学で役に立つ持ち物(電子機器)
パソコン海外の電圧でも基本的に使えるものがほとんどですが、気になる方はメーカーに問い合わせをしてください。
電子辞書スマートフォンで代用も可能。
デジカメやipad治安の悪い所に持っていくのはオススメしませんが、モールやリゾート、レストランなどに持って行って写真を取る事は全く問題ありません。
スマートフォン自習や講師との英会話の録音、写真撮影などで便利。
WiFiポケット空港などでレンタルすることが可能だが高い。短期留学であればそういったWiFiポケットを使うのも手。
現地のWiFiポケットは最新型(2015年)で7,000円前後。これに1ヶ月使い放題のプランにすると+で約3000円ぐらいします。速度はセブ市内なら動画を見れるぐらい、マクタン島でも1M前後は出ます。何回もセブ島に来る方にはおすすめ。なお、購入した初回は1週間使い放題。
YモバイルのWiFiポケットなどは、日本から持ってきて設定次第では使うことが可能だが、ネットに詳しくないと設定が難しい。
コンセント変換プラグセブ島ではコンセントは日本と一緒のため変換は必要なし。ただし、電圧は異なり、セブ島の方が強いので日本製の家電を使うなら変圧器はあると良いです。
ドライヤーとクシ語学学校側に備えがない場合は持っていく必要があります。現地でも調達は可能ですが、現在のレートではやや高い。
髭剃り海外で使える電動のものを。
USBあまり使う機会はありませんが、写真をシェアする際などに使えます。
延長コードルームシェアの場合や電源が近くにない場合に役に立ちます。
電池単3はフィリピンでも購入可能。単4は恐らく購入可能だが未確認。
フィリピン留学で役に立つ持ち物(授業)
筆記用具(ノート、ボールペン、ポストイット、ホチキス、バインダー、穴あけパンチなど)現地調達も可能ですが質は日本製に比べて劣るため、日本から持っていくのがベター。なお、セブ島の中心部、アヤラモールには無印良品があるが日本より高い。
バインダーは授業中に配られたプリントをまとめるのに便利。
参考書(文法書など)特に重要なのは基礎的な文法書です。ただ数多く持ってきても使いこなせない場合がほとんどなので、1ヶ月程度の留学なら1冊~5冊程度で十分かなと思います。
TOEIC本TOEICをやるなら日本からテキストを持っていくのがベター。公式テキストのように書き込みと答えが別になっているものだと、授業で講師にテキストを渡して予習してもらえるのでおすすめ。
フィリピン留学で役に立つ持ち物(日用品)
ビオフェルミンなどの腸内改善の錠剤現地で食中毒になる可能性を減らすために、留学前からきちんと腸内環境を良くしておくとベター。留学中も服用することで下痢や腹痛を起こしにくくします。医者に処方してもらうか、市販のビオフェルミン錠剤でもOK。ヤクルトが現地で入手出来る方はそれで代用も可能。
洗面具(歯ブラシ等)日本製がベター。
風呂用品(シャンプー、石鹸等)現地調達も可能だが質は微妙。
カミソリカミソリ負けしてしまう物が多いので、出来れば日本で購入するのがベター。
洗濯用品(洗剤、洗濯ばさみ、ハンガー、洗濯ネット)現地調達可能だが、ハンガーは学校に備えがないなら購入しておくと便利。自分で洗濯が必要な学校に留学するなら洗剤も1週間分ぐらい持っておきましょう。洗濯ネットは自分で選択する際に役に立ちます。
コンタクトレンズ液現地のメガネ屋さんで購入可能。品質はオプティフリーなどもあるので問題なし。コンタクトレンズもいざとなったら購入できる。
参照:フィリピンセブ島で日本製コンタクトレンズを購入する方法~長期留学生向き~
タオル、ハンカチ、ティッシュ等人によってはウェットティッシュを持って行くと便利な場合もある。
携帯用ウォシュレットウォシュレットがあるトイレはセブ島にほぼありません。気になるなら持って行くとよいでしょう。
靴・サンダル・クロックスセブ島でサンダルは安く購入できます。
雨具折りたたみの傘は現地調達は厳し目。ただし、そもそも雨の日がそこまで多くない。降っても1時間~2時間程度で終わる場合が多いため、実際に傘が必要な時はほとんどない。
日傘サンブロッククリームを使いたくない方は、日傘があると便利なときもある。しかしながら、タクシーを使う機会が多いので日傘も実際使用する回数は多くない。ランチを外で食べたい方は必須。
生理用品セブ島の質は良くないらしい。→MOKAさんの記事で。
爪切り意外と現地で調達しにくいため持っていくのがベター
日焼け止め平日は日中授業なので必要ないが、土日はビーチに出かける方も多いため、必須。セブ島の日差しは強め。
リップクリームかなり調達しにくいため、日本から持っていくのがベター
洗顔フォーム、化粧品日本の化粧品はセブ島では高い。これも日本から持っていくのがベター。
手鏡あると便利
うちわ、扇子扇子の方が利便性が高い。現地でもあるが意外と入手しにくく、かつ使う機会が非常に多いので持参すべし。
耳かき、綿棒セブの綿棒はやわらかすぎて使いづらい。耳かきは見つけるのが困難。
シャンプーやトリートメント現地でも購入可能だが、どれを買ってよいか分からないのでやはり日本から持っていくべき。
虫除け、蚊よけスプレー日本製がベター。正直、普通に生活している分には使う機会は少ない。土日にボホール島やダウンタウンに出かける時は、デング熱を持った蚊を避けるために念のため使うと良い。(*シティやクリーンな場所でデング熱を持っている蚊は滅多に居ない)
蚊よけスプレー(室内用)学校の場所によっては蚊が室内に入る可能性もあるので、室内用の蚊よけは持っておくと役に立つ場合もある。
サングラスUVカットのものを事前に購入しておくべし。現地でも買えるがどの程度UVカットしているかは不明。
マスク風を引いた場合や未然に防ぎたい時に役に立つ。喉を痛めたくない方は寝ている間に使う方もいる。
サプリメント現地では野菜不足、便秘などに悩まされる方が多いです。そのため、ビタミン剤や食物繊維などのサプリメントを用意しておくと役に立ちます。青汁もいいかもしれません。
ゴミ袋30リットル前後のゴミ袋を用意しておくと、洗濯物を預ける時に便利。
トイレットペーパーセブ島現地ではトイレットペーパーがトイレに置いていないことが多々ある。現地のスーパーやコンビニなどで購入はできるが、1ロールぐらいは事前に日本から持って行くと良い。
帽子現地で購入も可能だが、お気に入りを探すのがやや面倒。
のど飴現地で購入可能だが、日本から持ってくる方がシュガーレスが多いのでいいかも。
アイマスク・耳栓機内時やシェアルームの場合に便利
実はこっそり役に立つアイテム
ヘパリーゼの錠剤お酒をがぶ飲みする方は持って行くとベター。Lシステインが入っているハイチオールCなどでも代用可能。
ラゲージチェッカー現地で購入不可。特に帰国日に役に立ちます。ラゲージチェッカー(amazon)
インスタント日本食ふりかけ、緑茶パック、味噌汁パックなど。学校によっては食事が辛く、ないとホームシックになる方もいるとか。現地でも購入は出来るが輸入品のため日本で買うより高い。
インスタントコーヒー現地のコーヒーは砂糖が入っているものがほとんど。また入っていなくても美味しいインスタントコーヒーはほぼない。そのため事前に持っていくのがベター。ちなみに、コーヒー好きのフィリピン人には「めっちゃうまい!」と言って、お土産としても喜ばれる。
旅行ガイド本現地では「セブポット」というフリーペーパーがありとても便利。ほとんどの日系語学学校に置いてあります。旅行ガイド本も役に立つでしょう。

あ、「俺セブ」も忘れずに使ってやってください。
スマートフォンやサイフに着けるチェーンスリに遭う危険性を減らすことが出来ます。iphone用ならこんなのもあるようです。ネックストラップ(アマゾン)
お土産後述
自撮り棒モノポッド、セルフィなどの自撮り棒は結構役に立ちますので持っていくのがベター。自撮り棒(アマゾン)
ショルダーバッグ少し治安の悪いところに出かける際に、最小限の荷物に抑えるため。
タンブラー日々の水を飲む際に結構使えます。ウォーターサーバーが各語学学校設置されているためです。
折りたたみ桶洋服や下着を手洗いしたいとき。現地のランドリー屋さんに依頼すると、ものすごい高熱でドライするため簡単に洋服が縮んでしまう。そのため、大事なものは手洗いしましょう。折りたたみ桶(アマゾン)
スマートフォン防水ケース海に行く際に便利。スマホ防水ケース(アマゾン)
モバイルバッテリーチャージ充電がなくなる場合に備えて一つあると便利。特にPocket WiFiを持っている方におすすめ。バッテリーチャージ(アマゾン)
小型アイロンYシャツを着る方はあると便利。現地のクリーニングに出しても綺麗に畳んだ状態でもらえるが、サイズ小さくなるのが不安なら自分で手洗い→あると便利。mireミニスチームアイロンは海外でも使えるため、おすすめ。小型アイロンマットも忘れずに。
フィリピン留学で役に立つ持ち物(衣類)
Tシャツ現地でも購入可能だが、面倒なら日本から持っていくべき。ちなみに海外ブランドは日本より高い。
カーディガン&羽織るものTシャツの上にちょっと羽織るものは意外とあると便利。現地だと見つけづらいかも。
長袖シャツ授業室内は意外と寒い場合もあるため、1枚~2枚は持っておくとベター。
長ズボン蚊よけ対策にもなるので、蚊に刺される回数が多い方は長ズボンがベター。セブ島は基本的に年中半ズボンで過ごせる環境です。
水着学校によってはプールがありますし、ビーチで遊ぶ時は必須!
下着現地でも調達できますが、最低限1週間分は持っていくべき。
靴下ズボン+靴下+スニーカーで下半身の蚊よけバッチリ!
保冷枕フィリピンでは夜も基本的に暑い状況なので冷蔵庫があれば、枕を冷やして就寝時に役立てる事が可能

航空券と海外旅行保険について

航空券と海外旅行保険証は必ず持っていかないといけません。(クレジットカード付帯の海外旅行保険でも代用可能ですが)。海外旅行保険についてはどこの会社でも問題ないですが、キャッシュレス対応を検討しているなら大手を選びましょう。
参照→航空券・海外旅行保険の選び方(航空券編)
参照→航空券・海外保険の選び方(海外旅行保険 編)

お金の準備について

どこにも行かずに3食出る学校で過ごすなら3万円ぐらいで十分(水やカフェ代ぐらいしかかからない)。ただ大抵どこかに遊びに行ったり、外食したり、ショッピングしたり、アクティビティを楽しむと思うので、1ヶ月5万円ぐらいは用意しておくと無難。

アヤラモールのレストランで食べると1食500円以上はかかる。スキューバのライセンスは3万円ちょい、ビジターとして5スターホテルで1日遊ぶなら6千円以上、世界遺産があるボホール島への日帰りツアーは1万円前後なので、こういうアクティビティやリゾート地に行くなら余分にお金を用意しておきましょう。(それこそ毎週ツアーへ出かけるのであれば、1ヶ月10万円ぐらいあると安心)

また、現地のSSP手続きや30日以上滞在する方はビザの更新手続きがかかります。光熱費や教科書代などを別に払わなければいけない・・・などなど、滞在期間や学校によっては意外と留学してから「諸経費」がかかりますので、やはり現金は5万円~10万円ぐらいは持って行くとよいでしょう。

ペソへの事前両替について

日本、セブ両方の空港はレートが悪いため、出来るだけモールの「EXCHANGE」というところで両替しましょう。最悪セブ空港でもできますが相当レートは悪いです。

空港では5千円分~1万円分ぐらいで十分です(基本的に送迎があるはずですが)。可能であれば500ペソや1000ペソだけでなく、出来るだけ100ペソももらってください。ほとんどの語学学校で1日目に両替屋さんに連れて行ってくれるので、そこで換金がベターです。

なお、現地のATMでお金を引き出すよりも現金を持っていく方が手数料は安く済みます(現金を持ち歩くというリスクはありますが)。
参照→No31 セブ島留学では両替屋とATMどっちが得?徹底比較しました!

クレジットカードやキャッシュカードについて

あると現金がなくなった時や現金を使いたくないとき、キャッシングする時など、何かと便利なのがクレジットカード。

お金をあまり現金で持って行きたくない人は、海外対応の銀行カードを作りましょう。基本的にVISAかマスターカードであればどこでも使えます。

キャッシュカードについてはこちらを参照→フィリピンセブ島留学時に便利な「国際キャッシュカード」の選び方

海外旅行保険付きのクレカならこちら→フィリピン留学で使える!海外旅行保険付きクレジットカードの選び方(完全版)

お土産

そもそもお土産自体は2回目のフィリピン留学などではない限り、必要ではないです。また、お土産を持って行く場合は基本的にはお菓子を選んでおくのが間違いないです。フィリピン人はチョコレートが好きなので、空港でも買えるキットカットが一押しです。あとはアルフォートやきのこの山。うまいボーも反応が良いがかさばるし、崩れる。

なお、セブ島にある「町屋マート」である程度のものは購入できます。「町屋マート」は日本人が経営する小さなショップで、そこで日本の医薬品や生活用品を購入することが可能。なので万が一シャンプーや薬、コンタクトレンズ液や爪切りなどを忘れても大丈夫ですので、ご安心ください。(価格は日本から輸入しているため、少し高い。)

英会話の練習もしておくと効果的

最後にワンポイント。
全く英会話をやってない状態でフィリピン留学に望むと、1週間目を無駄に過ごす可能性が非常に高くなるので、留学前にほんの数回でも良いのでオンライン英会話で、無料体験レッスンを受けておくことをおすすめします。

↓おすすめのオンライン英会話はこちら↓
初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。