【スペイン・グエル公園】バルセロナの街を一望できる絶景スポット!
https://retrip.jp/articles/9761/

スペイン・グエル公園

世界遺産

私は4年ほど前に新婚旅行でスペイン&フランスへ行きました。その際スペイン北東部に位置するバルセロナの「グエル公園」へ行きました。

グエル公園を訪れた理由

グエル公園はアントニ・ガウディ(wiki)の設計した作品の中のひとつです。
アントニ・ガウディとはスペインのカタルーニャ出身の建築家です。サグラダ・ファミリア(聖家族教会)、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョをはじめとしたその作品はアントニ・ガウディ作品群として1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。

私は昔からアントニ・ガウディの建築物にとても興味を持っており、一度はスペインを訪れサグラダ・ファミリアとグエル公園を観光するのが夢でした。今回スペインに行くことになりとても嬉しかったです。

ルートと費用

私は英語やスペイン語がほとんど話せないので日本から添乗員付きのツアーに申し込みました。成田空港を出国しパリ(シャルル・ド・ゴール空港)を経由しバルセロナへ到着しました。今は分かりませんが当時は直行便はあまり無かったと思います。

費用はツアーなのでスペイン&フランス8日間でひとり50万円ほどでした。グエル公園の入場料は無料でした。しかし調べてみると2013年11月ごろから公園を2つに分け1区画見るのにひとり8ユーロ必要だそうです。公園全体を見るには16ユーロ必要です。

旅で最も思い出に残ったエピソード

一番思い出に残っているのはグエル公園の美しさです。まず公園の作りにガウディらしさが出ていました。

公共の公園にはあまりない石で積み上げられた柱や天井。ところどころにカラフルな装飾が施されており周りを見渡してばかりでした。公園内はとても広く、人が歩いている道の上に石の通路が通っていたりとまるで迷路みたいでした。

石を上手く積み上げ同じ曲線の壁を作り上げている回路には職人の技が見えスペインの建築物の偉大さにとても心を打たれました。正面にはあの有名なカラフルなトカゲの噴水がありました。正面広場ということもあり、人が多く観光客やバルセロナ市民で賑わっていました。

【スペイン・グエル公園】バルセロナの街を一望できる絶景スポット!
https://retrip.jp/articles/9761/

また、高台にのぼると今度はカラフルな曲線を描いたベンチがあり多くの人が座り休憩をしていました。運動場では地域の子供たちがサッカーをしており、バルセロナ市民の憩いの場となっていました。改めてサッカーは世界共通なんだと思いました。

またグエル公園からの景色がとても絶景なのです。高台にのぼるとバルセロナ市内を一望できサグラダ・ファミリアも見えました。そしてその奥には青くて広い地中海が広がっており息をのむほどの絶景でした。グエル公園から見る地中海とバルセロナ市内のコントラストは日本では決して見る事の出来ない貴重な体験となりました。

もし英会話が流暢だったら

スペイン語や英語が話せたらわざわざツアーに申し込まなくても自分の行きたい所へ行けると思います。地下鉄やバスを乗り継いで移動するのも現地の文化に触れられ楽しいと思います。

そして何より現地の方との交流が楽しめることだと思います。私はレストランやお店などに入ってみると日本との文化の違いが見えてきて、現地の方と話したくても話せませんでした。もし英語が話せたならもっとスペインの文化に触れられ楽しい旅行になったと思います。今度海外へ行く時には少しは話せるように勉強したいです。

今後の方へのアドバイス

グエル公園はとてつもなく広い上に、足場が悪いです。歩きなれた靴で行かれることをオススメします。そうすれば気兼ねなく広い公園内を散策できます。また、特に正面のトカゲの噴水近くではスリが多発しているようです。今は入場料が必要なのでスリは居ないかもしれませんが気を付けて下さい。

グエル公園は大自然の中でガウディの建築物を体感できます。実際に公園内を歩いてみてスペインの文化、ガウディの作品に触れてみてはいかがでしょう。

バルセロナの街を一望できる絶景スポット スペインのグエル公園
https://retrip.jp/articles/9761/
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。