《世界遺産体験談》イギリスのストーンヘンジ編

1,訪れた国と世界遺産はどこですか?

私は6年ほど前にイギリスにあるストーンヘンジという世界遺産に訪れたことがあります。イギリスのロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーというところから北西に13km程に位置する環状列石(ストーンサークル)のことです。とても謎に包まれた不思議な岩が突如あり驚きました。

2,数ある中からその世界遺産を選んだ理由は何ですか?

イギリスのロンドンに行こうと思った時に、ガイドブックを手に取り色々と調べたところロンドンからかなり遠くにはなりますが、こちらの世界遺産を見つけました。
ロンドンから日帰りで行くことができたので、ロンドン観光とは別にこちらの世界遺産にも行こうと思いました。また、写真で見てとても広大な土地に岩が突如ボンボンとあり、パワースポットとして有名で、不思議でたまらなかったので、ぜひ一度この目で見てみたいと思いました。

3,世界遺産を見るためのルートと費用を教えて下さい。

今回はロンドンからはるか200キロほどと離れていたために、現地のツアーを利用しました。英語が出来ないために日本語ツアーに参加しました。ルートはヴィクトリア駅に各自で集合し、そのから専用車に乗って色んなところを回るルートでした。

sekaiisan-photo12

ウィンザー城やローマ浴場などその他有名なところもツアーで含まれていたためにとても効率よく回れました。
費用も日本語ツアーに関わらず15000円程度だったと思います。専用車で日帰りでがっつり回るツアーとしてはとてもお手頃な値段だと思います。

4,旅で最も思い出に残ったエピソードは何ですか?

《世界遺産体験談》イギリスのストーンヘンジ編

バスから降りてストーンヘンジを見た時は感動しました。本当に周りになにもないところに、岩が固まって置いてあったからです。

誰が置いたか、何のために置いたか、その岩をどうやって運んだのかなど、多くの謎にいまだ包まれたままの遺跡みたいです。ストーンヘンジまでとても近づくことができて驚きました。

5,旅行中に英語が必要だと感じたエピソードや、もし英会話が流暢だったら?

ストーンヘンジへの旅行は日本語のツアーを利用したために特に英語が必要だと感じることはありませんでした。ですが、市内観光などは自力で電車で移動したために、英語が話せないことによる弊害が多くあったことを覚えています。

たとえば、予約なしでアフタヌーンティーをしようとお店に入ったときのことです。入り口でなにやら色々と英語で話しかけられました。そのとき私は店員さんがなにを言っているか何一つ理解できませんでした。

『予約はしていますか?』『一人ですか?』もしくは『予約はしていないと入れません』『今は満席です』など話していたかもしれません。でもそれが何一つ理解できなかったために、『OK,sorry』と言って退散するしかありませんでした。

それがとても悔しかったのを覚えています。

そのほかにもイギリスのロンドンで一人で歩き回るには結構大変でした。英語ができればすごく楽しいんだろうなと思いました。

そのために、日本の現地の旅行代理店にアフタヌーンティーの予約をしてもらったりして凌ぎましたが、大きいデパートの中に入っていたために、そのお店を探し出すのすら大変でした。もちろん英語で場所を聞くこともできませんでした。

6,これからその世界遺産を見に行こうとする方へ、何かアドバイスをお願いします。

今からもう6年前なので変わっているかもしれませんが、最近パワースポットとして人気が出ているので、好きな方はオススメします。また、自力で行くよりもツアーの方が効率がよく、安く行けるのでオススメです。

イギリスは少し英語ができたほうがいいかもしれません。

アフタヌーンティー以外で特に不便を感じたことはなかったですが、ヴィクトリア宮殿やホームズ博物館などロンドンはとても楽しい場所です。
ロンドンに訪れる際は是非、足を伸ばしてストーンヘンジも見に行ってみてください。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。