フランス・ノートルダム大聖堂
http://news.only-1-led.com/harry-potter-interior

フランス・ノートルダム大聖堂

その世界遺産を選んだ理由

フランス・パリを中心に観光のため訪れたのですが、ノートルダム大聖堂はパリの中心地にあり、地下鉄の駅からもかなり近いので、地理に不安を抱えていても大丈夫ということでしたので訪れることにしました。また、どのパンフレットにも載っているため、行くしかないと思いました。

ルートと費用

ノートルダム大聖堂は、パリ市内のシテ島という場所にあり、パリ地下鉄4番線に乗り、Cite駅というところで降りて、徒歩で10分もかからない程度だったと記憶しております。

費用は、ヨーロッパに行くための費用は、航空券やホテル代、送迎代こみでおよそ12万円程度でした。直行便ではなかったためそのくらいの価格でした。パリ市内の移動は地下鉄を使えば便利なのでぜひ利用してください。一回につきおよそ2ユーロです。パリ市内線はどこまで乗っても均一料金です。

フランス・ノートルダム大聖堂

旅で最も思い出に残ったエピソード

旅行中最も思い出に残った事は、とある美術館に入館する際に、ガードマンから身体検査を受けたのですが、そのガードマンから「ジャパニーズ?」と聞かれ、「イエス」と答えると、そのガードマンの人は学生時代に日本に留学していて、大阪に住んでおり、日本に魅了され、またその際に柔道に出会い、日本で柔道を習い、祖国フランスに帰って柔道の先生になり、フランスに柔道を広めるために頑張っている方で、日本語が少しですが話せる方でした。

私はこんなに遠く離れた国にも、日本の事が大好きで、日本の柔道を広めるために頑張っておられる方がいらっしゃることにとても感動しました。

日本ってほんとに魅力的で素晴らしい国だと改めて感じることができました。
また、お土産物店やレストランに行き、日本人だと言うと、とても笑顔で日本が好きであることや、日本のどこどこの都市知っているよなど交友的に話しかけてくれる方ばかりだったので、日本人の印象の良さにも感動し、日本人って海外でも印象が良いのではないかと初めて感じることができた旅でもありました。

日本人に対する対応はフランス人はとても素晴らしいと思います。

旅行中に英語が必要だと感じたエピソード

ノートルダム大聖堂自体の入場料は無料なのですが、ノートルダム大聖堂の上部分、頂上部分は有料なので、チケットを買わなければなりませんでしたが、英語があまり喋れなかったので、自分の意思を伝えることができず、ジェスチャーでも伝わらないことがあるので、本当に困りました。

ノートルダム大聖堂に限らず、パリの美術館や博物館は入館料が有料のところが多いので、必ずチケットを買わなければなりません。チケットを毎回買うときに本当に苦労しました。

もし軽会話が流暢なら、地元の人や知らない人に積極的に話しかけて、日本のことを聞いてみたり、地元のことについて聞いてみたりして、ガイドブックにのってない場所にも行ったりして、もっと交流的にできたらもっと楽しんだろうなと思っていました。

その世界遺産を訪れる方へのアドバイス

数ヶ月前に、フランス・パリでは大規模なテロがあったため、パリを中心に警備が大変厳しくなっていて、警察軍隊が街にいます。

さらに世界遺産であるノートル大聖堂は特に警備が厳しく、入場する際には、荷物チェック、パスポートチェック、身体検査がありました。またスーツケースのような大きな荷物を持っていると、入場不可なので注意してください。

おそらくパリの世界遺産はもちろん、世界遺産ではない博物館や美術館もスーツケースは持ち込み不可なので注意してください。また、海外は日本のように貸しロッカーというものは無いので、ノートルダム大聖堂に行く際は、身軽な格好で行くことをオススメします。

場所によっては、コートさえ不可な場所もありましたので、事前にネット等で調べて行くことも今は強くオススメします。

 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。