セブの海ってすごいっ!その2|リゾートエリア・セブって?

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

「どこか知らない国の青い海に潜ってみたい」

これがダイビングライセンスを取ろうと思った最初のきっかけです。
ネットサーフィンをしていた時、たまたまセブ島の青い海を写した写真を見て、これは行きたいと思い立って決意しました。

もともと海外や海が大好きで、海外旅行はもちろん、日本の海にもよく海水浴へ行っていました。
日本でもダイビング体験を受けたことはありましたが、ダイビングライセンスを取るには10万円以上かかると聞きました。

結局、その時はダイビングライセンス取得そのものは断念してしまったのですが、セブ島の海で泳げるかどうかを調べていたら、「セブ島では日本よりも安くダイビングライセンスが取れる」とネットに書かれていました。

調べたところ、海外旅行も楽しめる上に、たった3日間の講習でダイビングライセンスが取れて、しかも料金は講義やライセンス講習に必要なレンタル器材、テキスト代を含めて約30000ペソでした。

全てセットなので、これならいいかもと思いさっそく予約をしました。
数日後、自宅に予習用のテキストが届き、それをざっと読み通してから生まれて初めてのセブ島へ向かうこととなりました。ちなみに、早目に予約をしないと講義自体が予約でいっぱいになることもあるようなので注意が必要です。

マクタン・セブ国際空港内にあるマクタンホテルへチェックインをし、そのホテルからダイビングスポットへ車で約20~30分、交通費は約400ペソでした。

しかも最高の晴天で、空と海がくっついているんじゃないかと思うくらい青くて綺麗で感動しました。

1日目は簡単な筆記テストを受けて、午後からはプールを使っての実習でした。
セブの海ってすごいっ! その4 ダイビングを楽しむためのお店選び
プールは海ほど深くはなくて水の流れもないので安心して受けられました。
講義中はさすがに真剣な態度で受けていましたが、参加した人たちや先生など色んな人と関わりを持てて、その日の夜は皆とお喋りにふけって楽しかったです。

2日目は実際にダイビング開始です。
日本でダイビング体験をした時はちょっと怖いなという気持ちがあったのですが、セブ島でのダイビングはワクワクが勝って全く怖くなくて、早く潜りたくてたまりませんでした。また、危険を感じた時のハンドサインもしっかり教わっていたので安心できました。

海の中はとても神秘的でした。嫌なことを全て忘れて、一色になったような気分とでもいいましょうか。私の居場所はここだったんだなと思えました。

3日目もダイビングです。
最終日の3日目はさらにゆっくりと海の中を眺められました。このまま海の中に住みたいと思ってしまうほど珊瑚や白い砂が本当に綺麗で楽しかったです。

セブ島ダイビングでも使える!お手頃価格のカメラ3選
実は、以前は魚の動きが予測できなくて少し苦手だったのですが、今回のダイビングをきっかけに魚にも興味が持てるようになりました。ダイビングライセンス実習そのものは3日間でしたが、そのあと2日間かけてセブ島の観光を楽しみました。

セブ島でのマッサージで疲れも癒されました。
帰国してから知ったのですが、セブ島の現地でダイビング予約をすればもっと安くダイビングライセンスが取得できるようです。
あと、余談ですが、マクタンでは体験フライトも出来るそうです。参照:セブトップ(CEBU TOP)で小型飛行機セスナを操縦してきました!

日本でダイビングライセンスを取得するには他にも色々と費用がかかるようなので、セブ島で取得することをおすすめします。海外の空気、空、海も最高ですよ。

セブ島で取得したダイビングライセンス証明書ですが、受講から3~4週間後に自宅へ届きました。証明書は運転免許証に似たきちんとしたカードです。

ひとつ資格が取れるとテンションも上がります。ダイビングライセンスを活かして、再びセブ島の海でダイビングを楽しみたいです。セブ島でダイビング経験ができて本当に良かったです。

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。