https://retrip.jp/articles/2209/

以前から海外旅行に興味があり、思い切って世界一周旅行をしてみたいと思っていました。しかし世界一周だとどうしても航空券の料金が気になってしまい、自然と敬遠していました。

ある日、知人から世界一周航空券というものがあることを聞き、さっそく調べてみました。さまざまな会社がヒットしましたが、馴染みのあるHISから世界一周航空券が出ていることを知り、これを使って世界一周旅行をすることを決意しました。

なぜHISを選んだのかというと、身近で信頼が寄せられるといった理由が挙げられます。

そして実際にお店に足を運んで聞いてみました。

はじめに世界一周航空券がほしいとの旨を伝えると、さまざまなプランを紹介されましたが、その中でも人気のあるオリジナル格安世界一周航空券にしました。

当初は日本を出発し、バンコク、フランクフルト、シカゴなど複数の都市を経由するルートが組まれていましたが、そこには自分の訪れたい都市が含まれていませんでした。

聞いてみたところ、別料金にはなるがルートの変更もできるとのことでした。なので訪れたい都市も経由するルートに変更することで、思い通りの旅行を実現させることができました。

次に価格についてですが、基本的に30万円前後が目安です。ただし燃油サーチャージなどを含めると、さらに料金が上乗せになります。ほかにもオプションを追加したり、ビジネスクラスに変更したりすることにより、料金は高くなります。自分の場合、ルートの変更を行ったことにより1万円ほど上乗せになりましたが、予算内であったこともあり、満足感は高かったです。

ちなみにHISから出ている航空券ですが、オリジナル世界一周航空券以外だと、アライアンス世界一周航空券、世界一周モデルプランなどがあります。

たとえば世界一周モデルプランの特徴として、北米とヨーロッパを訪問したあと、一時的に国内に帰国し、さらにオセアニアなどにいくことが可能となっています。

さらにこのプランでは有名な観光名所に複数訪れることが可能となっています。

チケットの購入方法について

チケットの購入方法は、主に店内で購入する方法と、webにて購入する方法があります。webの方が気軽ですが、もし不安な方は実際に店舗に出向いて購入するのがいいと思います。

店舗の場合、わからないことがあれば遠慮なく店員に聞けば、気軽に教えてくれます。webの場合、出発地、まわる都市、ファーストクラスかビジネスクラスか、人数など必要な項目をすべて入力します。

旅行の際の注意点について

まず航空券の有効期限についてです。世界一周航空券には有効期間が存在するため、うっかり無効にしてしまわないようにすることが大切です。

次に航空会社によってはフライト数に制限がある場合があります。たとえば訪れたい都市までの直行便がなく、どこかの都市を経由すると、その都度フライト数がカウントされてしまうので、その点も頭に入れてルートを引く必要があります。

そして世界一周航空券の管理もしっかりと行うことが大切です。うっかり無くしてしまったりすることもありますし、海外の場合、盗難などに遭う可能性も否めません。しっかりと肌身離さずに持ち歩くことが欠かせません。

これは航空券に限らず、ほかの貴重品においても言えることです!

基本的に世界一周航空券は価格が安いこと、フライトの目的地を都度決めることが可能で、すなわち自由度が高いところが最大のメリットです。そしてメーカーやプランによってコースや特徴が全く違います。

自分にあったメーカー、もしくはプランを選択することにより、思い通りの楽しい旅を実現させることができるでしょう。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。