フィリピン大統領選挙「ドゥテルテ」にほぼ確定

次期フィリピン大統領はドゥテルテか

マニラ首都圏(CNNフィリピン) —責任ある投票のための教区司祭評議会(Parish Pastoral Council for Responsible Voting:PPCRV)による一部の非公開情報によりますと、PDPラバンの主導者ロドリゴ・ドゥテルテが大統領選挙でリードしているとのことです。

ドゥテルテは、5月10日火曜日午前7時の時点で15,037,761票を獲得しトップに立っています。

自由党(LP)の「マー・ロハス」2世は9,019,664票で2位、無所属のグレース・ポーが8,425,092票でそれに続いています。

UNA(United Nationalist Alliance)の「ジョジョ」ビナイは4,995,851票、上院議員ミリアム・ディフェンサー-サンティアゴは1,358,552にとどまっています。

ポーはしかし月曜の夜にドゥテルテに対して敗北を認めています。

関連記事:グレース・ポーがロドリゴ・ドゥテルテに負けを認める(外部リンク)

一方副大統領選では、レニ・ロブレドが13,128,844票を獲得しフェルディナンド「ボンボン」マルコス・ジュニアより優位に立っています。

マルコスは13,047,864票で2位、続いてアラン・ピーター・カエタノが5,380,691票となっています。

election2016-12

フランシス「チズ」エスクデロは4,524,064票で4位、アントニオ・トリランとグリンゴ・ホナサンがそれぞれ784,778票と702,598票で僅差となっています。

ドゥテルテはライバルに手を伸ばす
月曜夕方に行われたCNNフィリピンの独占インタビューでドゥテルテは、結果がどうなるかについて「あれこれ推測せず」、「感情を無駄遣いしない」と話しました。

「フィリピン国民が下すどのような結果も、私は喜んで受け入れます」とCNNフィリピンに語っています。

「私は悲観的な人間ではありません。政治家としてやってきたこれまでの間、いつも神様に祈ってきました。私は神に、そして自分の出した答えに従います。これまでずっとそうやってきました。それが私の運命だというのなら、従うまでです」。

彼はまた「これが民主主義であり、人民の意思に従わなければなりません」とも話しています。

ドゥテルテはまたライバル候補者にも「休戦の時だ」と手を差し伸べています。

「是非、私から友情の手を差し伸べたいと思います。それを受け入れてくれるなら結構。そうでなくても、過去を清算し再会できるときがきっとあります」

月曜夕方に出した声明でマルコスは、「どこからどう見ても、成功するとしか思えない」と感じたと言います。

責任ある投票のための教区司祭評議会は選挙の番人であり、選挙管理委員会の市民の力なのです。票は、サーバーに送信されてくる公式結果に基づいています。

上院議員選挙 非公開結果
上院議員選挙は15名の候補者がおり、火曜日午前7時時点での部分的・非公開結果は以下の通りです。

1. ジョエル・ビラヌエバ(Joel Villanueva)
2. フランク・ドリロン(Frank Drilon)
3. ビセンテ・ソト(Vicente Sotto)
4. パンフィロ・ラクソン(Panfilo Lacson)
5. ディック・ゴードン(Dick Gordon)
6. ミグス・ズービリ(Migz Zubiri)
7. リサ・ホンテベロス(Risa Hontiveros)
8. キコ・パンギリナン(Kiko Pangilinan)
9. マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)
10. ウィン・ガチャリアン(Win Gatchalian)
11. ラルフ・レクト(Ralph Recto)
12. レイラ・デ・リマ(Leila de Lima)
13. フランシス・トレンティーノ(Francis Tolentino)
14. セルジオ・オスメニャ・3世(Sergio Osmena III)
15. マーティン・ロマオルデス(Martin Romualdez)

election2016-13

参照元:http://cnnphilippines.com/news/2016/05/09/2016-elections-ppcrv-partial-unofficial-results.html

翻訳:ニーナ

コメント

公式にはまだ発表されていませんが、結果を見る限りはもうほとんど覆すことは難しいと思いますので、次期大統領は「ロドリゴ・ドゥテルテ」氏に決まりそうですね。

事前調査ではポー氏が2位につけていましたが、選挙ではロハス氏が2位になっています。
僕が知人から耳にした情報ですとロハス氏に投票したら100ペソ~500pesoをゲット出来る(人によっては1500peso)、というやり方で表を集めようとしたり、セレブリティにセルフィでロハス氏に投票した事をネットで流させたりしました。もちろん、フィリピンでも自分の投票を公開することは違法なので、このセレブリティは最初はプリズンに入れられると言われていたのですが、結局なんの「お咎め」もありませんでした。
参照記事:http://www.sunstar.com.ph/manila/entertainment/2016/05/10/guanzon-no-violation-kathniels-selfies-ballots-472565

kathniel_0

ロハス陣営から大金を受け取ったと疑惑がかけられているセレブティ

とまあ、姑息な手を色々行ったようですが、ドゥテルテ氏の人気には遠く及ばなかったようです。

もし、元々同じ政党だった3位のポー氏とロハス氏がタッグを組んだままでしたら(大統領と副大統領として)、現在の結果を見る限りではドゥテルテ氏は負けていたかもしれません。
なぜ、タッグを組まなかったのかについてはこちら:【ニュース】誰が大統領になっても危なそうなフィリピン大統領選挙2016の政治家たち

ただ、日本の報道だけでなくBBCニュースなどからもフィリピンのドナルド・トランプなどと呼ばれて、完全に誤解されている感じがあります(笑)

ドゥテルテ氏になることで、治安や安全問題の解決が少しずつ解決され、今まで弱かったフィリピンの外からの資本が入ることになれば、高い経済成長率を保っているフィリピン経済が更に伸びる可能性がありますね。

現在もBPO関連ビジネスはかなり良いスピードで成長し続けているので、ドゥテルテ氏がマニラのいくつかの問題を解決してくれる事を願っています。語学学校周りとしては、対中国との政治問題が今後どうなっていくのか気になりますが。。。

また、副大統領選ですがマルコス氏とロブレド氏がかなり接戦になっています。こちらもロブレド氏で決まりそうな感じがありますが。確定したらまた追加情報を書きたいと思います。

 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

海外ニュースの翻訳担当
沖縄県でフリーランスとして活動しておりますOffice Ninaと申します。タイムリーな記事を読みやすくお届けするのがモットーです!

フリーランスとしては記事翻訳の他、通訳、英会話レッスンなど行っています!詳細はOffice NINAのFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/Office-NINA

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。