経験者に世界一周航空券の選び方を聞きました①

世界一周航空券でアジア・ヨーロッパ・アメリカのバカンス地巡り

新婚旅行で世界中のバカンス地を巡ってみたいと思ったわたしたちは、スターアライアンスの世界一周航空券を選びました。
わたしたちの希望は南米、オーストラリアなど国内を周るのに広大すぎる国を避けて、ややオーソドックスにアジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸のバカンス地を周るということで、マイル数を計算した上でワンワールドよりも値段が抑えられたことと、プレミアムエコノミーの料金設定があったことがスターアライアンスを選んだ決め手でした。

なるべく日系のキャリアを使いたかったので、スカイチームは最初から選択肢から外していました。

世界一周航空券はスターアライアンスならANA、ワンワールドならJALのサイトから、スカイチームはスカイチームのサイトから、直接プランの見積もり、予約、購入、変更が可能です。

また直接詳しい専門家と相談しながらプランニングと手配を依頼したい場合は、世界一周旅行専門の旅行社もありますし、大手の旅行会社を通しても購入することができます。

世界一周航空券には「一大陸で何回までフライトできるか」などのルールがあり、わたしたちの場合にはなるべくマイル数を抑えたかったので、逆にそれを踏まえることで行きたい国や場所とルートが絞られて来て、アライアンスごとの乗り入れ状況に従って、コンセプトを織り交ぜてプランニングして行けばそんなに難しくはありませんでした。


大手の加盟が多く安心だったワンワールドの世界一周航空券

私が選んだのはワンワールドの世界一周航空券です。

初めての世界一周旅行だったので大手の航空会社の加盟が多いワンワールドが行きやすいと思い選びました。更にそれまでの短期の旅行等でJALをよく利用していた為、JALが加盟しているワンワールドが一番使いやすいのではないかと思ったのも選んだ理由の一つです。

発行後でもルート変更が無料なところは有り難いと感じました。ですがワンワールドは大陸制の旅行券で大陸ごとのフライト制限が細かく決められているので注意が必要です。

飛行機は最大16区間利用できますが、乗り継ぎも1区間とカウントされてしまうのが、若干分かりにくかったと感じました。チケットの購入はルートをしっかり決められれば、最初に乗る国際線の航空会社で購入できます。

ただ私は初めての世界一周旅行で知識もなかったので、世界一周旅行を専門にしている世界一周堂という会社に相談をしてワンワールドのホームページでまずルートを決めました。

ルートをしっかりと決め、スケジュールは変更可能なのでアバウトに決めてからJALへ電話をして航空券を手配しました。ワンワールドの世界一周航空券は一度その大陸を出ると再度入る事ができない為、プランニングの際のルート決めがかなり重要になってきます。

出発前にルートを決めてその通りに行かなければならないので、行きたいところを明確にしてリスト化しておくとプランニングがしやすいです。


「世界一周=長期間滞在」、そんな思い込みは今すぐ捨てよう!

「世界一周」と聞くと、「旅に今後の人生かけています」的イメージしか持たなかった私ですが、実際自分で世界一周航空券を取ってみると、案外短期間でも行けることが分かったので、新婚旅行で使いました。

旅行期間はたったの16日間。当時会社員だったので、ゴールデンウィークに合わせて、足りない分は有給休暇を取りました。

使ったのは「Oneworld(ワンワールド)エクスプローラー世界一周航空券」。パソコンの公式サイトで購入しました。理由としては、一番に行きたかった国がペルーで、ペルー国内を飛行機で周遊できる世界一周航空券は「ラン航空」を含むOneworldしかなかったからです。

これは、「スターアライアンス」系でマイルを貯めている私にとっては残念でしたが、「スターアライアンス」のペルー就航地は首都リマしかなく、選択肢になりませんでした。そのペルーでは7日間滞在し、同国内では4区間乗りました。

そのほかに滞在した国は、オーストラリアとフランス(本土と海外県である太平洋上のニューカレドニア)ですが、航空便的にはカンタス航空のオーストラリア(シドニー)から南米(アルゼンチン・ブエノスアイレス)間が、日本基点ならまずチョイスしない区間なので、世界一周航空券ならではのフライトだと感じました。
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。