アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area

私は2015年3月から2016年1月までの約9か月間フィリピンのセブ島で仕事の為、暮らしていました。

そこで私が実際に経験したことを記したいと思います。
セブ島といえば一般的には南国のきれいな海でリゾート地という印象がありますが、実際に行ってみるとセブ市内はまさしく発展途上国で治安もマニラ程ではありませんが、良いとは言えません。

私はセブ島に到着して温暖な気候のせいか穏やかな気持ちで身構えていました。それは到着して3日目に起こりました。

セブ市内の移動のためにタクシーを利用しました。目的地をちゃんと伝えたにも関わらずタクシーは町から遠ざかっていくように思えました。すると人気の全くないところでタクシーが止まり、かなり法外なメーターで表示されている額の数倍の料金を請求されました。

私は約束が違うことを告げましたが、ドライバーは「ここで支払わないならばここでお前を降ろす。」と脅してきました。どうしようもありませんでしたのでその場で支払うと、その後私が告げた目的地に連れてってくれました。

浮かれた気分でいた私も悪いですが、海外となると気分が高揚しがちです。私は男なのでそれぐらいで済みましたがこれが女性だったならと考えると恐ろしいです。

そこでこのトラブルを未然に防ぐ方法ですが私も長く住んでわかったことですが、セブ島でタクシーに乗る際には女性ならば夜間は一人で乗車することはまずお勧めしません。

そして、もし乗るとすればGRAB A TAXI というスマホのアプリを利用して目的地に行くことをお勧めします。
このアプリを使う利点は数点あります。

まずタクシードライバーが名前をきちんと登録しているため安全。何かあってもアプリを見ればナンバープレートも名前も出る為警察に被害届けを出せる。さらにクーポンコードを利用すればメーターに表示される料金の40ペソ引きで利用できる。そして渋滞していてもタクシーを優先的に早く捕まえることができる。こういった利点があります。

それでは私がセブの街で体験した危険な体験で最も命の危機を感じたことですが、それは到着して1か月目に起こりました。

まさにちょうど慣れたころです。その日はいつもとは違うことをしたのが最大の原因でした。たまたま近くのモールの屋上でお酒を飲み、ラテン的な余韻に浸っていた後に起こりました。

その日は気候も割と涼しくビールを飲みすぎてしまい、体の体温が上昇したせいかいつもならホテルまでの道のりをタクシーで帰るところをわざわざ散歩がてら酔い覚ましかに歩いて帰っていたのです。

ちょうど大通りから隠れたところで三人組の若者に囲まれました。私は通り過ぎようとした時に声をかけられました。無視しました。また声をかけられました。振り向きました。刃物を向けられました。かなりの至近距離だったと思います。

私はその場にあったすべてのお金を渡しました。俗にいうホールドアップというものです。海外では外国人を狙った手口が頻繁にあります。

ここでの注意点は夜間に出歩かないのが一番ですが、もし被害に遭ってしまったら絶対に抵抗しないことです。刃物なら全力で走れば何とかなるかもしれませんが、ここでは拳銃を持ってることもあるので下手に抵抗すれば撃たれます。

私の場合、その時の不幸中の幸いといえば日頃から必要う以外の物は持ち歩かなかったことでしょう。

いつも出かけるときはどうせ電波は入らないからと割り切り、iphoneは持ち歩きませんでした。ちなみに発展途上国ではiphoneが必ず盗まれます。理由は高価で1台盗めば彼らの半年分の給料になるからです。そして私は財布は使わず必要な分の現金だけしか入れてなかったので被害は3000円程度で済みました。

しかしホールドアップされたときのために1000ペソ(3000円)は持ち歩くことをお勧めします。

結果として海外ではいつもと違うことをしないことや、出歩くときは必要最低限にすること。またお金は分担化して、女性なら下着の中に入れておくのも方法としてはありです。

私の彼女はそうしていたみたいです。男性ならぽボタン付きのポケットにお札だけ折り曲げて何か所に分担していれるのもありです。

要するに貴重品は持ち歩かず最低限度にしておくことです。あとは自分の直感で危ないところと判断したら冷静に対処することです。以上が私が体験した危ない体験でした。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。