四人家族で韓国ソウルに旅行、異国の地でしかも帰る日に迷子になった私たち
http://www.seoulnavi.com/special/5050732

私が海外旅行で体験したこととその時の対処法を伝授します

これは、私が中学校の頃の話ですね。私たちは四人家族で韓国ソウルに旅行に行きました。格安の旅行でしたので、飛行機とホテルだけがついてるパック旅行で添乗員さんや通訳さんがつかない旅行でした。

最後の日以外の韓国観光は楽しかったです。銀の箸を初めて見てかなり新鮮でしたし、ホテルも広々。もちろん韓国海苔も食べたし、有名な観光施設は結構巡りました。

家族での旅行でしたので、現地の人とと関わりはあまりなく言葉の壁を感じることもあまりありませんでした。だから、私たちもあまり韓国語も文化なども学ばないで行ってしまいました。これが後々の後悔に繋がりましたね。残念なことに。

それは、旅行最終日におこったことです。帰りの飛行機に乗るために駅に行こうとしました。私たちはタクシーを使いました。

そして、たどたどしい英語で駅に連れっててと言いました。確かに言いました。けれど、タクシーの運転手さんに伝わってなかったのか、わざとなのか訳のわからない所をずっとグルグル回っています。不安でしたね。

「ここどこ…」とこの状態を異国で経験することの怖さ。今でも忘れませんね。

金額もどんどん膨らんでいきますので、適当なところで降ろしてもらい(1万ぐらいかかったかと思います)、私たちは路頭に迷いました。

異国の地でしかも帰る日に迷子になった私たちは、取り敢えず人に聞こうということになりました。ここで助かりましたね。話しかけたのが運よく日本人で、とても丁寧に道を教えてもらいました。お陰で私は今でも日本にいることができます。
もしあの時、適当な所に降ろしてもらえなかったら、日本人に合わなければ、飛行機に間に合わなければを考えるとヒヤッとします。

私からの海外旅行のアドバイスは、その国の言葉や文化、乗り物の乗り方などをしっかり頭に叩き込んでおくこと、地図を確認しておくこと、トラブルの時の対処法をしっかり復習しておくこと、不安なら出来るだけ集団で行動するツアーを選ぶことです。

異国の地では本当に何が起こるかがわかりません。出来るだけ楽しい旅行にしたいのは誰だって同じですね。この様な失敗も後々なら笑い事ですが、本当に帰れなくなってしまうということもあるかもしれません。

しっかりと、行く国のことを調べ何があっても何とか対処できるよう万全の準備をして楽しい海外旅行に行きましょう。海外旅行の経験は役に立ちます。この記事がある程度参考になればいいなと思っています。

何と声をかけられても、その相手を見ない方がいいです。

私は、タイのバンコクにツアーで旅行に行きました。あまり海外旅行の経験もないし、英語も得意ではありません。個人旅行で行くのは、飛行機や現地での予約など不安が多かったので、人数も多くて添乗員もいるツアーを選びました。

ツアーなので、他の人に比べると危険な事は少ないのだと思いますが。私が怖いな~と思った体験がいくつかあります。

まず、バンコクについて観光バスから降りたとたんに若い男性に『ニホンジン、ニホンジンね~』と声をかけられました。声をかけられたので、反射的にその男性を見ました。するとまた『ニホンジンね~』といわれました。すぐにバスに乗りましたが、人が少ない場所や夜など場合によっては、腕を引っ張って連れ込まれる事もあると聞かされました。

何と声をかけられても、その相手を見ない方がいいです。

海外旅行にリュックサックは危険だと聞いたので、私は肩掛けのバッグを持って行きました。お土産をみている時に、私の右側にあるバッグに人が近付いてきました。道路ではなく、お店の中だから私も少し油断していました。

その人は、私が見ている近くにずっといて、同じお土産を見ていました。そしてやたらとバッグに手がぶつかりました。変だなと思ってたら、バッグの外側のポケットにその人の手が入っていました。

もともとポケットには、ツアーの予定表だけしか入っていなかったので、よかったのですが。私が驚いて『えっ、何?』と大声を出したら、その人はどこかに行きました。添乗員さんに聞くと、肩掛けバッグも持ち方によっては危険だと言われました。

バッグはファスナーがついている方を正面か自分のからだ側にしっかりつけてもつと、他の人に触られずにすみます。バッグを背中の方、後ろにすると後ろから引っ張ってとられます。盗難だけでなく、怪我の可能性もあるから、バッグの持ち方は絶対気を付けた方がいいです。

また、子どもにかこまれて『買って、買って』と言われる時も、子どもだけでなく自分のバッグに気を付けた方がいいです。子どもを気にしている間にバッグを盗られる事もあります。

また、タイ以外でもありますが、日本人はよくぼったくりにあいますよね。私はタイのお寺を観光した時に、おじさんに『写真、写真』と言われて、ほぼ強制的に無理矢理写真を撮られました。できた写真を見せられて、『1500円、1500円』と言われました。

驚いて、逃げようとしたら腕を捕まれて、『1500円』と繰り返されました。怖くなったので、仕方なく払いましたが。写真1まいで1500円なんて。無理矢理だと、逃げられない事もあるし、お金だけですんでよかったのかも…とも思いました。

せっかく旅行に行くのだから、楽しみたいですよね。でも、海外旅行は常に緊張感はあった方がいいと思います。まわりにも注意して、知らない人が近くにいる時には特に気にした方がいいです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。