日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

こんにちわ、美穂です。セブにはたくさんの島々があり、島によって色々な特色があります。

今までもたくさんの島々をご紹介してきました。どの島も海の透明度は素晴らしく、ゆったりとした時間が流れ、BBQが出来たりとどれも自信を持ってオススメできる島です。
▶︎マクタンの10倍キレイな海へ!天国に一番近い島、パンダノン島
▶︎マクタン島から1番近くてキレイな島!ソルパ島の魅力
▶︎美しすぎる!絶対に行く価値アリの白い砂浜が眩しいカランガマン島とは
▶︎プロダイバーも唸らせる「ヒルトゥガン島」の魅力

今回は、セブの最南端にあるオスロブから船に乗って15分ほどで行ける!日本人観光客がまだまだ少なく、1島1リゾートとして有名なスミロン島をご紹介したいと思います。

こちらの島はオスロブのツアーで組み込まれている場合もありますし、ホテルがあるので宿泊もできます。また、デイユースとして1日中スミロンの魅力にどっぷりと浸かるのもありです。

スミロン島の場所と行き方

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

▶︎googleマップで開く
スミロン島はセブの最南端、オスロブという地域から船で15分ほどの距離にあります。

行き方① ジンベイザメツアーでスミロン島ツアーが入っているのを探す
行き方としては、日本の旅行代理店や現地ツアー、ダイビングショップなどでオスロブのジンベイザメウォッチングツアーを申し込んだ時に一緒にスミロン島のシュノーケルまたはダイビングがセットになっている場合があります。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

ジンベイザメを見る場所からすぐ横の船待機所にて船をチャーターしていくことになります。貸切になるので思う存分シュノーケルやダイビングをすることができます。

現地ダイビングショップにてオスロブ・スミロン島へ行きたい方はall blueがオススメです。こちらのダイビングショップで9,000Pでスミロン島のシュノーケルがセットになっています。

オスロブのツアーを申し込んでいる方、これから申し込もうとしている方はこのスミロン島ツアーがついているかどうか確認しましょう。

ジンベイザメツアーに入っている場合の注意点

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

ツアーに組み込まれている場合は、島には上陸はしません。島の周りをシュノーケルしたり、ダイビングをしたりするのみです。all blueさんでは、一部の砂浜には上陸することが可能です。島に上陸してのんびりしたい方はこれから説明する方法をオススメします。

行き方② スミロンブルーウォーターホテルの船を利用して行く
こちらが島に上陸することもできて、シュノーケル・ダイビングも同時に楽しめる方法です。個人で行くことになるので、ある程度の英語力と行動力が必要になってきます。

まずはジンベイウォッチングの場所から少し車で5〜10分ほどのところに、スミロンブルーウォーター専用の港があります。場所は看板も出ていますし、オスロブにいる人や地元の人に聞いてもすぐにわかると思います。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

こちらが港です。奥に進むと受付があるのでそこでお金を払ってください。2015年2月に訪れた時点では一人1,500Pでデイユースが利用できました。ランチビュッフェと島の利用、往復の船込みのお値段です。

宿泊を予約している方は宿泊料金に入っているのでその旨を受付に言ってください。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

船の発着の時刻表です。変わっている場合もあります、参考程度にお願いします。どちら発着でも1日6便あるので、安心してデイユースを利用できそうです。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

島の全体の地図です。宿泊者専用ゾーンが真ん中下の部分で、そこはデイユースの方は立ち入りできません。オススメは右下の丸い砂浜の部分です。左側はハンモックや椅子、テントの宿泊場所、ダイビングショップなどがあります。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

船に乗り込む前に簡単な説明があります。英語のみです。

スミロン島の全貌をご紹介

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

スミロン島へは15分ほどで着きます。着いたらすぐに自由に行動して大丈夫です。荷物はレストラン部分のところで預かってもらえます。貴重品は持ち歩きましょう。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

こじんまりとしていて、のんびりとしていてとてもいい島です。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

スミロン島ではデイユースの人でもマッサージが受けられます!お値段はわかりませんが、こんな海を眺めながらマッサージは素敵です。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

プールです。海と繋がっているように見える素敵なプールでした!デイユースの人でも使えます。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

のんびりするには最適です。スミロン島にはいたるところに椅子やハンモックがあり自由に使えます。しかも混んでいないからゆったりと使えて嬉しいです!

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

島の中心部分にレストランがあります。ランチビュッフェがついているので自由に利用ができます。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

そうとは知らずにオスロブでご飯を食べてきてしまったのでフルーツのみ。とても美味しかったです。他の料理も美味しそうでしたが種類はあまりない様子です。

http://www.booking.com/hotel/ph/sumilon-bluewater-island-resort.ja.html
http://www.booking.com/hotel/ph/sumilon-bluewater-island-resort.ja.html

今回は泊まっていませんがホテルの部屋はこんな感じです。テントですと一泊2万円前後、普通の部屋ですと3万円前後です。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

ダイビングショップも併設されています。シュノーケルの貸し出しもしてくれます。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

島の左側にあるテント・ダイビングショップなどがあるエリアです。こちらでは海に入って泳いでいる人はいませんでした。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

ハンモック・屋根付きの小屋などがたくさんあり、休憩することができます。

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

この日は晴れていてとても綺麗な空の色と海の色でした!スミロン島の海の綺麗さが本当によくわかると思います!

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

こちらが先ほどの島の地図でいう右下の丸い砂浜の部分です!こちらがシュノーケルメインのエリアとなっていてたくさん泳いでいる人がいました!そしてこの砂浜と海の綺麗さに驚きです!

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

さきほどの左側の海の青さとは違い、こちらはどちらかといえばエメラルドグリーンの海で透き通っていました。島の右側と左側でだいぶ印象が違いました。

スミロン島のまとめ

いかがでしたでしょうか?スミロン島の海の透明度の素晴らしさが伝わりましたでしょうか?

シュノーケルだけでももちろん満足度の高い島ですが、上陸するのが断然オススメです!こちらの島はシュノーケルのみで訪れる日本人はいますが、上陸したりデイユースや宿泊する日本人はほぼいません。

日本人のあまり知らない穴場な島なので是非訪れて自慢してください!ブルーウォーターのホテルに泊まった!なんて言ったら、羨ましすぎです!笑

私も今度は是非、泊まりで訪れたいと思っています。

その他、オススメのセブ島の離島はこちら!
▶︎マクタンの10倍キレイな海へ!天国に一番近い島、パンダノン島
▶︎マクタン島から1番近くてキレイな島!ソルパ島の魅力
▶︎【動画付き】マクタンからわずか30分!プロダイバーも唸らせる「ヒルトゥガン島」の魅力

スミロン島に行く際はこちらのツアーがおすすめ
▶︎オールブルー
▶︎たびたつ

美穂

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。