マルタ島留学
https://ryugaku.kuraveil.jp/country_malta/

暖かい気候、透き通る海、青い空。

マルタ島ではまるで映画の世界のような綺麗な環境で英語を学ぶことができます。マルタ島こと、マルタ共和国はイタリアの少し下側にある島です。

まさに地中海といった外観です。私はイーシー・マルタ語学学校にて10日間の短期語学留学を体験しました。

一般英語コースで、20回のレッスンを受けました。エコノミークラスの往復航空運賃、燃油サーチャージ、空港からホームステイ先までの往復費用、食費、入学金、授業料、ホームステイ費用、仲介手数料、送金手数料や個人での交遊費用など全て含めて約30万円での語学留学となりました。

海外旅行も楽しみながら語学を習得したいと思ったこと、また、地中海で短期間でもいいから暮らしてみたいと思ったのでマルタ島を選びました。

ホームステイを選択するべし

マルタ島滞在ではなるべくホームステイにした方が良いらしく、少し緊張しましたが初めてのホームステイもとても良い経験になりました。とても穏やかで仲の良いご夫婦が歓迎してくださって、お部屋の中もアンティーク調でかわいらしかったです。トイレの場所やお風呂の場所も丁寧に教えてくれました。

マルタ島はやや自由奔放なビジネススタイルなので、賃貸で滞在しようとする場合は、勝手に条件を変えられたり、予約そのものを取り消されたり、高い金額を請求されたりすることもあるようなので、注意しないといけないようです。

言葉はホームステイ先でも英語で対応してくれて、片言の日本語で挨拶もしてくれました。少し巻き舌調ではありましたが、ゆっくりであれば大体何を言っているかはわかるくらいの優しい英語で話してくれました。

日本のニュースもチェックしてくれていたみたいで、積極的にコミュニケーションをとる機会を与えてくれました。食事の時間が決まっていて、外食など自分の都合で夕食が必要なければ連絡をしてほしいと言われたことと、なるべく節水を心がけるよう言われました。

授業はアメリカン風でとてもカジュアル

授業では打って変わってとっても明るい雰囲気で、陽気な先生が担当となりました。授業スタイルも非常にカジュアルで、アメリカの学校のような机と椅子、そしてそれで先生を囲ったような形で受けました。

授業は全部英語で、最初はうなずくことだけで必死でしたが、レベルに合わせて質問をしてくれたりと優しい先生でした。最初は先生のジョークも何を言っているのか理解が追いつかなくて愛想笑いになってしまっていましたが、レッスンが7回目を過ぎたあたりからは周りの人達と同じタイミングで笑えるようになりました。

受講生はロシア人やトルコ人、韓国人の生徒さんもいて、皆で和気あいあいと授業を進めることができました。思ったよりも日本人が少なくて最初はビックリしました。

国籍は本当に様々でしたが、皆が向上心に溢れていて全然心細くなかったです。一生懸命、お互いに片言の英語で語り合いました。

街並みについてですが、レンガを積み立てたかのような建物と、石畳が続く街並みにうっとりしました。とにかく大体いつでも晴天。世界遺産に包まれて、異世界に来たような気分を味わえました。そして、海が本当に透き通っていて綺麗なんです。

マルタ島の人達はヨーロッパ風と言いますか、日本人のようにサービスで無理矢理に笑うといったことがないので、さっぱりしています。ある意味、気を遣わずにフランクな気持ちで接することができるのでとても楽でした。

マルタ島滞在時の注意点としては、シャワーなど生活環境システムが日本とは異なるので、1回シャワーでお湯を出すとその後は水になってしまったり、水圧がやや強かったりと調節が少し難しいところです。

また、マルタ島では季節によっては少し冷え込むこともあるのですが、日本のようにふかふかとしたお布団を使うことがあまりなく、タオルケットや薄い毛布のみだったりもするので、冷え性の人や寒がりの人は暖かい服も用意しておいた方が良いです。

石畳の道が多いので靴はスニーカーが断然おすすめです。お洒落な街でお洒落な格好をしたい気持ちもとてもよく分かりますが、石畳をなめていると後で痛い思いをします。

語学留学とはいえ、海外にいることには変わりないので、携帯電話や貴重品が盗られないよう常に警戒しておいた方がいいです。買い物もなるべく友達と一緒に行ったり、誰かと同行することをおすすめします。

ホームステイ先の夫婦が言っていたように、節水・節電を心がけるようにしてあげてください。あと、これはホームステイでの常識でもありますが、その日の食事が不要な時はちゃんと事前に連絡を入れましょう。

授業はリラックスして楽しく受けよう!

授業は先生が少し遅れて来ることもあったので、ちょっとだけ遅刻をしてしまってもセーフだったなんてこともありました。堅くならず、気楽にリラックスして受けると良いと思います。

私の場合は約10日間という短い期間での滞在でしたが、出来るだけ長い滞在をおすすめします。マルタ島語学留学のおかげで英語への抵抗もなくなり、楽しく学べて、またマルタ島を訪れたいと思える夢も持てました。そのためにも、これから更に英語学習を頑張っていこうと思えました。

関連記事はこちら

【リゾート留学比較】ハワイ・セブ・マルタ・バリ・フィジー・プーケット留学のまとめ
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。