http://cre-poseidon-kankyo.blogspot.jp/2015/05/2015-spring-fair_2.html

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

皆さん、ダイビング中にダイブコンピューターは使っていますか?

「NO」と答えたそこのあなた!ダイビングで一番最初に揃えた方がいい道具はダイブコンピューターといっていいほど、重要なアイテムです。確かにダイブコンピューター(略してダイコン)は高い買い物です。

安いものは2万円ほどからありますが、平均して6〜8万円が相場だと思います。ダイビングを始めたばっかりで続けるかわからない、という方はまだ焦らなくても大丈夫ですが、もうすでに20本以上潜っているのに持っていないのであれば買った方がいいです。

ダイブコンピューターは安全管理の他に深度・ダイブ時間などを教えてくれる

http://www.aqualung.com/jp/gear/instruments/item/349-calm
http://www.aqualung.com/jp/gear/instruments/item/349-calm

ダイコンの必要性はずばり安全管理のためです。この記事を読んでいる皆様はCカードを持っているのでおわかりかと思いますが、無減圧停止時間、体内の窒素量、フライト禁止時間などをダイコンは教えてくれます。

またその他に現在の水深、ダイブタイム、時間、水温を知ることのできるハイテクな時計です。

特にアドバンスを持っていて水深25メートル以上を潜る機会が多くなるとダイコンは必須となります。ダイビングが趣味で結構な頻度で潜っているのに持っていない方は、この記事を参考にして購入を検討してみてください。

ダイコンの選び方

ダイコンといっても様々なメーカーから沢山の種類が販売されています。機能や使い方も違っており、自分にとって使いやすさ、見やすさ、大きさを選びましょう。

①メーカーで選ぶ

メーカーは一番有名なところで『SUNTO(スント)』、『スキューバプロ』、『ビーイズム』、『TUSA』、『アクアラング』、『マレス』があります。

SUNTO→ダイコンで一番有名なメーカーです。Dシリーズと呼ばれるシリーズがダイビングインストラクター、一般のダイバー共に絶大な人気です。一番安いD4でも高性能で、D6、D9とあります。安いD4でも7万円ほどして、とても高いのが難点。

また、電池交換の際もメーカーに出す必要があるため、電池交換費用が結構かかります。

スキューバプロ→エクステンダーシリーズなど、普段使いでも利用できるおしゃれで可愛いダイコンが特徴です。また、四角く様々な情報が出るダイコンなどもあり、プロ仕様のダイコンとなっています。

TUSA→DCソーラーという電池交換が不要なダイコンが出たことですごい有名になりました。電池交換がないというのはダイコンにとって革命的でした。とても人気があり、最近のダイバーは皆これをしているというほどです。

アクアラング→カルムというこちらもソーラーパネル式で電池交換が不要なダイコンが発売しています。

マトリックス→マトリックスというダイコンがとても有名です。充電式のダイコンで電池交換が不要になっています。

②色やデザインで選ぶ

http://blog.livedoor.jp/shinjyuku_south/archives/1901013.html
http://blog.livedoor.jp/shinjyuku_south/archives/1901013.html

正直言って、多少の性能や表示の仕方などに差があるものの、無減圧時間、ダイブタイム、水深、水温などはどのダイコンも必ず表示されます。なので、どれを選んでいいかわからない!という人は色やデザインで選んで問題ありません。

普段も使うのか、ダイビング時だけなのか、普段のときもであればファッション性の高いダイコンも多数あるのでそういったのを選んで大丈夫です。

③値段で選ぶ

値段で選ぶのもありです。まだ始めた頃は安いのでも大丈夫です。潜っていくにつれてこだわりが出てきたときに、買い変えるといいと思います。安いものでは2万円からあるので、入門編にいいでしょう。

④電池の交換か、ソーラー式か、充電式かで選ぶ

https://oceana.ne.jp/equipment/tusa_iq1201_dssolar_review
https://oceana.ne.jp/equipment/tusa_iq1201_dssolar_review

他にポイントとしては、電池がどういったものなのかがポイントです。交換式なのか、メーカー取り替えなのか自分でも出来るのか、ソーラー式か、USB充電式なのか選ぶと良いと思います。

オススメは充電式やソーラータイプです。今後ダイコンはソーラー式や充電式が主流になると思います。電池交換は1年〜2年ごとにするので、その度に7,000円程度の費用がかかってしまいます。

私が総合的にオススメするダイコンはコレだ!

マレス マトリックス 参考価格:47,400円

http://kawanaby.exblog.jp/17628845
http://kawanaby.exblog.jp/17628845

メーカーはマレスで、マトリックスというダイコンです。電池は充電式になっています。無減圧停止時間を過ぎた際は、色が反転してすぐにわかる仕様になっています。

操作も簡単で画面も見やすくわかりやすい。コンパクトで男性であれば普段使いに問題がありません。値段も平均以下で買えてオススメです。

AQUALUNG Calm(カルム)参考価格:74,000円

http://preblublog.blog.fc2.com/blog-entry-136.html
http://preblublog.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

2位は、最近のダイバーは皆持っている!といっていいほどよく見かけるアクアラングのカルムです。お値段はそこそこしますが、なんといっても色の豊富さ、そして男女共に普段使いにしても大丈夫な大きさが魅力的です。

そしてソーラー式なので充電や電池交換の心配なしです。是非お気に入りの色を見つけて使ってみてください。

SUNTO D4シリーズ 参考価格:65,000円

http://millet-store-diary.blog.so-net.ne.jp/2011-05-23
http://millet-store-diary.blog.so-net.ne.jp/2011-05-23

最後にオススメするのが、スントのDシリーズの中で一番安いD4です。電池交換式ですが、未だに絶大な人気を誇る安定したダイコンです。D4でも機能に問題はなく、小ぶりなので普段つけていても違和感はありません。オススメのダイコンです。

いかがでしたでしょうか?お気に入りのダイコンまたは欲しいダイコンはありましたでしょうか?

ダイビングにダイコンは必須です!購入してより良いダイビングを楽しんでください。

ダイビング用品店のオススメ店についてまとめました。こちらの記事も合わせてご参照ください。
▶︎スキューバダイビング用品店のオススメ販売店一覧

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。