フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【オーストラリア編】
http://www.access.nsw.edu.au/

今回の留学生

・お名前:M.K
・ご年齢:38
・ご職業:アルバイト
・通われた語学学校:セブJICランゲージスクール
・留学滞在期間:4週間

1,なぜその学校を選んだのですか?

私は年齢がそれほど若くなので、落ち着いた雰囲気の学校を探していました。学校紹介などを見ると、若い生徒がたくさんいますなど情報が書いてあったので参考しました。

いろんなエージェントが紹介している中で、なんとなくここならいろんな年齢層がいそうなイメージができ、JICに決めました。実際、年齢の近い韓国人の人が数人、思ったよりいたのでよかったです。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

自宅で独自に気が向いたら勉強をしていたくらいです。行けば何とかなると思ってしまっていました。電子辞書がとても役に立ちます。英語の本は持っていきましたが、先生から新しい本を買ったりするので、持っていく必要はほぼないのかもと思いました。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

英語の勉強はするに越したことはないと思いました。もちろん勉強に行くために行くのですが、ベースはたくさん持っていたほうが、もっともっと英語での会話を楽しむことができたはずと思います。

あと学校周辺のリサーチです。現地についてから人に聞くこともいいのですが、買い物できるモールや交通手段をどうするなど、いろいろ環境を調べていったほうが便利です。

4,学校の施設はどうでしたか?

お部屋は3人部屋を選びました。クーラーもありますが、写真やネットの紹介でみるよりは古い感じがしました。シャワーとトイレはタイルなど最初は気になりましたがすごして行くうちに、暑い国ですしみんなそれを使っていると思えば大丈夫になりました。

最終的にルームメイトが帰ってしまうと残りの1週間は一人でお部屋を使うとことになりラッキーでした。

マンツーマンの教室はプライベートな空間で、先生それぞれの個性のあるお部屋になっています。気が合う先生ととても集中して勉強ができました。グループワークの教室もクーラーがちゃんと効くし、人数相応の広さでよかったと思います。自習部屋もたくさん机があり、机に仕切りがあるので集中して勉強できます。

プールはあっても私は一度も入りませんでした。若い人は入っていました。

ランニングマシーンなど数台ありますが、ほぼ朝から韓国人の子たちが使っているので、これも使ったことがありませんでした。

売店では教科書やノート、スナックなど売っています。外で買うよりは割高です。食堂もそこそこの清潔感ですが、一度ねずみが走っていったのを見たことがあります。

洗濯は週に3回やってもらえます。部屋番号を言って出すのですが、間違って返ってきたり、なくなったことはないのでとてもよかったです。ただ、柔軟剤のにおいが気になる人はあるかもしれません。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

マンツーマンの先生は3人で1日3時間ありました。先生によって、何を集中してやるのか最初に相談して始めました。一人の先生はショートストーリーの本を毎回読んで、単語なども覚えてくるように言われ、その内容のフィードバックをしたりしました。

二人目の先生には文法を教えてもらうことにし、文法基礎からしっかり教えてもらいました。三人目の先生はフリートークにしました。

グループワークは文法、発音、イディオムのクラスをとりました。文法はレベルごとにクラスがあるので、最初のプレイスメントテストの時のレベルで決められます。基本の本を買ってその本に沿って勉強する形です。

発音クラスは思っていたよりもとてもためになりました。きちんと発音することが大事なんだととても身に染みました。舌の形や音の違いをしっかり教えてもらえて自分でも発見が多いクラスでした。

イディオムのクラスは、自分でイディオムを作った文章を書いたりと一日で10個くらいやるので、すべてのイディオムの意味を理解することと、文章を作る難しさ両方あり、とても難しい反面、できたときの達成感は大きいでした。あと宿題も必ず出されました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

ためになったのは、発音クラスです。あとマンツーマンの時間は誰にも気にせずなんでも聞くことができるのでとてもリラックスして勉強できたように思います。

ためにならなかったのは、文法クラスです、本に沿ってやるだけなので、あまりためにならなかったような気がします。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

大きい道路から路地を入ったところですが、そんなに悪くないです。出かけて、夜一人で歩いて帰っていったりしてました。でも基本は一人で行動するのは良くないと思います。

8,食事内容はいかがでしたか?

3食でました。そんなにまずい食事はなく、お米のご飯と韓国系のおかずが多かったように思います。(キムチとか)それでも、スープとなるべくサラダや野菜を多くがんばって出してくれてる感じはよかったです。

食事を出してくれる人に、多くほしいとか、少なくして欲しいとかもっと注文できたらよかったのですが、人が入っていくと、カウンターにすべて盛ってトレーを置くのでそれをとって食べるというのが、2週間過ぎた頃からちょっと違うものが食べたいと思うようになりました。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

ほぼ快適に繋がりました。お部屋でスカイプをしてみたことがありますが、大丈夫でした。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

年齢がそれほど若くない人もいたので、落ち着いた感じの学校だと思います。フィリピン人の先生はみんな英語はもうネイティブなので、発音などとても素晴らしい先生だと思います。

総合的な値段も高くなく、食事までついて英語を勉強できる環境でいられるのはフィリピン留学だけのメリットだと思います。

デメリットは韓国人がほとんどを占めているので、外出しても学校でもここは韓国かと思うときがありました。韓国語でみんな話しているので、英語を使って欲しいと思いました。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

やはり自分自身でどれだけやるかしっかり決めていくことだと思います。

遊ぶことが楽しくなってしまうと、本当に毎晩遅くまで出かけてしまったり、物価も安いのでどんどん使ってしまう人もいたようです。あと長く英語の環境にいれば身につくというのは本当に間違っています。6ヶ月いる日本人の子もいましたが、ほとんど英語を話しているところをみたことがありませんでした。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

フィリピン人の先生たちと土曜日の夜、ローカルなレストランへ遊びにいったことや、マンツーマンの先生が私をちょっとした観光に連れて行ってくれたりと先生たちはとても親切でフレンドリーです。

韓国人の同年代の人ともとても仲良くなれ、お互い英語で話さないといけないので、英語能力のアップにも繋がりますし生涯の素敵なお友達ができる出来事になるかもしれません。真剣になって行く事が大事だと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。