今回の留学生

・お名前:M.N
・ご年齢:39歳
・ご職業:看護師
・通われた語学学校:JIC Baguio
・留学滞在期間:6ヶ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

学校選びにおいて一番大切にした事は「勉強に集中できる落ち着いた環境」でした。本気で英語の勉強がしたかったですし、フィリピンに行く目的は「英語の勉強」以外にはありませんでした。

それに、38歳で留学に行ったので、若い人達がワイワイとやっているような所では疲れてしまって合わないという思いもありました。ですので「自由な校風で観光の時間もきちんととれる」という学校はまず外しました。

二つ目に大切にした事は「自分の時間もとれる」ということでした。本気で英語の勉強がしたいと言っておきながら矛盾していますが、自分の性格を考えると毎日少しは自由な時間がないと勉強は続かないだろうという確信がありました。

そこで考えたのが、バギオという場所でした。スパルタ方式の学校が多ためか、バギオに住む学生の勉強に対する意識は高いと聞きました。それに海に囲まれたリゾート地ではないので、観光客が少なくて静かなのかなという印象も受けました。

バギオの殆どの学校はスパルタ方式で、朝から夜遅くまでプログラムがあります。そんな中でみつけた、セミスパルタのプログラムがあるのがJICでした。

それに、JICは韓国資本の学校なので日本人の割合が少なかったのですが、そのことも決定につながった一つの理由です。せっかく海外に勉強に行くのなら、なるべく日本人は少ないほうが良いと思いました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

とりあえず知っている英語の知識をまとめました。留学はもちろんのこと、英語を習いにいくのは初めてでしたが、個人的に勉強するための英会話や英文法の本は持っていました。それらの本の大切な所だけ切り取って1冊のノートに貼ってまとめ、それをフィリピンに持って行きました。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?(勉強やアイテムなど)

ノート等の文房具は現地でも買えるだろうと思い準備していかなかったのですが、持って行った方がよかったです。フィリピンは物価の安い国ですが、それは物によります。

文房具は結構高いです。高いですが、質はあまり良くないので気持ちよく勉強できません。

4,学校の施設はどうでしたか?

寮はすごく気に入っていました。4人部屋でしたが、広い共同スペースと小さなキッチン、シャワー、トイレが1階に、2階がロフトになっていて、そこにそれぞれのベットと勉強机がありました。

とにかくスペースがあるので、他のルームメートにあまり気を使わずに生活できます。小さいですがキッチンもあるので、自炊もできます。教室のある学校のスペースは、少し狭苦しかったのが本音です。

マンツーマンの授業のために、小さな教室が沢山並んでいるのですが、ホントに狭いです。そして、窓がありません。狭く窓のない部屋に毎日長くいたので、留学中に視力が悪くなったような気がします。

学校の案内にはジムがあると書いてありますが、グランドの片隅に屋根のあるスペースがあって、そこにちょっとしたマシンが数個あるだけの簡素なものでした。

外にあって周りからよく見えるので、ちょっと使うのが恥ずかしかったです。グランドでは、バトミントンやバスケットボールができるので、それはとてもよい気分転換になりました。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

私の取っていたコースでは、マンツーマンクラス3コマとグループクラス1コマが毎日のプログラムでした。1コマは2時間です。希望すればグループクラスをもう1コマとることができましたが、私は取らずに空いた時間を自習にあてていました。

マンツーマンのクラスでは、どんな勉強をしたいのか自分の希望を伝えて、先生と相談しながら決めることができます。

私は「文法」「文章を書く練習」「聞き取り」をそれぞれのマンツーマンのクラスで勉強していましたが、進めている勉強内容に関わらず、「昨日この映画を英語で見たけど、これちょっと分からなかったから教えて欲しい」などなど、わりと自由に授業を進めてもらっていました。

先生達も気持ちよく受け入れてくれていました。少し専門的なことをマンツーマンのクラスで勉強している人もいました。たとえばビジネス英会話とか。私も時々医療用語を教えてもらっていました。

グループクラスには色々な種類があります。文法、ネイティブの先生との英会話、発音、TOEICのスピーキング、等々。各クラスにレベルがあるので、自分のレベルに合ったクラスになら、希望で自由に入れます。定員はありましたが。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

グループでの発音の授業はとてもよかったので印象に残っています。私は発音に力をいれていたので、マンツーマンの先生にも、発音の訂正をして欲しいといつも依頼していました。

でも、発音の訂正ばかりで話が前に進まない・・なんてことがよくありました。でもグループクラスだと、みんなで練習するので楽しいですし、その時点で自分が上手くできなくても、周りの人の発音を聞きながらなんとなく分かってきます。

先生も発音のプロの方ですので、教え方がとても上手で分かりやすかったです。

ためにならなかった授業というのはありませんでしたが、グループクラスは合う合わないがあったように思います。他の生徒さんとの相性も大事になってくるので、グループクラスは長く続かずにを変更する人が多かったように思います。

私個人としては、TOEICスピーキングはすぐにクラスチェンジしました。会話が上達したくてクラスをとったのですが、授業はTOEICのスピーキングテストのみに焦点をあてていたので、テスト勉強にはなるけれど、普段の会話の上達にはあまりならないなと感じたからです。

もちろん、TOEICの勉強をされている人には最適なクラスだと思いますが。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

バギオはフィリピンの中では治安が良い都市です。不安なく一人でブラブラできましたし、道に迷っても親切に教えてくれる人ばかりでした。タクシーも全てメーター制でしたし、料金を上乗せされたり、おつりをくれなかたりなんてことは一度もありませんでした。

とはいえ、スリの被害に遭った人は周りに沢山いました。バーなどのお酒を飲む場所で被害にあう人が多かったですが、日中の明るい時間帯に街を歩いていてスリに遭った人も割といました。

治安よりも問題だったのは、空気です。空気がとにかく汚かったです。バギオは山岳地帯なので、フィリピンにしては涼しくてとても過ごしやすいのですが、山道を沢山車が通るためか、空気は真っ黒です。

車の音も賑やかです。中心街に行くと、口を覆ってしまう程に排気ガスが酷い所もあります。喉が痛くなることもありましたし、耳や鼻の粘膜が黒くなるのはいつものことでした。

8,食事内容はいかがでしたか?

学校の食事は3食毎日でました。土日もです。韓国資本の学校なので、殆ど韓国料理でした。辛い物がない日は珍しかったです。毎週1回だったか2回だったか日本食の日がありましたが、それでもキムチは付いていましたし、あまり日本食とは思えなかったです。

それでも特別不満はなかったですし、好きなメニューもありました。厨房のスタッフが優しくて、辛いものがあまり食べれないというと、味付け前の物を出してくれたりもしました。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

自分の部屋の中でインターネットが使えましたし、辞書を使ったりメールのやり取りをするくらいなら不自由はなかったです。スカイプなど、画像のあるものを使う時は上手くいかないことが多かったです。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

メリットは、自分のやりたい方法で勉強できる事だと思います。先生達が柔軟にそれぞれにあった勉強方法で対応してくださるので、とてもやりやすかったです。勉強を強要されている感じがないので、学習もはかどると思います。

デメリットは、学校の前が坂道で主要道路ですので、夜でも大きな車の音が寮まで聞こえてきます。慣れるまでは、寝付くのに時間がかかりました。デリケートな方は、ちょっと難しいかもしれません。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

積極的に先生にアプローチしていく事だと思います。自由な勉強方法ですすめられる学校であるが故、自分から「この部分を集中して勉強したい」「帰国までにこのレベルまで行きたい」という指標がなければ、授業もただの世間話で終わってしまったりします。

私も実際、2時間ずっと世間話で終わった事があります。積極的に何がやりたいか、目標は何かを伝えて、先生達を引っ張って行くくらいの気持ちで授業に取り組んで行く事が、留学成功のポイントになってくると思います。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

留学を決める時に引っかかっていたのは、フィリピンの治安でした。悪いイメージがありますし、大丈夫だろうかと不安でした。でも、バギオは本当に平和な街です。気を抜き過ぎなければ安心して過ごせる街だと思いますので、過剰な心配はせずに、一歩踏み出して行けばいいと思います。

その他おすすめ記事はこちら
フィリピンセブ島留学、語学学校JICで学んだ貴重な留学体験
オンオフがきっちりとでき、学生ばかりではなく様々な方と交流ができたJICへのフィリピン留学
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。