ファーストウェルネス(FEA)セブシティ校の宿泊施設

ファーストウェルネス留学体験談

・お名前:JJ(学校の先生や友達からJJと呼ばれていました)
・ご年齢:30歳後半
・ご職業:会社員
・通われた語学学校: First wellness English academy セブシティ校
・留学滞在期間:3カ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

最初は幅広く色々調べましたが、結局レッスンの質とカリキュラムがしっかり出来ている学校でないと、折角セブまで英語勉強しに行くのですからもったいないな・・と思いまして。

あと、宿泊の環境やレッスンに関わる総額、そして出来れば学生より社会人がいっぱいいる、社会人向けの学校を選びました。それから口コミやセブで勉強して来た経験者のブログなどもチェックしたりしていました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

英語の勉強は日本でもずっとやっていました。英語教室に通ったり、個人レッスンを行ったり、個人でTOEICの勉強もずっとしていました。
そういえばオンライン教室は受けた事がないですが、今度やってみたいと思っています。セブの先生達もいっぱいオンラインレッスンをやっていますし、その繋がりでこちらに帰って来てもオンラインでレッスンを受けている人もいっぱいいるみたいです。

心をかけて準備したアイテムは特にないですが、ノートブックや薬は絶対要ると思い準備して持って行きました。あと海外保険も準備しました。薬について言えば、持ってなくても同じ学校の人だちが日本に戻る時にくれたため、沢山余っている状態でしたね。

その他、行く前にカップラーメンやインスタントのものを持っていこうと思っていたのですが、向こうにもいっぱいあると聞き持って行きませんでした。実際現地では、やっぱり必要ありませんでした。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

あ!あれ持ってこればよかったのに。。と思ったものは特にありませんでした。
なぜならセブ島にも大抵のものは揃っていますし、決して高くないです。全部持っていこうとすると切りがないですし、重くなると思いますから必要最低限のものだけで良いかと思います。

勉強や仕事の面ではほぼ必ずネットは必要ですから、ノートパソコンは絶対持って行ったほうが良いです(たまに、ipadだけの方を見かけましたが、後悔されている方もいらっしゃいました。)ホテルやカフェに行けばwifiを使える環境になっているので、(多少環境には左右されますが)持っていって損はないです。

4,学校の施設はどうでしたか?

まず宿泊部屋から言いますと、行く前に妥協が必要です、なぜなら払う金額によってその施設や環境が変わってくるからです。つまり高いところより手頃なところだと、その分、期待しない方が良いという事です。セブは熱い国だし、5つ星の良いホテルでない限り、アリとかゴキブリとか普通に出て来ます。私が3カ月間泊まっていたホテルもたまに他の部屋から出てきたと聞きましたし、私の部屋からは出た事がないですが、多分出たら部屋を変えてもらったと思います。

そういう希望は合わせてくれるホテルでした。

スタッフもみんな優しくて、私だけではなくほかの学生達もみんな既にホテルのスタッフとFacebookの友達になっていました。

あえてホテルの悪い点を一つだけ言うと朝食が変わらなかったことだと思います。殆どが朝食付きの学校なんですが、1-2週間短い間泊まるのは別にいいですが、3か月間毎朝同じメニューとなると、最後は食べる気にもならなく朝食時間まで寝てしまったりしていました。どうせ、またあれでしょう?という感じで。(笑)

学校の事はそうですね、先生のクオリティーやカリキュラムなどは凄く良かったと思います。みんなフレンドリーで明るくて疲れた時にも先生達と勉強や話をしながら元気を貰ったりしていました。

また、軽く病気になった時などには早めに対応してくれて良かったと思います。医者を学校まで呼んで診断してもらったり薬をもらったりしましたし。長期留学する方は、向こうへ行くと何かの原因で食あたりになったり、じんましんができたり、風邪を引いたりする事もあると思いますので、海外保険に入って行くのは絶対です。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

授業のカリキュラムは1日にマンツーマンとグループクラス、両方ある学校でしたけど、私は毎日8時間マンツーマンクラスでトータル12週間のクラスを受けました。

全部マンツーマンにした理由はもちろんマンツーマンの方が効果が大きいし、グループクラスとそこまで金額の差がなかった為です。
授業の内容や先生は自分で選ぶことができました。最初入学するとレベルのテストするのですが、その結果に合わせて自分が選んだ授業内容とテキストを準備してくれて、初日は授業の内容やテキスト、そしてクオリティーや発音、教え方など先生との相性を経験させてくれました。

そしてチェンジするかどうか自分で決められました。いつでも早めにマネージャーに言っておけば先生をチェンジしてもらえます。特に授業の内容やテキストに関しては担当の先生と相談すればいつでも対応してくれました。

私はリスニングが弱かったのでリスニングの授業を2-3時間入れて、その他はスピーキング3時間位、あとTOEICとビジネス英語クラスも希望しました。3カ月間も居たので自分がこれはもう大丈夫かな、良くなったと思う授業は、パターン英語や読解など他の授業に変えながら勉強していましたね。

長く居るなら色んな授業を試してみるのも良いかもしれません。ちなみに毎日各クラスから宿題が出ますが、別に勉強をしなくてもそれだけで2-3時間かかったので、復習・予習がしっかり出来たと思います。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

やはり毎日英語で話す事もあるので自然に話せるようになるし、違和感も段々なくなったのですが、私の場合はテーマを持って一緒にテーマについてトークしたり、自分の意見を伝えるスピーキングした授業が凄く良かったと思います。

自然と知らない言葉やスピーキングの力が付いてくるのを感じました。私は自分の意見を英語で表現したり、話せるんだ!と、相手の意見などについて自分の考えを言ったりリアクションが出来るんだ!と。

ためにならなかった授業はリスニング授業でした。
いつもTOEICのリスニングパートでスコアがなかなか伸びないので、思い切り先生とリスニングの授業を受けてみようと思ったのですが。。。

CDプレイヤーがいまいちだったし、時間もかかるし、ただCDを流してあと少し話しをする位だったのですぐ他の授業に変えました。聞き取りは普通に毎日先生と授業したり話したりすることで、自然に力がついてくるんだなと感じました。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

先生自身が多く話すより、私に話しかけて良い会話が出来るように誘導してくれる先生が私は好きでした。先生によって自分ばかり話す人も居ました。あと授業ばかりで堅苦しく授業をする先生よりは、普段友達と話すように日常生活の会話や色んな話題について自然にトークが出来る先生が好きでした。

8,食事内容はいかがでしたか?

食事はホテルから毎日朝食のみ出してもらったのですが、毎日同じメニューでしかもトーストにハムかソーセージ、オムレツ(ジュースかコーヒー付き)などとてもシンプルなメニューだったので味も美味しいというレベルでもないし、結局飽きてしまいます。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

時間帯によってつながりにくかったりしました、特に夜9時とか10時とか宿題をする時間帯に必ずそうでしたから、宿題が進めまなーーーいと思いました。(笑)どちかというと不安定でした。それ以外の時間帯は問題なかったです。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

最大のメリットはやっぱり先生の質です。みんなキャリアもありプロだったので、クラス内容に関しては凄く良かったと思います。最大のデメリットは学校の施設です。なぜなら働く先生も勉強する学生にとっても、セブシティ校は不便なところがあったからです。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

私は勉強だけではなく先生との交流やローカルの人たちとも友達になるために、どちらかというと部屋ばかりでの勉強ではなく、色んな経験や有用な英語勉強が出来るようにかなり外での活動が多かったと思います。

先生と頻繁に食事をしたり家に遊びに行って家族を紹介してもらったり、友達を紹介してもらったりして自然に英語の勉強にもなりましたし、ローカルのカルチャーなどにも沢山触れ合う事が出来ました。友達も沢山出来たし、未だにFBやLINEなどで会話もたまにするので勉強になります。

セブに留学してきて無駄な事は一個もないくらいです。
折角セブまで行くのですから勉強ももちろん大事だけど、色々な事を経験する事も良いと思います。たまには学校で学べないものを外で経験できる事もあるので!

何より時間が勿体ないからといって一人で行動するよりは、先生やみんなで楽しく行動した方が絶対楽しいし、刺激ももらえるし、勉強にもなると思います!

最後に私はセブにいって学校の学生達に英語で話かけたり、英語で会話をするように心がけました。そうするとみんな英語で答えてくれるし、食事や飲みに行っても自然に英語で会話が出来ます。

まあたまには人によって違う時もありましたが!(笑)
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。