QQEnglish代表 藤岡光頼

QQEnglishはフィリピンで日本人が一番初めにやった本格的な英会話学校です。(参照:No1 – バイク便式でフィリピン最大の英会話学校を作る!)今では教師750名を抱えるフィリピン最大の語学学校でもあります。卒業生13000人以上を送り出した実績からフィリピン留学の期間別英語の上達レベルをお話しします。

フィリピン留学に来る生徒の特長

フィリピン留学に来る70%の生徒さんが英語を話せないか、英語の学習から遠ざかっていて忘れてしまっている方です。学生さんもたくさん留学に来ますが、本当に上手に話せる方は欧米に直接行かれるようです。

今回は英語をあまり上手に話せないビギナーの生徒さんを念頭にお話しします。

1週間留学

いくら効率よく一日12時間学習しても一週間では話せるようになりません。
英語に慣れると言うかフィリピンのマンツーマン授業に慣れるだけで終わってしまいます。はっきり言えば無駄です。

しかし事前にオンライン英会話で学んでフィリピンのマンツーマン授業と教材に慣れていれば別です。QQEnglishの超短期留学や一週間留学はオンラインで事前学習を推奨しています。また帰国してからも英語の学習を継続するのが必修です。
参照:2泊3日「超短期フィリピン留学」と言う選択~週末や連休に英語の特訓に行く~

1ヵ月留学

1か月留学したら話せるようになるか?と言う答えはまたNOです。
とても言いにくいのですが必死に学習しても実感できない留学が一か月留学です。留学初日にビデオを撮っておき一か月後に見てみるとすごく話せているのですが、今まで自分が持っていた英語の能力をアウトプットできるようになっているだけなのです。

留学中に覚えた新しい知識を1ヶ月では活用でません。一番ストレスが溜まり不安になる期間です。

2ヶ月留学

2ヶ月経つと少ずつ留学中に覚えた新しい知識を使えるようになってきます。ここまで来ると出口の光が先に見えてくるので学習が楽しくなってきます。ここで留学を止めてしまうのは勿体ないと自分も感じるので延長希望の生徒さんが一番増える期間です。1ヵ月を過ぎると多くの友達が帰国してしまうので寂しくなる時期ですが逆に英語の学習に打ち込める時期でもあります。

3ヶ月留学

私が一番お勧めしたいのが3ヶ月留学です。
一日8時間学習してちゃんと予習復習していたら学習時間が600時を超えてきます。自分でも英語の上達が実感できる期間なのです。

私が11年前フィリピン留学をしていた時、韓国人の留学生は最低でも3ヶ月間留学していました。英語が話せるようになる期間を知っていたのでしょう。3カ月間の留学期間を作るのは大変ですが効果を実感するには必要な期間です。

6ヶ月留学

英語が話せるようになるのには1000時間必要と言われています。フィリピン留学で1000時間を超えてくるのは5か月目です。

韓国の学生の多くはフィリピン留学に6カ月以上来ていました。フィリピン留学の後欧米の大学に行く生徒がほとんどだったからです。半年間しっかり学習して頂けるとネイティブの国に行き大学で専門の科目を英語で学習できるレベルになります。

1ヶ年留学

英語の学習に終わりはありません。キッチリとした英語でプレゼンテーションなどの高度な英語を使いこなしネイティブと対等に話ができるようになるのにはその後何千時間も必要です。

フィリピン留学でレベルを上げていくのも良いのですが、6ヶ月以降はフィリピン以外の国に行くのもありだと思います。またフィリピンの大学に行き英語以外の勉強をしながらスキルアップも面白いと思います。

私からのアドバイス

英語の学習には1000時間が必要だと言われています。6カ月間フィリピン留学して一気に終わらせてしまうのも良いのですが誰でもができるわけではありません。私がお勧めする留学期間は3ヶ月で後は日本からオンライン英会話で学ぶ方法です。

QQEnglishはリピーターさんがとても多くなっています。長期留学できない生徒さんがLCC(格安航空)を使い何度も留学に来るようになっているのです。

帰国している時はオンラインで英語を学び、時間ができるとまたフィリピン留学をして特訓して学ぶ。21世紀の学習法なのかもしれません。英語の学習は継続が一番重要です。是非1000時間を目指してがんばりましょう。

留学期間別英語の上達レベル表

※QQEnglishでマンツーマン授業6コマ、グループクラス2コマ、自習を2時間行った場合の参考資料です。

あなたに必要な留学期間は?【レベル別】フィリピン留学達成ステージ

*グラフの参照元:QQEnglish公式サイトより

▶ QQEnglish公式サイトはこちら

QQEnglish代表
藤岡 頼光

おすすめ関連記事

▶ No1 – バイク便式でフィリピン最大の英会話学校を作る!
▶ 2泊3日「超短期フィリピン留学」と言う選択
▶ 私が初めてフィリピン留学をした時に感じた事①

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎大学受験が変わる「英語4技能」 フィリピンの英語力が日本の英語を変える

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎私が初めてフィリピン留学をした時感じた事②

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

2 コメント

  1. 私も3ヶ月フィリピン留学をしましたが、確かにスピーキングは2ヶ月目から学習が楽しくなり自分でもどんどんのびていくのを感じました。確かにコスト的な面もふまえて3ヶ月留学を行って隙間時間などをつかってオンラインの継続学習というのが効率がよさそうですね!英語学習、正直きついですが(笑)がんばります!

    (1)
    • せかわさん。コメントありがとうございます。今はオンライン英会話だけでなく無料のアプリやユーチューブなどでも英語が学べます。留学が終わってからがポイントだと思っているので、これからも英語学習頑張ってください。

      (1)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。