【ITパーク校①】授業施設~個室とオープンスペースの違い~

QQEnglishへの留学体験談

・お名前 marico
・ご年齢 30歳
・ご職業 主婦
・通われた語学学校 QQイングリッシュ
・留学滞在期間 1か月

1,なぜその学校を選んだのですか?

いろいろなフィリピンの英語学校を調べたのですが、ホームページがしっかりしていて印象が良かったのでQQイングリッシュを選びました。

またフィリピンには韓国系の語学学校が多い中、QQイングリッシュは日系だったので申込に際して安心感がありました。
値段が安い部類だったのも決め手となりました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

会話中心の授業を受ける予定だったので、用意したのは辞書と筆記用具程度でした。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

勉強道具でいえば、単語の暗記カードなどを用意していけばよかったと思いました。フィリピンでも文房具を買うことは可能ですが基本的に質が良くないです。必要な文房具は日本でそろえていったほうがいいです。あとは留学前からある程度目標を立てておくとよかったなと思います。

また、せっかくの海外留学なのでレジャーなどで楽しむ用意もしておくといいと思います。週末は学校がお休みになるので何も用意していないとけっこう暇です。水着や観光用のガイドブックなども用意していくのがおすすめです。

4,学校の施設はどうでしたか?

学校の施設は日本人の感覚で見ても可もなく不可もなくだと思います。現地で知り合った友達によれば他の韓国系の学校だと、日本人の感覚では正直設備がよくないと感じる場合があるそうです。

設備のいい環境で留学したいと思うならやっぱり日系の語学学校を選んだほうがいいみたいです。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

月曜から金曜まで一日六時間のレッスンをすべてマンツーマンで受けました。私は会話力を上げたかったのでスピーキングと会話に必要な文法、そしてボキャブラリーを増やすためのレッスンを中心にカリキュラムを選びました。

カリキュラムはある程度自分の希望のものを中心に組み立てることができます。また、レッスン内でも各先生方が希望を聞いてくれて、生徒の要望やレベルに合わせたレッスンを行ってくれていたと思います。

マンツーマンなので自分が発言する時間もたっぷりとれるし、自分次第で思い通りのレッスンを受けることができます。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

スピーキングのレッスンとカランメソッドのレッスンが個人的によかったです。この二つのレッスンのおかげで、英語に反応する力が養われ、留学前に比べて英語で思考するスピードが速くなったように感じました。

ためにならなかったレッスンというのはないですが、プライベートレッスンなので自分がやる気のないときはレッスンがなあなあになりがちです。自分からどんどん新しい単語や言い回しを使っていかないと、スピーキングのレッスンは特に、自分が知ってる単語や言い回しだけを使って世間話をするだけのレッスンになってしまうことがありました。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

セブで一番安全といわれるITパークという経済特区内に学校があったので、危険な思いをすることはありませんでした。ただ一歩ITパークから出ると、やはり発展途上国らしい雰囲気があって少し危ないようにも感じました。

基本的に日本人は現地でお金持ちに見えるので、ITパークの外では子供の物乞いや、日本人相手のナンパがたまにありました。学校の友達などとグループで行動するとやや安全だと思います。

治安に関して気を付けるべき点は入学時のオリエンテーションや、相談すればフィリピン人の先生方も親切に教えてくれます。

8,食事内容はいかがでしたか?

毎日三食食事の提供がありました。内容はフィリピン料理・韓国料理・日本食を中心とした食事が出ました。当然ですがフィリピン料理の割合が多かったです。日本人から見て、正直フィリピン料理ってどれもおんなじ感じに見えます。

一応毎日献立は変わっていたようですが、ほぼ毎日同じ料理が出ているように感じ飽きを感じてしまいました。周りにレストランがけっこうあるので時々外食の機会を設けるといいと思います。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

学校内ではWifi環境が良かったです。寮ではいい時と悪い時のムラがありました。部屋によっても多少差があるようでした。基本的にQQイングリッシュの寮はどの建物もリビングが一番Wifiの調子がいいようでした。

Wifiの調子が悪いとインターネットで動画を見るのやスカイプの接続に困ることがありましたが、メールやライン程度なら特に困らないと思います。

またセブ島では島内のWifi環境が良く、レストランなどに足を運べばどこでもWifiえお使用することができました。一見インターネット環境がなさそうなボロいお店でも、Wifiのパスワードを店員さんに尋ねれば快く教えてくれてネットを使わせてくれました。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

QQイングリッシュの先生方は英語の発音がよかったのがありがたかったです。

当時、QQイングリッシュで友達になった方々に聞いたお話ですが、QQイングリッシュの先生方はかなり発音のいい先生ばかりのようです。学校の外で英語を使ってみるとわかるのですが、フィリピン人の英語は訛りがひどく聞き取りにくいです。

QQイングリッシュの先生方は元々欧米向けのコールセンターで働いていた方など、正しい英語の発音の訓練を受けた方を中心に採用しているようです。他校だとフィリピン訛りがひどい先生が多く在籍する場合があるようです。

デメリットは日系の語学学校なので日本人の生徒が多いことでしょうか。私が在籍した当時も全体の約8割が日本人の生徒で占められていました。残りは韓国人、台湾人などでした。

日本人が多いのでレッスン以外ではつい日本人の友達と日本語で話してしまいます。英語の勉強に対して意識の高い方は韓国人や台湾人の人と付き合うようにしていました。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

先生と仲良くなることだと思います。先生と仲良くなると、レッスン以外でも出かけたり食事に行ったりなにかと付き合ってくれます。観光も先生と行けば安心ですし、学校の外でも先生とたくさん英語で話すチャンスが得られます。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

日本にいると人間関係で悩まされることも多いですが、海外で知り合うと不思議なもので日本人同士簡単に仲良くなることができます。やはり志を持って来ている人が多いためか、夢にあふれた魅力的でいい人にたくさん知り合うことができました。

英語の勉強がもちろん一番の目的だとは思いますが、半分くらいは遊んだり経験値を増やすくらいのつもりで留学してみてもいいと思います。またフィリピン留学は物価が安く南国という環境を踏まえても、それを可能にしてくれる環境だと思います。

ぜひ楽しんでフィリピンで英語に没頭してみてください。
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

1コメント

  1. QQEnglishにいらして頂きありがとうございました。
    留学が終わっても英語の勉強を続けてくださいね。
    英語の学習に継続が一番重要です。
    そして今度はセブ島に遊びにきてください。

    (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。