http://schnauzer-emma.hatenablog.com/entry/2015/09/09/012427

英語の勉強ってなかなか続かないですよね。大人の場合でも、やらなきゃいけないとわかっていても、どうしてもなかなか始めづらいと思います。

子供の場合にはこれが顕著で、勉強となるとどうしても取り掛かりにくいという子供たちの方が多いとおもいます。そこで、今回はゲーム感覚で基礎から英語が身につくという「英剣伝説」についてご紹介したいと思います。

概要

「英剣伝説」とは、基本プレイ無料で遊びながら英語の基礎が身につく教材です。最近よくリリースされているソーシャルゲームと同じような方式を取っています。

基本プレイ無料というのは、ゲームに課金することで追加アイテムを手に入れることができます。では、どのような時に課金が必要になるのでしょうか?

答えは、勉強を早く進めたい時に必要になります。英剣伝説では、問題を解く時に不正解をしてしまうとハート(体力)が減っていってしまいます。このハートがなくなるとゲームを進めることができなくなります。

もちろんこのハートですが、時間を置けば徐々に回復しますが、体力回復アイテムを使えば、即座に回復することができます。この課金アイテムですが、子供の勝手な課金を防ぐために、先払いでのみ、課金アイテムの購入が可能です。

この「英剣伝説」がターゲットにしている層ですが、全く英語の知識がない層から英検3級までの実力をつけるための教材になっています。

ゲーム内に参考書・単語帳・問題集を兼ね備え、なおかつ子供のやる気を引き出すゲーム形式を採用しています。

現時点では、PCからのプレイを推奨していますが、アプリ化も進めているみたいでアプリ化が実現された場合には、スマホやタブレットからの利用もできるようになります。

PCでの動作環境も、メモリ2G以上、CPUもCore2Duo以上となっているので基本的に現在販売しているすべてのPCで動作が可能です。また、推奨ブラウザや推奨OSも一般的なものとなっています。

学習効果

eiken

ゲーム形式なのに、本当に英語の知識が付くのかは疑問に思う方がほとんどだと思います。そのため、ここでは期待される学習効果についてご紹介したいと思います。

先ほどもご紹介しましたが、文法知識は英検3級程度、単語数は1697語習得できる内容となっています。これを「参考書・単語帳・問題集」にパート分けをして学習します。

参考書パートでは、キャラクター同士の掛け合いの中で、紙芝居形式で文法事項が説明されます。語呂合わせを取り入れるなどして、子供にも覚えやすい解説をしています。

単語帳パートでは、延々と英単語と日本語を見比べるいわゆる「暗記」の場を設けずに、スピード感のある千本ノック方式でのミニゲームで単語を定着させるようにしています。

一般的な暗記に伴う苦痛をなくし、かつ確実に知識を得られるようになっています。また、単語の読み上げ音声付きで、聴覚や発音も覚えることができるようになっています。

問題集パートでは、様々な英語問題に解答しながら、モンスターと戦う形式になっています。参考書・単語帳パートで「学んだ知識」を「使える知識」にします。

問題に正解すると、敵にダメージを与えられます。逆に不正解すると自分にダメージが与えられます。また、解答スピードが速い場合には敵に多くのダメージを与えられるようになっています。全部で13パートに分かれていて繰り返し学習することができます。

また、保護者向けのサービスとして、子供達の進捗状況をメールで知らせるサービスもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在、様々な方法で英語を勉強することができます。どのような勉強方法にしても本人のやる気次第で、効果が得られると思います。もし、他の勉強方法を試して挫折した経験がある場合には、ぜひともこの「英剣伝説」を試してみるというのも一つの選択肢ではないでしょうか。

▶︎英剣伝説のHPはこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。