規模は小さくても大きな可能性を秘めた5つのビジネスアイデア

フィリピンでのローカルビジネス

技術資源センター(TRC)は、意欲的なフィリピンの起業家たちに向けて、あなたの夢に描くビジネスを実現しましょう、と呼び掛けています。

熱意のある起業家であれば10万フィリピンペソ(約23万円:記事執筆当時のレート、以下本記事中同じ)未満の資本金で着手可能で、利益が見込めるベンチャー事業のアイデアを5つ紹介します。

TRCのグループマネージャーであるMaria Rosalinda Lacsamana博士によると、TRCが厳選して紹介している「話題のビジネス特集」の中から、この5つが選ばれたとのことです。

屋台ビジネス

高い利益が見込める食品ビジネスの世界に、長期的に携わっていきたいと真剣に考えているのであれば、屋台ビジネスがベストでありリスクが低いでしょう。

このビジネスは、シンプルで耐久性のある屋台さえあれば始められます。屋台の値段は素材や見た目次第ですが、1万フィリピンペソから2万フィリピンペソ(約2万3千円から4万6千円)です。

まず路上販売を行いながら、レシピを磨きつつ、市場での適正価格を確かめるのが賢明な始め方です。移動販売ですから、家賃は一銭も払わずに、立地条件が最高の場所を選んで商売ができます。

様々な屋台ビジネスの形態については、こちらをご覧ください。

飲料水ビジネス

飲料水補充ステーションは、急増して今やどこにでもあるため、ステーションの運営はもはや利益が見込めるビジネスではなくなった、という人もいます。

しかし実は、競争を嫌う古参業者より、賢い新規参入者の方が成功しやすいと言えます。最近では飲料水補充ステーションの選択肢が増えたため、当然ながら消費者は安くて品質の良い商品を求めます。

そのため、品質を下げて価格を抑えようとする業者が出てきますが、これは決してうまくいきません。消費者は、わずかなお金を節約するよりも健康に良いかどうかを重視するからです。

飲料水補充ステーションの立ち上げについてはこちら

造園ビジネス

造園の素質があり、きちんとした訓練を受ければ、誰でも在宅で造園ビジネスを起業することが可能です。TRCの実践的造園講座では、長期的に見て高い利益率を得られる可能性がある、鑑賞用植物の製作を取り入れています。

これから始める人は、まずは趣味として始めてもいいでしょう。その後、パートタイムやフリーランスでサービスを提供します。さらにそこから大企業との取引を狙えば、高収入を得ることが可能になります。造園ビジネスを始めるにはこちら

ハーバルソープの製造

石鹸製品の市場は飽和状態ですが、それはもう市場を大きくする余地がないという意味ではありません。

化粧品の巨大企業がひしめく中で、かなり厳しい競争であるにもかかわらず、この市場では隙間に入り込んで利益を上げている小規模石鹸メーカーが数多くあります。数千ペソあれば、このビジネスは始められます。

ただし、ターゲットとする消費者がまだ手にしたことがないような、高品質で効果の優れた製品を生み出せるかどうかが、本当の意味での挑戦になるでしょう。石鹸製造ビジネスについてはこちら

パン製造販売

パン製造販売業を始めるには、まず街角に店舗を立ち上げなければ、と考える起業家が多いですが、決してそうではありません。食料品店、レストラン、会社や学校の食堂、その他類似の業態を特別な顧客として、高値で販売することも可能なのです。

それでも店舗の形態でやりたい、という場合でも、必ずしも他と同じような店にする必要はありません。

高品質なパンデサル(フィリピンの伝統的なパン)だけを売って成功している店もあれば、ホピア(フィリピンの伝統的な菓子)だけ、カップケーキだけ、大きなエンサイマダ(スペイン発祥の菓子パン)だけなど、特定の品物だけを売って成功している店もあります。例に挙げたのはごく一部ですが、候補は無限にあります。

その他に話題のビジネスとしては、アクセサリー製造、両替商、クリーニング店
経営、レストラン経営、生花店経営などがあります。

興味のある起業家の方は、TRC(電話番号822-54-18)までご連絡ください。また、Jacinta Bldg. 2, Guadalupe Nuevo, EDSA, Makati Cityにある事務所まで直接お越しになっても結構です。

翻訳元サイト▶︎http://www.mixph.com/5-small-business-ideas-with-big-potentials/

コメント

この起業自体はフィリピン人のローカルのために書かれていますので、日本人がフィリピンで起業する際にはそこまで参考にならないスモールビジネスかもしれませんね。

屋台風のフードコート類はフランチャイズしてあるものが多いので、比較的安くスタートすることが出来ます。消費者の動向を伺うという点ではモールの一部(テナントではなく通路)を借りて、1ヶ月~3ヶ月ぐらい運営してみるのが良いと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。