カウチサーフィン

特に仕事をしていると長期休暇を取ることは難しいですよね。そうするとやはり、英語を上達させるためのホームステイや留学などをしたいと思っていても、そんな時間もないという方も多いと思います。

しかし短期間の旅行や日本にいながら、英語や外国文化に更に触れ合う方法があります。そして、この方法を使うことによって、こちらが旅行に行くときのコストも下げることもできますし、日本にいるのであれば特にお金をかけずに外国に触れることができます。

こんな嬉しい方法は何かといいますと、カウチサーフィンです。

カウチサーフィンとは?

カウチサーフィンは以前メディアでも頻繁に取り上げられたので知っている人も多いお思いますが、簡単にどのようなものか改めて説明しようと思います。

カウチサーフィンとは、英語のソファーの意味を持つカウチとサーフィンを合体させた単語で、簡単に言うとその人の家のソファーをベッド代わりにして寝る場所を提供してもらうことです。

これを利用するためには、まずカウチサーフィンのウェブサイトに登録(https://www.couchsurfing.com/)が必要で、自分のプロフィールを記入する必要があります。

また見ず知らずの人の家に泊まるということですので、信頼を得るためにカウチサーフィン内のメンバーからの評価制度もあります。よって、カウチサーフィンに登録したメンバーは比較的安心してカウチサーフィンを利用することができるのです。

カウチサーフィンで泊まる場所が決まれば、英語圏に旅行するときにはその家の人と英語でコミュニケーションを取れ、またその国の文化を知る手段にもなります。

それに、もしステイ先の人と仲良くなれば、現地の旅行の案内もしてもらえるかもしれません。

ガイドブックに載っていないようなその地域の人だけが知っている場所に行くことによって、表面だけではないその国や地域のもう少し奥深くまで知れるというのも、カウチサーフィンの魅力の一つでしょう。それに加え、旅行の際のホテル代が浮くので一石二鳥とも言えます。

カウチサーフィンの魅力を並べてみると、カウチサーフィンはステイ先の人と上手く良好な関係が築けさえすればホームステイのようなものを体験できると思ってもいいかもしれませんね。

カウチサーフィンの体験

筆者自身はカウチサーフィンを利用したことはないのですが、カウチサーフィンを利用した友人がいました。彼女は日本人で、一人でヨーロッパを旅しました。旅費節約のためにカウチサーフィンを利用したと言っていました。ヨーロッパの特に英語圏ではない国を旅行したそうですが、ステイ先の人とは全て英語で話していたようです。

筆者はかねてから、特に女性にとってはカウチサーフィンって危なくないの?という疑問があったので、彼女に同じ質問をすると、「全然危なくないよ。むしろ色々助けてもらってこっちが感謝。」と言っていました。

また、中国語を勉強しているアメリカ人の友人も中国でカウチサーフィンを利用していました。この人は男性で、彼も旅費節約の目的もありましたが、中国語の勉強のためにカウチサーフィンを利用しているとのことでした。

泊めさせてもらっているときは、家の人は英語を話せなかったそうなので、完全に中国語を話していたそうです。また無料で泊めさせてもらっているため、家事などでできることがあれば率先してお手伝いしていたと言っていました。無料で泊めさせてもらっているため、こちらもこのような感謝は当然必要です。

このように筆者の周りのカウチサーフィン経験者は2人とも、カウチサーフィンについてポジティブな印象を持っています。しかし少し気を付けなければいけないことももちろんあります。一応カウチサーフィンのサイト内で信頼評価のページがありますが、やはり完全に知らない人の家に泊まることは少し抵抗がある人も多いかと思います。

カウチサーフィンは2004年から始まりました。それ以降カウチサーフィンを利用する人の中で大きな事件というのはあまりなかったようですが、それでも少なからず事件は起きています。

カウチサーフィンを利用する際は、評価制度があるとはいえ相手が信頼できる人かをきちんと見極める必要があります。女性で利用する場合は格段の注意が必要でしょう。

カウチサーフィンを使って日本で受け入れ

ところで、今まで私たちが海外に行くときの話ばかりしていましたが、日本でカウチサーフィン利用者を受け入れることも可能ですよ。外国にホームステイや留学に行く機会がなかなかとれないけれども英語の勉強もしたいという人や、仕事が忙しいけど土日なら何とか時間はあるという人にとってはカウチサーフィンの受け入れも多いにありでしょう。

受け入れ日数はこちらから相手に伝えることができますので、自分の負担にならない日数を言えばこちらもそんなに多くのストレスを背負う必要はありません。

カウチサーフィンで泊まった人と一緒に日本の観光をしたり、カフェやバーに行ってお話すると語学の向上につながるだけではなく、こちらも日本文化について新しく知ることも増えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。カウチサーフィンの醍醐味は世界中の人を繋ぐ新たな出会いです。新たな人との出会いは自分の経験値を上げるためにも大切なことです。

少し注意する点はありますが、特にあまり休みがとれないけれども英語や海外についてふれたいという人には特にオススメです。

旅行のときや、日々の日常にちょっと手を加えれば、より生活がカラフルになっていきます。少しでも興味があれば、カウチサーフィンを実際に利用するかしないかは別にして、会員登録だけしてみるのもありかもしれませんよ。

もちろん英語力が高ければ高いほど、楽しい英会話が出来ると思いますので、ぜひ独学・オンライン英会話などを通じて事前に英語力を高めておきましょうね。

マキ

おすすめ関連記事

今日から外国人と友達になれる【無料】ペンパルサイト15選
シェアハウスで外国人と暮らす事のメリット・デメリット
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

アメリカ留学→英語・中国語の翻訳家
アメリカのミネソタ大学を政治専攻及び中国語・中国文学を副専攻で卒業いたしました。社会体制がどのように社会に影響を及ぼすかについて学んでいました。

アメリカで5年生活していたため、英語の翻訳(日英・英日)を専門としています。また、大学卒業後に医療翻訳の仕事(海外主にアメリカからの有害事象を日本語に翻訳し、厚生労働省へ提出)に携わっておりました。翻訳の校正も可能です。TOEICは900点以上。

俺のセブ島留学さんでは、主にアメリカで使われる英語表現を、自身の留学エピソードも交えてご紹介します。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。