English Fella
http://blog.livedoor.jp/englishfella/

今回の留学生

・名前 Alex
・年齢 30代後半
・職業 会社員
・通われた語学学校 English Fella(Fella1キャンパス)
・留学滞在期間 2013年1月~12月

1,この学校を選んだ理由

・マンツーマンレッスンの時間が多く、各科目レベル別に授業が受けられる。
・フィリピンの中でも比較的治安の良い場所である。
・24時間使用できる自習室がある。
・日本人生徒が比較的少ない(ただし時期による)。
・授業料等は米ドルで支払うことになっているが、当時は円高だったため割安で申し込むことができた。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

大学受験以来、英語を本格的に勉強することになったので、まず初めに参考書と電子辞書を購入しました。

当時使っていた参考書は英語表現が古く、日常会話では使わない表現が多くあったため、新たに何冊か購入し留学するまでに自分に合ったものをチョイスする作業が必要でした。

電子辞書については、授業中に分からない単語が出てきた場合、すぐさま調べる授業の無駄を極力減らすことのできる必須アイテムでした。

ちなみにフィリピンでは、日本語-英語の辞書は売っていないため、電子辞書を落として壊したりすると非常に苦労します。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったもの

勉強面ではありませんでしたが、生活面では予想以上に日差しが強いときがあり、長ズボンは2枚も持ってこなくていい(靴も不要)と思いました。

フィリピンでも当然衣類は購入できますが、一般のモールでは日本のようなクオリティの高い衣類はありませんので、気になる方は予め余分にTシャツや短パンを用意されることをお勧めします。

また、蚊、アリなどの発生、停電は日常的によく起こりますので、何かしらの対策が必要な方は日本で準備されておかれた方がいいと思います。

4,学校の施設

校内はいつも綺麗に保たれおり、リゾート施設のような雰囲気があります。学校設備としては、スポーツできるバスケットボールコート、バレーボール、プール、ジムがあり、いつでも自由に飲めるウォーターサーバー、共用PC、洗濯機が設置されています。

なお宿泊部屋は1~3人用があり、部屋にもよるかもしれませんが広さも十分あります。また教室ですが、マンツーマンの教室は広くありませんが、グループレッスンの部屋はかなり広くエアコンが効いています。

5,授業のカリキュラム内容

一般英語コースだけでなく、ビジネス英語、進学英語、TOEIC、IELTS、TOEFLの試験対策コース、親子留学などがあります。

一般英語コースで最もポピュラーなESL-4コースでは、
・マンツーマン授業が4時間
・1:4グループ授業が2時間
・1:8グループ授業が1時間
その他、放課後に自由参加授業(基礎文法、基礎単語、上級単語、映画、日本語による基礎文法、TOEIC)を1時間無料で受けることができます。

6,最もためになった授業

その授業がためになるかどうかは、自分に合った良い先生を早く見つけることだと思います。

ちなみに私はGrammerクラスで使用していた教材、放課後の自由参加授業で使用していた先生お手製の教材がお気に入りでした。今でも時々それを見返して復習することがあります。

7,周りの環境、治安

学校は郊外の住宅地に位置しており、勉強に専念できる環境にあります。講義棟は、車の通りから離れているところに設置されているため、騒音は気になりません。

8,食事内容

私が在籍していた当時は、ほとんどが韓国料理(味は韓国人生徒いわく韓国料理もどき)がメインでしたが、現在は栄養の観点からも日本食も取り入れられており、3食ともかなりおいしくなっているそうです。

韓国料理は辛い味付けのものが多いので、辛いものが食べられない人は食事に苦労していました。なお朝食は2日に1回の頻度で、パンとフルーツが食べられます。

9,インターネットの環境

校内は主に2か所wifiスポットがあり、自由にインターネットを使えることができました。

ただし、フィリピン全般に言えることですが、インフラ自体が充分ではありませんので動画を見たり、ダウンロードすることは容易なことではありません。

10,その学校の最大のメリットを教えて下さい。

セブ中心部から車で30分のところにある比較的静かで落ち着いた環境、治安の良い場所に学校は位置しています。

専門科目ごとに講師を採用しているため、他の学校で見受けられるような講師別ではなく、科目別でレッスンを受講することができます。

また、各科目レベル別に講義を受けられるため、自分のレベルにあったレッスンが常に受けられます。仮に先生が合わなかった場合でも、2週間目以降、週単位で担当の先生を変えることができます。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

その人の目的によって留学の成功の意味は変わりますが、英語をある一定以上のレベルに引き上げようとするなら、日本語をいかに環境(頭の中)から排除することが英語上達の成功への近道だと思います。

12,その他、留学エピソードやアドバイス等

・セブ島はフィリピンの中では治安が良いとされていますが、窃盗等の軽犯罪は日常的に起こっています。

実際、毎月のように外出中に財布、携帯電話、カメラを取られた、なくなったと聞きました。外出時には最低限の荷物を持つだけでよいと思います。

・フィリピンの電気代は日本やシンガポールよりも高いと言われていますので、自習室などをうまく活用し節約しながら勉強を進めていくのがいいと思います。

・韓国人とルームシェアする場合は、エアコン代(エアコン代は別料金で支払うことになります。韓国では電気代は非常に安いためエアコンをつけっぱなしにする人が多い)、シャンプーなどシェアする文化なので気を配る必要があります。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。