世界一周

▶︎世界一周旅行完全ガイドTOPページへ戻る

今回の世界一周旅行者

名前:Mii
経路:日本(成田)→アメリカ(サンフランシスコ)→アメリカ(ラスベガス)→アメリカ(ロサンゼルス)→アメリカ(ヒューストン)→アメリカ(ニューオリンズ)→メキシコ(カンクン)→キューバ(ハバナ)→メキシコ(カンクン)→アメリカ(ニューヨーク)→ペルー(リマ)→ペルー(クスコ)→ペルー(アレキパ)→ボリビア(ラパス)→ボリビア(ポトシ)→ボリビア(ウユニ)→パラグアイ(アスンシオン)→アルゼンチン(プエルトイグアス)→ブラジル(サンパウロ)→ブラジル(リオデジャネイロ)→ブラジル(サルバドール)→ペルー(プカルパ)→ブラジル(サンパウロ)→スペイン(マドリッド)→スペイン(バルセロナ)→ハンガリー(ブタペスト)→クロアチア(スプリット)→クロアチア(ドブロクニク)→ハンガリー(ブタペスト)→ポーランド(ワルシャワ)→ポーランド(クラクフ)→リトアニア(ザグレブ)→ロシア(サンクトペテルブルク)→ロシア(モスクワ)→エジプト(カイロ)→エジプト(ルクソール)→エジプト(ダハブ)→トルコ(イスタンブール)→トルコ(アンカラ)→トルコ(イズミル)→インド(ニューデリー)→タイ(バンコク)→日本(成田)

使った目安の費用:総合計(生活費・観光費・交通費込)約170万円、交通費のみ約70万円

現在、若者中心に世界一周にあこがれる方が大変多いと思います。ただしあまりに漠然とした目標であり、具体的にどのようにしてルート設定したらよいか?費用はどのくらいだろう?と不安が先立ち、二の足を踏んでしまうと思います。

わたしも世界一周前は同じように全く分からずお手上げで、先人の体験談やレポートを調べて、情報収集をしました。わたしのルートや経験を参考にして、みなさん自分に合ったルートを探してみてもらえたら嬉しいです。

①世界一周前にどうやってルートを決めた?

まずは何も情報収集してない状態で自分の行ってみたい国、都市を書き出してみました。

http://bokutabikimitabi.com/sekaiissyuu-kikann-route-hiyou-3936.html
http://bokutabikimitabi.com/sekaiissyuu-kikann-route-hiyou-3936.html

(上記のイラストはサンプル例)そのとき思いついたのが10ヵ国程度。世界地図を広げてみて国を線でつないでみると、かなりスカスカで通り過ぎてしまう国がもったいない!と思い、世界遺産や世界一周の体験談の本、風景の写真集やバックパッカーブログ、世界のイベント情報などを探し、自分好みの都市を調べました。

そうしていくと、かなり行ってみたい国が増えていき、今度は治安や季節的に行けない国を削っていきました。日本で航空券を手配するときに、世界一周航空券か現地に行く先々で航空券を購入するかの2択がありました。

初めてののバックパッカー旅行、英語もほとんど話せないため、現地のエージェントを通してや現地語の航空会社のHPから航空券を購入するのは難しいと思い、世界一周航空券を購入しました。

その結果、世界一周航空券を利用した空路での移動は日本→アメリカ→メキシコ→アメリカ→ペルー→(陸路)→ブラジル→スペイン→(陸路)ロシア→エジプト→トルコ→インド→タイ→日本となり、細かな移動は現地で決めようと思いました。

出発前のルート決定はこの世界一周航空券のルールや予算で決定された部分がとても大きいです。

【参考にしたHP】
▶︎世界遺産ランキング
▶︎世界一周堂
他、各種バックパッカーブログなど

【本】
はじめての世界一周 (PHPビジュアル実用BOOKS)
キッズペディア 世界遺産
などなど、最寄りの図書館にある旅行関係の本を片っ端から読みました。

②実際に世界一周して気づいたルートに関する事

まず一番に言えることは、世界一周を日本で計画していた当初のルートとは、実際旅に出てみると必ず変更があるということです。途中で出会った旅人にお勧め情報をもらったり、実際に行ってみたらその国が気に入って、もっと多くの都市をじっくり見てみたくなったり。

その結果時間が無くなり、最後に行くはずだった国を省くという事も多々あります。私自身も元々ヨーロッパは西側を南から北に縦断する予定でいましたが、途中どうしてもロシアに行きたくなり、中欧を縦断しました。

日本にいたときは「そんな情報が全くなさそうなところ行けない!」と思っていた所が、旅慣れていくうちに行けるようになったりと変更することは大いにあります。

日本でルートを決める際のおすすめポイントは、期間が決まっている旅であれば、東南アジアなど日本から近い国はあとまわしにする事です。

東南アジアであればある程度、気軽に短期間で旅行することができますし、せっかく長期の時間をとって世界一周するのであれば時間を掛けてでないと行けない遠い国から優先的にすることをお勧めします。

さらに、ワイルドな旅ができるのも若いうちだけ、という事も念頭に置いた方がいいと思います。

好みの問題なので何とも言えないですが、ヨーロッパやアメリカなど比較的治安も安定しており、日本発着の安いパックツアーが多くあるような国は老後でもいくらでも行けます。

人生の中で一番若いのは常に「今」です。長距離バスを乗り継いだりボートで川を渡ったり、そんなワイルドな旅ができるのは若いうちだけなので、そういったルートを優先するのがいいと思います。

最初からルートをある程度決めて航空券を購入してしまうと、途中のルート変更が難しいというデメリットがあります。私が利用していた世界一周航空券のルール上、利用できる区間など限りがあるため、同じ国に戻ったり移動のロスが多かったです。

日本で例えると、成田空港に到着し成田空港でまた国外に出る航空券を持っているとします。計画当初は東京のみ観光する予定が、途中関西方面にも行きたくなってしまった。

そうなると成田空港に到着で関西空港から国外に出れば、片道だけ陸路で行けばいいので楽なのですが、成田空港発着の航空券を持っているとなると、関西からまた成田空港に戻らなくてはなりません。

復路分の移動が無駄になってしまいます。なのでルートを変更するのであれば行く先々で次のルートを決めて交通予約したほうが良いですね。

もちろん、途中でルート変更は絶対しない!という方は世界一周航空券や格安チケットを何ヵ月前から購入していた方が計画は楽ですし、安いです。

出発前は不安もたくさんあると思いますが、ルート計画はとてもワクワクしますよね。みなさん、ご自身にあった方法で楽しみながら検討してみてください。

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎格安航空券を利用して世界一周する方法 おすすめサイト3選

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎世界一周で役立つこと間違いなし!おすすめグッズ17選

▶︎世界一周旅行完全ガイドTOPページへ戻る

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
http://ceburyugaku.jp/40237/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。