ZEN English

ZEN Englishとは

ZEN Englishは2016年7月にオープンした日本人経営の新しいホテル型語学学校です。
ZEN English公式サイトはこちら

コンセプトは「真面目留学」!

真剣に英語力を高めたい留学生のみ、を受け入れることを目的とした学校です。

2016年オープンの語学学校ではありますが、元々は2009年から南フィリピン⼤学「USP」と提携して運営しており、そこを含めると語学学学校としての実績はかなり長いです。2016年にそこから独立し、日本資本による日本人専用の学校になりました。

ZEN Englishはこんな方におすすめ

・真面目な生徒と共に、真面目に勉強がしたい
・TOEICの点数を伸ばしたい
・フィリピン国内の大学へ進学したい
・夜間も積極的に授業が受けたい
・学校と宿泊施設の一体型の学校に留学したい

ZEN Englishの場所

ZEN Englishはセブ市内、Tsai Hotelというホテルの敷地内にある語学学校です。

この場所の特徴としては、
・中型のショッピングモールまで徒歩5分
・レストラン、WiFiが使えるカフェは徒歩圏内に多数
・タクシーも比較的取りやすい

加えて、
・セブ島の中心部アヤラモールという大型モールへはタクシーで約15分
・ITパークというレストランが多数あるエリアまでタクシーで5分

という非常に立地条件に恵まれた学校と言えます。もちろん、ここはアップタウンエリアなので治安も良いため、治安面を気にされている方も安心して留学出来ます。

ZEN Englishのカリキュラム 3つのポイント

①1日の受講時間数は3コースから選択

ZEN Englishの授業は全てマンツーマンレッスンです。
1日の受講時間は1日4時間、6時間、8時間のコースから選ぶことができます。

4時間コースが便利

他の学校ではあまりないですが、このZEN Englishでは4時間コースがあります。これは自習時間を多く取りたい方、ご自身の仕事を半日行いたい方に特におすすめのコースです。

ZEN Englishのほぼ真向かいに「FUJINOYA」というWiFi環境が整っているカフェがありますので、ネット環境が必要な方はここで仕事が可能です。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)

こちらがFUJINOYA。店内は席数が多く、食事やデザートも美味しい。WiFiはものすごい早いわけではありませんが、安定して使うことが出来ます。重いデータのやり取りでなければ問題無いでしょう。夜までは人も少なく、落ち着いて仕事や勉強が出来る環境があります。

②ZEN EnglishはTOEICに強い!

予め誤解のないように書いておくと、ZEN EnglishのカリキュラムはTOEIC以外にも、一般的な英会話コースもきちんとあります。英会話コースについては、スピーキングを中心としながら、発音を1日に1コマ入れることを推奨。1時間のレッスンで5単語覚えることを目標としたカリキュラムを作っています。

しかしながら、ZEN Englishが本当に強いのはTOEICです。

日本人スタッフ全員”も”TOEIC900点以上

ZEN Englishは授業を担当するフィリピン人講師だけでなく、日本人の代表者及びマネージャー全員がTOEIC900点ホルダーです。

フィリピン人講師がTOEIC900点を持っているのは、TOEICの授業がスムーズに進むという点でイメージし易いと思います。

では日本人スタッフがTOEIC900点を持っていると良い点はなんでしょうか?

TOEIC(リスニング・リーディング)は基本的に一人でも勉強が出来るものです。しかしながら、多くの方は点数を伸ばすことに苦労します。

というのも、TOEICを勉強するにあたって問題点が2つあるからです。

問題点①勉強方法そのものが間違っている。
勉強方法そのものが間違っているというのは、全くTOEICを勉強したことがない方やTOEICの点数が伸び悩んでいる方によく起こる現象です。どんな教材を使っていくべきなのか、どんな内容を中心的に学んでいくべきなのか、TOEICの点数を最短で上げるにはそれなりの「コツ」があります。
そしてそれは、本人の現在の得意分野や現在のレベルによって、アドバイスが異なってきます。

問題点②自分のやり方が正しいのか、間違っているのか、途中で迷う
TOEICを勉強していれば点数が伸び悩む時が必ず来ると思います。そんな時に自分のやり方が問題ないかどうか、客観的に判断してもらい、アドバイスが欲しいですよね。
こういった時に後押ししてくれるTOEIC900点ホルダーが近くにいる場合といない場合では、モチベーションが大きく異なってきます。

この両方の問題点に効果的なのが、ZEN Englishのチューター制度です。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

ZEN EnglishにはTOEIC900点以上の日本人スタッフが週1~生徒へ学習のアドバイスをする制度があります(これはTOEIC勉強に限らず全ての生徒が受けられます)。

「困ったらTOEIC900点以上のスタッフにアドバイスがもらえる」

これは日本でTOEICを勉強している方も喉から手が出るほど欲しい環境ではないでしょうか。しかも一人からではなく3名以上の日本人から多角的に意見をもらえる環境です。

なお、日本人スタッフはTOEIC900点取得以外にも以下の資格があります。

まずZEN Englishの代表は、シカゴ大学でMBAを取得している「MBAホルダー」。

続いて、マネージャーは二人いますが、そのうちの一人は現地のサンカルロス大学(フィリピン国内のトップ10大学の一つ)に通っている大学院生。そのため、フィリピン国内への大学進学のアドバイスが可能です。

もう一人のスタッフはフィリピン留学8ヶ月、スペイン留学1年、JAOS認定の留学カウンセラーの資格を持っています。そのため、2ヶ国留学への良いアドバイスを聞くことができるでしょう。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

ZEN Englishマネージャーのお二人

上記の経歴から全員が、ただTOEICの点数が高いだけでなく「英会話力」もきちんとあるのは言うまでもありません。

③夜間マンツーマン授業を受けられる

マンツーマン6時間以上のコースを選んだ方限定ですが、夜間特別授業を受講することが可能です(1コマ2時間2500円)。
これは、フィリピン人講師だけではなく、上記のTOEIC900点ホルダーの授業もマンツーマンで受講ができます。

TOEIC900点ホルダーのマンツーマン授業が「1時間あたり1250円」は、日本ではまず無理でしょう。かなりお得感があります。

その他のポイント

ZEN Engishは少人数制の学校

いくらチューター制度が充実しているからといっても、人数が多くなれば、一人に対するケアがどんどん薄くなってきます。この点でもZEN Englishは定員が20名ちょっとの小規模校であるため、手厚いケアが可能です。

2泊3日の超短期留学生も受け入れ

セブ島では現在、少数校しか行っていない2泊3日の超短期留学も行っています。忙しい方でも週末+有給を使って留学が可能です。

フィリピンの大学への進学実績

フィリピンの大学へ進学したい方はZEN Englishでサポートをしてもらうことが出来ます。マネージャーの二人が進学について熟知しているので、どのぐらい英語力が必要なのか、手続きはどうするのか、卒業後はどのような進路が多いのかなどを直に聞くことが出来るでしょう。

ZEN Englishの学習施設

学習施設はホテルの隣(徒歩5秒)のところにあります。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)

学校内の様子です。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)

基本的には一つ一つの個室ブースになっています(オープンスペースもありますので、そちらで授業を行うことも可能です)。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)

こちらが個室内の様子。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

ZEN Englishのテーマは「真面目留学」。自習スペースもしっかり設けていますので、授業の合間にも予習復習が可能。蛍光灯も明るく、夜までしっかり学習ができます。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

なお、テキストは学校でご自身にあったものを配られますが、自身で持ってきたものを使用することも可能です。特にTOEICの授業を組み込む場合は、公式テキストを1冊~2冊持ってきた方が良いでしょう。

ZEN Englishの宿泊施設

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 宿泊施設の様子

ZEN Englishの宿泊施設はTsaiと呼ばれるホテル内にあります。ホテルは2013年に建てられました。一般のお客さんも泊まっているので・・・

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 宿泊施設の様子

こういったロビーで会話できるチャンスがあるかもしれませんね。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

こちらが一人部屋。ベッド、エアコン、冷蔵庫、貴重品ボックス、電気スタンド、テレビ、ベランダ、勉強机、収納棚もあります。貴重品ボックスは初日から役立つのは間違いないですし、冷蔵庫は中~長期滞在の留学生には特に役立つはず。またテレビはNHKワールドが入ります!(NHKワールドは日本関係の事を主に扱っているので、一般的な欧米のニュースよりも、親しみやすく英語も聞き取りやすい特徴があります。)

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

こちらは二人部屋。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

こちらは三人部屋になります。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ) 

トイレとシャワー周りの様子です。

ZEN Englishの食事

こちらはZEN Englishの食事の様子。前菜+メイン2品+スープ+ご飯+デザートが基本スタイルです。日本人経営の語学学校なので、日本人に合った料理を提供しています。

ポイント!

食事は平日、土日、祝日問わず3食でますが、食事なしの留学プランを選ぶことも可能です。更に、1回毎に食事代(100peso~)を支払う方法も用意してくれています。
 

ZEN EnglishのWiFi環境

Tsaiホテル内と授業施設内の両方にWiFi環境があります。

時間帯によっては混み合って回線スピードが遅くなる可能性もありますが、徒歩圏内のWiFiが使えるカフェが夜遅くまで営業をしているため、WiFiで困ることはそこまで多くないはずです。

ZEN Englishの価格表の一部

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)価格表

マンツーマン4時間コースの場合、4週間の留学で3人部屋はもちろんのこと、1人部屋でも20万円を切っています(3食付き)。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)価格表

こちらがマンツーマン6時間コースの価格。こちらもホテル内にある語学学校としては、かなりリーズナブルです。

ZEN ENGLISH(ゼンイングリッシュ)価格表

こちらがマンツーマン8時間コースの価格。なお、食事なしプランや通学プランも別に用意しています。詳しくは公式ページからご確認ください。

ZEN Englishのギャラリー

 

公式サイトへ

ZEN English公式サイト

 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

2 コメント

  1. 18歳の娘と母親で1月から2ヶ月留学予定です。
    第一の目的は4月から大学生になる娘のTOEICの点数を上げる事です。
    治安や食事、Wi-Fi環境から考えるとここが良さそうですが決め切れません。
    アドバイスお願いします。

    (0)
    • 安井様
      ZEN Englishは私自身も留学した事がありますが、TOEICで高得点を目指す方にとっては良い学校だと思いました。TOEICはやれば伸びるので正直、日本でやっても海外でやってもあまり変わりません。ただし、モチベーションと自分のやっている勉強法への自信が続けば・・・です。1週間~2週間集中して勉強するのは独学でも難しくないと思いますが、1ヶ月~3ヶ月の期間で勉強するのであれば、きっと途中でブレてくると思います。その点ZEN Englishが違うのが、既に高得点を取得しているスタッフがチューターとして入り、サポートをする点です(少人数制の学校なのでスタッフとの距離が近い)。迷った時に頼れる師がいるのはやはり強いと思います。
      その他、治安面はもちろん大丈夫ですし、食事は豪華ではありませんが、味も良いです。学校には門限がありますが、門限ギリギリに帰る人はほぼいないぐらい真面目な方が多いです。

      とはいえ、初めてのセブ島留学はご不安な点が多いかと思います。なので、最初は2週間~1ヶ月程度の留学にして、現地で延長されるのも一つの手かと。そうすれば最悪、合わなかった場合に学校を変更することも出来ますので。もっとも、1月は問題ないと思いますが、2月~3ヶ月は繁忙期なので各学校かなり埋まる事が予想されます。その点だけご注意して頂ければ幸いです。
      以上になりますが、お答えになっておりますでしょうか。宜しくお願いいたします。

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。