【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

セブ島観光の人気No1のアクティビティといったら、なんだと思いますか?

セブには青く透明な海が広がっており、マリンスポーツやスキューバダイビングなどで訪れる観光客が大勢います。その中でも、セブ島観光のNO1のこちらは、マリンスポーツやスキューバダイビングをやる人もやらない人も同時に楽しめるアクティビティです。

また、友達同士や留学生同士、家族や社員旅行など、様々な場面で使えるアクティビティとなっています。

マリンスポーツやダイビングが苦手な人でも、青い海を堪能することができますし、ダイビングをされる方も、同じ船に乗って同じく楽しみながらダイビングのオプションなどを付けることができます。

一人一人様々なオプションをつけて遊ぶことができるので、とっても人気のアクティビティになっています!

そのアクティビティが『アイランドホッピング』と呼ばれるものです。

どのガイドブックにも紹介され、その他アクティビティを抑え常に堂々の第1位に輝いているアイランドホッピングを是非!堪能してください。

今回はセブ特有のこちらのアクティビティを徹底的に解説したいと思います。これを読んでポイントを抑えれば楽しめること間違いなしです!

1.『アイランドホッピング』ってなに?

日本人観光客が少ない!セブの海で最高の透明度を約束するスミロン島の魅力

アイランドホッピングとは、二ヶ所以上の島を巡りながら、シュノーケルやBBQを楽しむアクティビティのことを指します。

また、通称”アイランドホッピング”と呼んでいるところがほとんどですが、”アイランドピクニック”などと表現しているツアー会社さんもございます。

アイランドホッピングは、基本的にセブ島の国際空港があるマクタン島から船が出航しています。なので、セブシティなどに宿泊の場合は、マクタン島までタクシーで移動しなくてはいけません。セブシティの港からアイランドホッピングツアーはありません。

マクタン島の宿泊者またはマクタン島の留学生などは基本的に無料送迎がついているのでそれを利用して港まで行きます。

アイランドホッピングする島は、マクタン島から10分〜1時間ちょっとまでの様々な島へ行きます。行き先によって料金が変わってきます。また、アイランドホッピングは基本的にシュノーケルとお昼のBBQはセットになっています。道具の貸し出しも基本無料です。

シュノーケルはセブ島の海洋保護区と呼ばれるエリアで行われます。漁が禁止となっているエリアで、カラフルな魚がたくさんいてとても感動的です。

海洋保護区では必ずエントランスフィーと呼ばれる入場料がかかります。このフィーは、ツアー会社によって込みの値段であったり、別途支払う必要があるところがあるので確認しましょう。値段は行く島によってかわってきます。

お手軽コースや午前中のみなどそれぞれ独自のツアーを出しているので、道具がレンタル料金がかかったり、ランチが付いていなかったり、一つの島だけに滞在などというツアーもあるのでしっかりとツアー内容を把握しておきましょう。

island2

船はフィリピン特有のバンカーバートと呼ばれる船で行きます。アメンボ船とも呼ばれていて、両方に大きくアメンボのように足がついているのが特徴です。

このお陰で左右に揺れることがなく、船酔いをほとんどしません。また、セブの海は荒れていなければ大抵湖のように海が静かです。静かな海にこのバンカーボートのおかげで船酔いの心配はほとんどないでしょう。

2.どこで申し込めばいいの?

アイランドホッピングを申し込む場合、様々なルートがあります。今回は代表的なルート、そしておすすめのツアー遂行会社さんをご紹介していきたいと思います。

❶日本から旅行代理店経由

これはHISやJTBさんなど、セブのツアーパッケージと一緒に現地ツアーも予約する方法です。予約した旅行代理店で現地ツアーを一緒に取るとわざわざ人数や名前やホテルなどもうあらかじめわかっているので手間は省けて楽というメリットがあります。

また、同じ旅行代理店なのでなにかトラブルがあったときの対処も早いです。お値段やバラエティは少し衰えますが、オーソドックスなツアーが取り揃っているので、初めての方にはおすすめです。

もしツアーを旅行代理店で予約した方は、そこの現地オプショナルツアーを見てみると良いでしょう。また、セットだと安くなる場合もあるので最初にチェックするべきです。

▶︎JTBセブの現地ツアーを見る
▶︎HISセブの現地ツアーを見る

❷日本からその他代理店をインターネット経由で予約

私が一番おすすめするのはこちらの方法です。現在セブでもたくさんの現地ツアーの代理店があります。内容も豊富で値段も様々。選ぶのにとても労力がかかりますが、本当に良い旅行にしたい場合はきちんと調べて納得のいくものを選ぶべきです!

ですが、はじめて行く国はわからないことだらけ。アイランドホッピングに関してはこの記事を最後まで読んでしっかりと知識をつけて色々と比較して申し込んでみましょう!

私がお勧めする代理店はこちらです。

▶︎たびのたつじん
たびのたつじんというサイトです。セブ以外にも様々な国の現地ツアーをやっています。こちらは現地のマリン店などに委託しているため、安全に楽しむことができます。

▶︎JRエクスプレス
セブ島にある旅行会社です。アイランドホッピング以外にも様々なツアーを扱っています。また、まるごとパックというプランもあり、アイランドホッピングが終わったあと、10時まで車が自由に使えるので夕飯に出掛けたりマッサージしたり出来ます。

専用車なので、タクシーの運転手にうまく場所を伝えられないなどの煩いもありません。ご家族連れなどにはとてもオススメです!

▶︎VELTRA
私も色々な国にいく時にお世話になっているサイトです。本当に沢山のツアーがあり、値段も様々で自分に合ったプランを選ぶことが出来ます。アイランドホッピングもメジャーな島から時期限定の幻の島への上陸、またスミロン島という普段はないところへのアイランドホッピングなどもあります。

❸日本からダイビング・マリン店をネット経由で予約

アイランドホッピングだけに関して言えば、こちらの方法も私はオススメしています!なぜなら、ほとんどのダイビングショップやマリンスポーツ店がアイランドホッピングのツアーを出しているからです。

ダイビングよりもアイランドホッピングのお客様の方が多い!なんていうこともしばしば。笑

ダイビングショップやマリンスポーツ店でやるツアーの場合は、体験ダイビングがつけれたりジェットスキーが出来るなど、オプショナルが色々と選べるところがメリットとなります。また、お客様それぞれに合わせた細かな組み合わせが可能です。

現地についてからダイビングショップ店を見つけて予約もいいですが、夏休みやお正月などはどこもすぐに埋まってしまうので、なるべく日本からネット経由で予約した方が良いです。

私がおすすめするダイビングショップまたはマリンスポーツ店でのオススメはこちら。

▶︎アクアスケープ
シャングリラやムーベンピックホテルからほど近い場所にあるダイビングショップ店です。お手軽コースから満喫コースまであり、選べます。また、留学生向けの特別プライスなどもあります。

体験ダイビングやその他マリンスポーツも付けることができるのでお店の人に色々と相談して決めるのも手です!ご紹介した以外にも、『セブ ダイビング』で調べると沢山のダイビングショップが出てきます。ほとんどのお店でアイランドホッピングのツアーがあるので、自分なりに調べてみるのも楽しいです。

▶︎スコッティーズ
シャングリラリゾート内にあるダイビング・マリンスポーツ店です。ホテル内にあるので移動が楽!シャングリラ宿泊者であれば間違いなくこちらをおすすめします。

またこちらのショップは他にはあまりない半日ツアーもやっており、午前中はアイランドホッピングをして午後は観光したい!という欲張りな方におすすめです!基本アイランドホッピングは9時に始まり15時頃終わるのが通常です。

▶︎フリークルーダイビングセンター
日本人スタッフが必ず同行してくれるこちらのダイビングショップ。やはり日本人がいると安心感があります。船も自社ボートで新しく綺麗でそれでいて速いエンジンを積んでいるので島までの所要時間が他の船とは全然違うのが特徴です。

留学生向けのプライスも充実しており、スタッフの方も気さくでとても楽しいアイランドホッピングになること間違いなしです!

▶︎PCダイバーズ
ダイビングではとても有名なPCダイバーズさん。こちらでもアイランドホッピングを開催しています。一番人気のヒルトゥガン&パンダノンに行くことが出来ます。ダイビングも付けることができますし、帰ったらホテルのプールで遊ぶことも出来ておすすめです。

▶︎シーライオン
会計が日本円になっているのでわかりやすいのがこちらのダイビングショップ。Jパークリゾート前にあるスーパーや飲食店が並ぶモールの中にあり、海に行くにも終わって遊ぶのにも便利なところに位置しています。
シュノーケルとダイビングの中間である”サシーシュノーケル”があるのも特徴。ダイビング器材を背負って呼吸するので、水が入る心配がないのでシュノーケルよりも泳ぎやすいのが特徴です。

▶︎アクアマリン
バナナボートやシーウォーカー+アイランドホッピングなど、様々なパッケージが出されているマリンスポーツ店です。バスタオル貸し出しや貴重品預かり、プールが自由に使えるなど様々な特典がついています。
日本人も必ず同行するので、思いっきりマリンスポーツで遊びたい方にはオススメです!

❹セブ現地のパンフレットや現地ツアーデスクから予約

セブ島に着いてからのんびりと決めたい!自分の体調や天候の様子を見て決めたいという方も多いかと思われます。GWや夏休み、冬休みといった繁忙期以外でしたら、現地で決めても遅くはありません。

ただ、アイランドホッピングなどは準備があるため、遅くても前日の昼間ぐらいには予約しておくのがベターです。当日ではほとんど受け付けてくれないので注意しましょう。

現地で配られている無料冊子は3冊あります。
▶︎セブポット
▶︎セブトリップ
▶︎SAKURA
です。以前にこちらの冊子をご紹介した記事がありますのでご参照ください。
▶︎セブ島留学中に見たい!セブ島無料情報雑誌3つをさらりと比較

以上3つの冊子がセブ内の飲食店や大きめのホテルや日本人経営のお店などに置いてあるため、読んでみましょう。必ずアクティビティのページがあり、アイランドホッピングなどのご紹介をしています。こういったのを参考にして予約するのも手です。

ただ、予約はインターネットや電話になるので、ネット環境が整っていたり、電話も国際電話などになったり、連絡がすぐに帰ってこずに明日の予約が出来ないなどのトラブルも考えられるので、余裕を持って予約をしてください。

現地のツアーデスクは、必ず大手ホテルにはあるのでそちらを利用してもいいかもしれません。ただ、ほとんどの場合が日本語スタッフがいないために、交渉は英語オンリーになり、ツアーもほとんどが英語ツアーになる場合があります。

英語が得意ではない場合は、やはりあらかじめ日本での予約をおすすめします。

❺現地の客引きや現地の船長に直接交渉

バックパッカーでの旅行の方や、留学中でそこまでお金が出せない!という方は直接交渉という手もあります。

一つは、リゾートエリアを歩いていると必ず現地の人から『アイランドホッピング?』と声をかけられると思います。そこから交渉をします。人数が多い場合はこちらの方が有利の場合があります。

船一隻出すのに、いくらか?どこの島へ行くのか?ランチはついているか?シュノーケルの道具はついているのか?海洋保護区代は込みか?などを確認するようにしましょう。

ポイントは一人いくらか?ではなく、一隻でいくらか?です。大きさにもよりますが、船を出すのに2000〜3000Pが平均的です。そこから、どこまでその値段に含まれているのかを確認してください。

人数が多い場合は一人の値段がぐんと安くなりお得にアイランドホッピングできます。

二つ目は船に直接声をかける方法です。客引きからですとコミッションが発生するので少し高くなります。なので、直接港に行き、暇そうな船に手当たり次第声をかけて交渉するという方法です。

繁忙期以外は暇な船がたくさん港に停まっているのでチャンスです。ただ、客引きみたいに英語が堪能な船員はほとんどいないため、交渉は困難になるかと思われます。少し無謀にも思えますのであまりオススメはしません。

どちらの方法も、船員と英語はうまく通じない、そしてフィリピン人は非常に楽観的な性格なため、ちょっとのトラブルでも気にしません。フィリピン人だけの船員でアイランドホッピングへ行って、遭難しかけた!というトラブルを多く耳にします。

なるべくなら、信頼できる代理店を通して日本人スタッフがいるお店を選んだ方がアイランドホッピングは楽しめると思います。

3.1日の流れは?

3-1.9時頃 お店に集合、または送迎車でお店へ

3-2.9時半頃 船に乗り、最初の島へ移動。

基本的には海洋保護区があるオランゴ島やヒルトゥガン島が多い。ナルスアン島に行く場合もあり。

3-3.10時過ぎ 最初の島でシュノーケルを開始。

SEALION

綺麗な海洋保護区でシュノーケルしたり、追加したマリンスポーツなどをやります。

3-4.11時半頃 ランチ

アイランドホッピング

お店にもよりますが、船で船上BBQをするか、次の島へ移動してその島に上陸してBBQをします。

3-5.13時頃 二つ目の島で遊ぶ。

アイランドホッピング

基本的に一つ目の島はシュノーケル、二つの目の島は上陸をして島で遊ぶことが多いです。なので二つ目の島は上陸ができる島がほとんどです。(ナルスアン・パンダノン・カオハガン・ソルパなど)。一つ目の島で行くオランゴ島やヒルトゥガン島は基本的に上陸はしません。船の周りに停船して、シュノーケルを楽しみます。

3-6.14時頃 マクタン島に向けて帰宅準備。

アイランドホッピング

だいたいマクタン島まで1時間前後かかります。船でのんびりとくつろぎましょう!この頃には船にいる全員皆んな友達という感じに仲良しになっています!

3-7.15時頃 マクタン島のお店に戻る

アイランドホッピング

そこでシャワーを浴びて着替えたり、またはお店によってはプールやビーチなど施設が使えるところもあります。遊び足りない方は遊びましょう。

解散

という流れになります。基本的には丸一日使い、解散は15時を目安に思っていただければと思います。ただ行く島ややるアクティビティによっては17時までかかる場合もあります。

それ以降にレストランの予約やマッサージの予約をする場合は、18時以降にしたほうが無難です。

JRエクスプレスのまるごとパックでは、そのまま専用車を使えるのでセブシティに行ってディナーなども出来るので楽々で色々と楽しめるのでオススメです!

夜にマクタンからセブシティのご飯などは、タクシーは乗車拒否などや渋滞などで一苦労します。専用車があれば安心安全!家族連れの方は是非こちらを使ってみてください。

4.必要な持ち物は?

必要な持ち物はこちらです。

・水着
・着替え
・タオル(貸し出しがない場合)
・サングラス
・日焼け止め
・少額のお金
・濡れても大丈夫なカバン
・パーカーなどの上着(肌寒い場合もあるので)
・サンダル

基本的にはほぼなにも持っていかなくて大丈夫です。水着はあらかじめ着て行きましょう。着替えは忘れずに持って行ってください。濡れたままではタクシーや送迎車に乗れない可能性があります。

お金はすでに支払い済みの方は、ほとんど持っていかなくて大丈夫です。盗難の可能性もあるので、少額をどこかカバンの中に入れて持ち歩きましょう。

5.だいたいの金額の目安

アイランドホッピングの平均的な金額です。あくまでも平均ですので参考程度にお願いします。主に人気の島とアクティビティを抜粋しました。

・ヒルトゥガン島シュノーケル+ソルパ島上陸BBQ付き
3000P〜4000P前後が平均金額です。ソルパ島がマクタン島から近いのもあり値段が比較的安く抑えられます!

・ヒルトゥガン島シュノーケル+パンダノン島上陸BBQ付き
4500P〜7000P前後が平均金額です。パンダノン島がほぼボホール島という近くの島になり、マクタンから1時間半ほどかかるので金額が上がります。ですが、おすすめでも挙げたようにパンダノン島は素晴らしい島なので是非行ってみてください!

・海洋保護区(オランゴorヒルトゥガン)+カオハガン島上陸BBQ付き
4000P〜5000P前後が平均金額です。珍しい島へ上陸したいなら断然カオハガン島です!なにもないのんびりとした島でゆっくりしましょう!

・海洋保護区+島上陸+体験ダイビング+BBQ付き
5000P〜7000P前後が平均金額です。島上陸がパンダノンかどうかで値段が変わります。パンダノンだと高いですが、その他の島だと比較的安く行けます。体験ダイビングオプションは、普通に体験ダイビングのみで申し込むより安くなるのでアイランドホッピング+体験ダイビングがおすすめです!

・海洋保護区+島上陸+バナナボート+BBQ付き
4000P前後が平均金額です。バナナボートは比較的無料でつけられるところが多いです。なので金額もそんなに変化しません。バナナボートに乗りたい場合は、ダイビングショップで予約するのではなく、マリンスポーツ店で予約するのがベターです。

お店によって、海洋保護区代が別だったり、お酒がオプションだったりビール1本は最初からついてきたりする場合があります。また、飲み物も基本フリードリンクだったり、水とジュース一つずつだったりと色々とあります。

これに関しては、HPを見るだけではわからない部分もあるので直接問い合わせてみてください。

6.セブのマクタン島から行けるアイランドホッピングの島々

オランゴ島

アイランドホッピング

マクタン島からわずか15分前後で行ける一番近い島がオランゴ島です。近いので船酔いの心配もなし!また午後に予定があって早めにアイランドホッピングを終わらせたい方はオランゴ島がオススメ!

こちらの島は住民が住んでおり1995年時点で人口は21,928人!小さい島ですがたくさんの住民が住んでおり、田舎な雰囲気が漂っていてのんびり出来る島です。フィリピンは子沢山なので人口はもっと増えていることでしょう。

オランゴ島には海洋保護区があり、シュノーケルやダイビングをするのにも最適です。また上陸することもできるのでのんびりとした島風景を見るのも楽しいです。

ヒルトゥガン島

アイランドホッピング

人気NO1の離島はこちら、ヒルトゥガン島です!人気の理由はその透明度の高さ!そして魚の種類の豊富さです。ヒルトゥガン島には基本的に上陸は出来ませんが、シュノーケルやダイビングで毎日多くの人が訪れている島です。

マクタン島からはだいたい45分ほどで到着します。海洋保護区になっており、餌を投げるとたくさんのカラフルな魚がよってきてまるで水族館の中に入っているような感覚に陥ります。

アイランドホッピング

シュノーケルも十分に楽しめますが、ここでする体験ダイビングは格別です!是非体験ダイビングをしてみてください。また、パラセーリングなどで空からヒルトゥガン島を眺めるのも楽しいです。

ナルスアン島

長い桟橋が有名なナルスアン島。この橋を目当てに訪れる観光客がとても多いんです。また、海洋保護区でありシュノーケルの施設が整っていて安心して楽しむことができます。

また、一周10分もかからない小さな島ですが、宿泊施設が一つあるのが特徴。時間がある方は是非この何もない島でのんびりと夜を過ごしてみるのも楽しいです。

ナルスアン島にはレストランもあるので、このレストランでBBQをするというツアーも多いです。

ソルパ島

アイランドホッピング

オランゴ島のすぐ隣に位置するこちらの島。オランゴ島の住民が管轄している無人島です。干潮時には歩いて渡れるほど。こちらの島もとても小さく、いくつかBBQをするコテージがあるのみとなっています。

【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

ですが、この島はなんといっても海が綺麗!潮の満ち引きで印象は変わってきますが、ある程度満ちていればすごく綺麗な海に出会えること間違いないです!

カオハガン島

アイランドホッピング
photo byセブ島在住写真家 西林

日本人が所有する島として有名なカオハガン島。宿泊施設もあり、人口は600名前後。なにもなくて豊かな南の島として売り出しており、とても人気な島の一つです。

アイランドホッピング
photo byセブ島在住写真家 西林

こちらの島に上陸するツアーが少ないですが、是非行ってもらいたい島の一つです。もしもアイランドホッピング2回目で行く島に悩んでいる方がいるのであれば、カオハガン島をおすすめします!

パンダノン島

【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

天国に一番近い島として私が勝手におすすめする島がこちら!笑
パンダノン島です。その理由は白く綺麗なホワイトサンドが広がるビーチ。そして限りなく遠浅の美しすぎる海の色。気さくな島民の子供達です。

【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

パンダノン島は住居地区と観光用の地区が分かれているのが特徴で、細く長く伸びた白い砂浜を求め多くの観光客やフィリピン人までもが訪れています。土日は特に大混雑していますが、おすすめは平日です!

【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

ほとんど誰もいない綺麗なビーチで写真を撮れば映えること間違えなしです!ただ、ウェディングドレスなどを着ての撮影は禁止されているのでご注意ください。

セブ島のビーチの写真は必ずパンダノン島が使われているといっていいほど、綺麗な島で有名です。

7.絶対に行くべき!おすすめの島

私がおすすめする行くべき島は!この島です!

ヒルトゥガン島

海洋保護区でNO1の透明度とカラフルな魚の数を誇るヒルトゥガン島です!海に入るとそこはまるで水族館!水槽にぽちゃんと落ちてしまったような魚の豊富さに驚くこと間違えないです。

最初のシュノーケルで訪れる島は、なるべくならヒルトゥガン島をオススメします。オランゴ島などとは比較にならないくらいに美しいです!

パンダノン島

アイランドホッピング

二番目に訪れる島として絶対的にオススメするのがこちら!パンダノン島です。上記のパンダノンの写真を見てわかるとおり、白い砂浜と遠浅の透明度の高い海と青い空のコラボがとても綺麗!

特に写真を撮りたい!という女性の方にオススメです。いい写真絶対に撮れます。

まとめ

【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

アイランドホッピングのことを少しでもおわかりいただけたでしょうか?アイランドホッピングとは、船に乗り、島を巡りながらシュノーケルを楽しみ、BBQを楽しみ、船で優雅にビールを飲むアクティビティです!笑

お酒はオプションで付けられるのでお酒好きの方は是非つけてみてください。青い空と青い海、心地よい風を浴びながら船の上で飲むビールは格別です!

アイランドホッピングとは貴族の遊びだ!という人がいるくらい、優雅なものなんです。

http://www.bottoo.com/blog/2014/06/madam-visited-white-beach-in-moalboal.php
http://www.bottoo.com/blog/2014/06/madam-visited-white-beach-in-moalboal.php

せっかく海外に来たのですから、日本では出来ないアクティビティをめいいっぱい堪能していってください。

また、何回かアイランドホッピングに参加する機会がある方は、是非訪れる島を変えて参加してみてください。それぞれの島にはそれぞれの特徴があります。

すべての島に訪れましたが、本当にそれぞれ特色があり、どの島も本当に楽しいです!最高です!一番最初のアイランドホッピングはヒルトゥガン島+パンダノン島がおすすめです!

その後にまだ機会があるようでしたら、オランゴ島+カオハガン島やオランゴ島+ナルスアン島など訪れてみてください。また、ヒルトゥガン島のダイビングは最高です!スキューバダイビングをしたことない方も、体験ダイビングで気軽に参加出来ます。

是非ヒルトゥガン島の綺麗な海を堪能して欲しいと私は切に願います!

アイランドホッピングor離島に関するその他の記事はこちら

▶︎セブ島観光はこれがおすすめ!絶対にするべき BEST10

▶︎マクタン島から1番近くてキレイな島!ソルパ島の魅力
▶︎マクタンの10倍キレイな海へ!天国に一番近い島、パンダノン島
▶︎【動画付き】マクタンからわずか30分!プロダイバーも唸らせる「ヒルトゥガン島」の魅力

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

マクタン好きのプロダイバー
月1セブを目指しながら東京とセブの往復をしている美穂です。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。
現在ダイビングCカードのランクはダイブマスターという、プロの仲間入りのランクです。
ダイビング始めて5年!まだまだ世界の海を潜り尽くしたい!

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
Facebook常時更新中!
https://www.facebook.com/tabijyoshi.miho/

2 コメント

    • 5の項目の金額はすべて一人の値段です。主にいろんなツアー会社・ダイビングショップの平均的値段です。1ペソ=2,5円ほどで計算していただければと思います。
      だいたい8000円〜10000円ほどですね。

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。