外国人シェアメイトと共に暮らす3つのメリット・デメリット
http://www.vichouse.org/twin-share-room/

これから留学やワーキングホリデーを利用して海外へ行こうと考えている人にとって心配の種の一つとして考えられるのは、向こうでの日常生活が挙げられると思います。

同じ日本人と住むことももちろん出来ますが、せっかく海外に行くのなら日本人以外の外国人と住むことをオススメします。今回はそんな外国人のシェアメイトと住むことで得られるメリットと、デメリットを紹介しようと思います。

不安?外国人とのシェアメイトするメリットデメリット

メリット1  英会話の練習になる

英語学習者がはまりがちな罠!知っていると使えるは全くの別物という事実!

外国人のシェアメイトと共に暮らすことで一番得られるものは、自分の英語力が伸びることです。留学やワーキングホリデーをするのは英語の勉強の為である人がほとんどだと思います。

少しでも自分の英語力を向上させたいという気持ちがあるならば、外国人と一緒に生活をすることで自分の英語力を向上させることが出来ます。

ヨーロッパや南米と色々な英語の発音の違いもあるし、普段の挨拶から日常会話まで全てそこでは英語でやり取りをしなければなりません。

初めは聞き取ることで精一杯になると思いますし、分からない単語を言われて理解出来ない場合もありますが、その場で毎回分からない単語や会話のフレーズについて「それどういう意味?」と質問を繰り返し、教えてもらうことで頭の中で記憶され、自然に自分もそのフレーズを使えるようになります。

またそれぞれの国の英語の発音も学べるので英語の勉強にはいい環境であるし、そうやって少しずつ自分に自信を持つことで外国人とのコミュニケーションがスムーズになり、より仲良くなります。

メリット2 それぞれの国の文化を学ぶことが出来る

次に得られることは、それぞれの国の文化を学ぶことが出来ることです。もちろん全世界から英語を学ぶ為や働きに来るたくさんの外国人がいます。

今まで日本の文化の中で育ってきた皆さんにとっては外国人の一つ一つの行動や慣習に驚くと思いますが、それを含めてその国の文化なので、否定するのではなく受け入れる心を広く持つことで友情も深まります。

一緒に住むことで私達日本人が外国人に日本食を、外国人がそれぞれの国の伝統料理を私達日本人に作ってくれて一緒に食べたり、宗教のイベントを知ることも出来るし、生活スタイルも同時に知ることが出来ます。

一緒に住むことでしか分からないことはたくさんあります。その一つ一つを楽しんで生活することで海外を満喫出来ると思います。

メリット3 世界中に友達を作ることが出来る

短期留学で失敗しない!現地で実践したい7つの英語スキルアップ法

現在日本にはたくさんの外国人が旅行をしに世界中から訪れていますが、普段の日常生活では外国人とそんなに会ったり遊んだりしたりする機会は少ないと思います。

留学やワーキングホリデーではその真逆で、たくさんの外国人と出会う機会があります。学校はもちろん、職場や外国人はフレンドリーなので公園等での何気ない会話で仲良くなる可能性もあります。

最初は英語に自信が無いと思いますが、大切なのは英語の能力ではなく、とにかくあなたと仲良くなりたいという意思をジェスチャーや表情、リアクションで表現することがとても大事です。

海外に行って日本人としか仲良くできなかったということはほとんど無いと思います。シェアハウスで仲良くなった友達とランチに行ったり、ドライブ、海に行ったりたくさん楽しいことがあり、その楽しい気持ちを共有できます。

これほど嬉しいことは無いと思います。ただ一緒に住むというのではなく、そうやってコミュニケーションを積極的に取り、仲良くなることでお互い自分の国に帰った後でもFacebookやInstagramなどのSNSで連絡を取り続けることができます。

デメリット1 信じすぎるのは良くない

今までは外国人と住むことで得られるメリットを紹介しましたが、それとは逆に外国人と住むことで色々デメリットもあります。

先ほども言いましたが、皆さんと同じように世界中から留学や働きに来る外国人がたくさんいます。そしてその彼らと一つ屋根の下で一緒に生活をするということはいい面もありますが悪い面も同時にあります。

一生懸命コミュニケーションを取って仲良く暮らしていたのに、自分が買った食べ物が無くなってるとか、勝手に自分の持ち物を使われていたりします。最悪のケースは金銭を盗まれるとか、ケンカになることもあります。こんな悲しいことは無いです。

今まで仲良くやってきた人がそういったことをする可能性もあります。もちろんそんなことをする人は少ないと思います。

ほとんどの外国人はフレンドリーでいい人ばかりなので仲良く楽しく生活してもらいたいですが、国も文化も違う外国人と住むということでこういったことが起きることもあるので、過信はせず、常に貴重品や大切なものは大切に保管することをオススメします。

デメリット2 生活リズムの違いでストレスを感じる

おそらく皆さんが海外に来た直後は学校や家や普段の生活に慣れることで精一杯になると思います。それも最初の一ヶ月辺りを過ぎると徐々に慣れ始め、自分なりの生活リズムが作られると思います。

人それぞれ生活リズムが違いますし、慣れから生まれる気の緩みでお互い迷惑をかけてしまう可能性があります。例えば外国人はパーティーが好きです。

日本にはあまりない感覚ですが、彼らはシェアハウスでお酒を飲みながら音楽を大音量で流したり、それに合わせてダンスを踊ったりします。

これも彼らの文化だから仕方ないと思う人もいますが、中にはうるさくて寝られないとかストレスを感じてしまう人もいると思います。

耐えられなくなったら引っ越しをして家を変えることも出来ますし、そのシェアハウスを管理するオーナーに連絡を取って対処してもらうか、直接本人達に後で自分の気持ちを伝えることで問題は解消できると思います。どうせなら静かにのんびり暮らしたいですよね。

デメリット3 伝えたいことをストレートに伝えることが出来ない

英語の発音

これが一番シェアハウスで生活をする上でストレスを感じることだと思います。英語が出来る人は特に問題は無いと思いますが、これから英語を勉強していく皆さんにとってはこれほど大変なことはないと思います。

シェアハウスには色々ルールや役割分担がされており、何曜日は台所を◯◯さんが綺麗に掃除するとか、それぞれやらなくてはならないことがあります。だけどその役割をやらない人がいたり、自分で使った食器を洗わないで放置してる人がいたりします。

そういった状況でそれを改善してもらいたいことを、日本語でなら簡単ですが英語で伝えなければなりません。どう言えば分かりやすいのかその単語の選び方や言い回しに悩んだりしてしまい言いたいことがストレートに伝えることが出来なくなってしまい、普段の生活の中で相手への感謝の言葉や何気ない時に言いたいことが自然と出て来ないもどかしさで自分の英語力に落ち込んでしまう人もいます。

これを解決するためには、やはり日々の勉強や外国人同士で会話している場面で耳を傾けて、その単語やフレーズを盗んで反復して使うことで問題は解消されると思います。

まとめ

最後に皆さんに伝えたいことは、英語を学ぶ為には外国人とシェアハウスで一つ屋根の下で一緒に生活をすることで本当に英語力は伸びます。

不安や恐い気持ちも分かりますが、こんなに良い環境は日本人と住んでは分からない楽しさがありますし、それらの気持ちも全て合わせて留学やワーキングホリデーを楽しんでいただけたらなと思います。

その他関連記事はこちら
▶︎【東京中心】シェアハウスで外国人と交流!ゲストハウスが探せるサイト18選
▶︎英語を学ぶなら国内留学!?シェアハウスで外国人と暮らす事のメリット・デメリット
▶︎10,カナダ留学中のホームステイやルームシェアはどうだった?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。