体験談
http://www.cebu-english.com/school/25607/

今回の留学生

・お名前:リナ
・ご年齢:21歳
・ご職業:学生
・通われた語学学校:University of Visaya ESL (UV ESL)
・留学滞在期間:6週間

1,この学校を選んだ理由

この学校を選んだ理由は、University of Visaya ESL (UV ESL)ではIELTの勉強をできるという点と、規則がそこまで厳しくなく楽しみつつ勉強できる環境であると同時に清潔であり、しっかりとしたサポート体制があると感じたため選びました。

私の主なフィリピンへの留学の目的はIELTのスコアを上げることでした。

フィリピンには多くの語学学校があって中には門限や規則がとても厳しかったりフィリピン人の先生による授業がとてもゆるかったり、日本人が多すぎて結局日本語しか話せないなどといった評判を調べていけばいくほどなかなか選ぶことができなかったです。

その中でUniversity of Visaya ESL (UV ESL)が私の中でピンときました。University of Visaya ESは、韓国人経営であるため日本人だけではなく韓国人の留学生の方々も多くいます。

尚且つ先生の質も良く寮などの環境もとても整っており、留学中に英語の勉強をしっかりでき、尚且つ勉強だけではなくフィリピンでしかできない体験もできると感じ自分にぴったりだと思い選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

フィリピン留学前は、TOEFLの勉強を主にしており単語やリスニングなどに力を入れ勉強していました。中でもTOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語1日1レッスン20日で完全マスターという単語学習のための本を使って特に勉強していました。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

実際に留学してみて、私は準備が足りなかったという印象は受けていませんでしたが、多くの現地であった日本人が言っていたのは何も準備せずに語学留学へ来て、マンツーマンの授業を受けてみると英語も聞き取れず言いたいことも単語がわからずなんて言えばいいのかわからないといった悩みを多く聞いていました。

基本的なリスニングや単語をしっかり覚えていくと授業を楽しく受け、勉強できると思います。

4,学校の施設について

University of Visaya ESLは、ビザや大学という医学大学の中に併設して建てられています。校内に寮もあり歩いても約3分程度で部屋から教室まで行けます。寮の前には常にガードの方がいて治安面でもとても安心でした。

しかし、寮のご飯は韓国人経営であるためかキムチなどの辛い韓国料理などが出ることが多かったです。学校の周りにすぐスーパーや飲食店が多くあるので、私は殆ど外食をしていました。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

私が選んだカリキュラムは最初、IELTSを勉強している生徒がおらずグループ授業の時に対応できないために選ぶことができず、TOEICのIBTのコースを選びました。

しかし、日本人の担当の方に相談するとすぐに私だけのカリキュラムを組んでいただきIELTの授業を受けることができました。私はマンツーマン2コマ、小グループ1コマ、グループ1コマ、ビジネス英語という授業を取っていました。

University of Visaya ESL (UV ESL)では、ネイティブの先生がおられビジネスプレゼンテーションを通してディスカッションするという授業があり、フィリピン人だけではなくネイティブの先生からも授業を受けれます。

また、先生が合わない場合やグループ授業も様々なタイプの授業があるので、自分が興味のある授業に変更をするなどと気軽に変更可能でした。

6,最もためになった授業は?

私が最もためになったのは、ネイティブの先生がやられているプレゼンテーションの授業です。私自身、人前に出てプレゼンテーションをするのがとても苦手だったので、この授業では少人数で先生が直に指導してくれるのでとてもいい経験になりました。

7,周りの環境、治安の様子

University of Visaya ESL (UV ESL)の周りは五分ほど歩けばショッピングモールが二つほどあり、またタクシーに乗って10分ほどでとても大きなモールに行くことが可能です。

周りにも幾つかの語学学校が点在するため、治安も良く夜でも学校の友達と近くの飲食店に歩いて行っても何ら問題がないほど治安が良かったです。

しかし、大通りを少し外れると貧困層の方々がいる地域もあり少し怖い印象を受けたことが何度かあるので、女の子は特に気をつけたほうがいいと思います。

8,日々の食事内容

日々の食事は朝ご飯は時間が決められており、二限始まりの授業の時は自分でりんごやスナックなどを学校に持って行き授業の前に食べたりしていました。

昼ごはんは寮で提供されるご飯を食べ、夜ご飯は近くに多く飲食店があり値段も安いので外食を主にしていました。University of Visaya ESLは、韓国人経営であり多くの韓国人もいるため、ご飯が韓国風なものが多いです。

また、中には男の人には少し量が少ないみたいで学生たちはカップラーメンを買っておいて夜中にカップラーメンなどを自分で作って食べている人もいました。

9,インターネットの環境について

インターネットの環境は主に、学校の一部と、寮にはWi-Fiが設置されています。部屋によってはWi-Fiがなかなか接続の悪いところもあるので廊下に出てインターネットを使っている人もいました。さほど不便に感じることはなかったです。

10,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

私が考えるフィリピン留学を成功させるコツは、フィリピン留学で語学力を上げたいのなら日本人だけではなく外国人の友達を作ったり学校の先生とたくさん会話したりすることです。

フィリピンに留学に来ている方は様々な目的を持ってこられているので、中には毎日遊んでいる方もたくさんいました。その中で、自分もそれに流されて遊んでいたら、語学留学ではなく旅行のようになってしまうと私は思ったので、自分の中で楽しみと勉強を調節しつつフィリピンをおもいいきり楽しみながら勉強したらいいと思います。

11,その他

フィリピンは治安が悪いと思われがちですが自分でしっかり夜は一人で出歩かない、危ないところへは行かないなどしっかり守ればフィリピンは気候も温暖で綺麗な自然が多くありとて語学留学をするにあたり欧米圏に比べ、手頃でとても良いと思います。

私自身フィリピンで多くの友達を作ることができ、現地で様々なところに旅行したり日本でも連絡を取り合ったりと語学だけではなく様々な経験ができました。是非フィリピンでの留学を有意義なものとし楽しみつつ勉強してください。

その他、留学体験談はこちら
▶︎英語×プログラミング!NexSeedでのエンジニア留学体験
▶︎自由な校風とカリキュラムが特徴!CROSS×ROADの3ヶ月留学で得たもの
▶︎EIEN POWER(マニラ) & UV ESL(セブ)の2校へのフィリピン留学体験談

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。