世界一周旅行完全ガイドTOPページへ戻る

今回の世界一周旅行者

名前:ウニ子
経路(合計5カ国):出発地点 東京(日本)→カルガリー(カナダ)→サンパウロ(ブラジル)→ケープタウン(南アフリカ)→パース(オーストラリア)→シンガポール(シンガポール共和国)→到着地点 東京(日本)
費用(およそ):宿泊・航空券70万、食費20万、雑費5万 合計95万程
時期・日にち:5月・移動合わせて合計14日間
航空券:エコノミー
プランを予約した旅行会社:世界一周堂(http://www.sekai1.co.jp/
選択プラン:14日で五大陸プラン

今回の旅行者について

2週間で世界一周!世界一周堂の五大陸プランのメリットデメリット

20代後半女性です。20代半ばより仕事が休みである土日に、国内1人旅を行うようになりました。

夜行バスや新幹線、飛行機を利用して全国各地を周りましたが、それまで海外へ出た経験がなく、今回ご紹介する世界一周旅行で初めて海外へ行きました。

英語も話せない、地理にもあまり詳しくないという事で最初は世界一周といっても何から決めればいいのか判りませんでした。おまけに仕事もそんなに長くは休めない、費用もそこまでかけられないのです。

しかし世界一周堂という旅行会社と出会ってから、すんなりルートを決められました。女性1人でも安心して、尚且つお手軽に世界を周る事の出来るプラン、ルートをご紹介したいと思います。

是非世界一周を考えている方は参考にして下さいね。

ルートの決め方 大陸ずつに分けて決める

まず世界一周といっても、世界の国々を全て周るのはとても大変です。期間も短く見積もっても1年、費用も切り詰めたとしても150~200万以上はかかるでしょう。

しかし周るルートを、「大陸ずつに分けて決める」事によって、一気に期間も費用も抑える事が出来るのです。

例えば私が周ったルートですが、日本を出発してまず北米はカナダ、南米のブラジル、南アフリカはケープタウンへ行きました。そしてそこから更にオーストラリアのパース、そしてアジアであるシンガポールを周り日本へ帰る、というものです。

5つの大陸を渡りますが宿泊は僅か10日間、飛行機での移動も含めれば14日、つまり2週間という短さで世界を周れるのです。

ルートの決め方 西・東周りで決める

世界一周

もう1つルートの決め方があります。世界を西か、それとも東から周るかで決めるのです。例えば西周りならばアジア→ヨーロッパ→南米→北米というルートだと、周りやすいでしょう。

このようにどちらから周るのか決めてから、ワンワールドという予約サイトで周りたい国を決めましょう。すると、大体の費用や航空券はあるのか等もすぐに調べられます。
(ルート検索はこちらが便利です:https://rtw.oneworld.com/rtw/

ルートの決め方 旅行会社のプランで決める

私がこのルートを決めたのは、旅行会社である世界一周堂さんからでした。元々4~5大陸を周ろうと思っており、首都都市等もある程度候補に挙げていたものの、なかなかこれだと思うルートが見つからなかったのです。

そこで世界一周堂という旅行会社を見つけ、その会社のプランで14日で五大陸プランを周れるというものがあったのでした。これならば5月のGW時期に世界一周が可能ですし、自分の周りたいプラントも合致していると感じてすぐに申し込みをしたのです。

もしも自分のオリジナルルートで決めるのが難しいという場合は、いっその事旅行会社のプランで決めてみるのはいかがでしょうか。航空券もまとめて予約、世界一周航空券も取れますから、とても楽ちんですよ。

世界一周をして気づいた事

ワーホリ

失敗談:旅行会社予約の場合ルート変更が出来ない

旅行会社からの世界一周の場合、とても楽にプランを決められる分、しかし途中でルートを変更したいと思ってもそれが叶いません。もしどうしても変更する場合は新たに自分で宿を取ったり航空券を買わなければならないので、倍のお金がかかります。

例えば私はカナダはカルガリーからニューヨークを経由してブラジルはサンパウロまで行きました。ニューヨークも観光したいと思いましたが、プラン選択で行ったので立ち寄る事は出来なかったのです。

他にもタイ、インドといった国へも立ち寄りたいと思いましたが、そちらへのルート変更は出来ませんでした。旅行会社を介さずに旅行する場合は、航空券があればルート変更も容易いでしょう。

ルート事の観光ポイントや気候の確認をしておく

今回のプランでは各地の主要観光地を周る事ができます。そして国によって気候も違うので、夏・冬服等の準備はしっかりしておくといいでしょう。

カナダにはロッキー山脈があり、この景観を楽しめます。バンフにあるゴンドラでサルファーマウンテンの頂上まで行って、そこからロッキー山脈を眺めるのです。

カナダは自然豊かで、地域によって気候が違いますが、バンフは5月中であってもまだ雪が残っています。中旬辺りからやっと春が訪れるので、雪景色を見るなら4月~5月初旬がお勧めです。

ブラジルはサンパウロならば、サンパウロ美術館も良いですし、サンパウロ市立劇場という市内で最も大きな劇場もあります。ブラジルといってもサンパウロは比較的都会で、自然はあまりありません。

観光地化されているのですが、路地や人通りの少ない道、夜の1人歩きは危険です。気候は日本の5月は初夏ですが、ブラジルでは秋です。最高気温20度前後なので過ごしやすいものの、夜は少し冷える事もあります。

南アフリカはケープタウン、ここにはテーブルマウンテンがあり、ケーブルカーで景観を楽しめます。とにかく広大な土地で、どこへ行けばいいか迷ってしまう程なので、予めポイントを決めておくといいですね。

ブラジル同様秋のような気候で、5月は20度前後ととても過ごしやすいです。

オーストラリアはパースはフェリーでロットネスト島へ行き、ダイビングが出来ます。とても透明度の高い青い海が魅力的です。ウェーブロック、ナンバン国立公園のピクナルズ等、他にも自然の景観が素晴らしい国です。

こちらの国も5月は秋の気候、20度前後で降水量も多い方です。

singapore-218516_640

最後にシンガポールですが、有名なマーライオンから近未来的なマリーナベイサンズ、奇抜な植物園ガーデンズバイザベイ等あります。他にもナイトサファリやサルタンモスク等、都会的です。

シンガポールUSJもあり、世界遺産と上手く融合した土地です。ショッピングセンターも多くあるので、買い物にも困りません。気候は5月でもかなり蒸し暑く、27~28度前後です。11月~2月は雨期なので乾季の5月はまだ過ごしやすい方ですね。

各地の気候を調べて過ごしやすい時期に行く事も、より楽しい旅に出来る秘訣です。

治安の良い国を選ぶ事で安全な旅が出来る

悲しい事に観光地化されている国であってもテロ・内戦が起こる等、危険な場合があります。

この度の最中はそういった事に巻き込まれませんでしたが、しかし主要都市であっても混雑した街中や路地でスリ、犯罪に合う事もあります。そういった点からもしも世界一周ルートを決める場合は、事前にその国の治安・立ち入ってはいけない場所を確認しておく事が大切だと感じました。

その他、世界一周のルートに関する関連記事はこちらをご参照ください。
▶︎格安航空券を利用して世界一周する方法 おすすめサイト3選
▶︎私が実際に行ったインド・東南アジア中心の世界一周ルート作成方法
▶︎【東回り】アメリカ・南米に重点を置いた、私なりの世界一周旅行ルート

世界一周旅行完全ガイドTOPページへ戻る

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。