大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

写真は、その時の風景や出会った人々、はたまたその時の気持ちまでも残す事ができる大変便利なツールです。特に世界一周中は、一瞬一瞬の出来事がかけがえのないものであり、一生の宝物。

そんな思い出たちを、世界一周経験者たちは、旅行が終わってからも何度も見返しては懐かしみ、次なる旅へ思いを馳せるのです。そして、最近では個人で動画をとる事も珍しくなくなりました。

風景というよりは、スポーツやイベントごとなどは、動画で撮影しておけば当時の熱気も後々まで残しておくことができます。写真には写真の、動画には動画の良さがあり、それらのものは撮影した本人からはお金には代えられないもの。

インターネット上には、各地の観光地でプロが撮影した写真が無数に存在しますが、技術云々ではなく自分にしか取れないものがあると思います。

もしも世界一周中に写真や動画を保存しているパソコンが壊れてしまったり、盗難にあってしまったらと思うとゾッとしますね。お金がなくなっても、貴重品をとられても、思い出だけは残したいものです。

というわけで、最近の旅人はインターネット上に写真をアップロードして、保管している方が多いです。俗にいうオンラインストレージサービスというものですね。

これであれば、インターネットの環境さえあれば自分のパソコンでなくても、いつでもデータを取り出す事ができますし、写真がなくなってしまうという事もないです。今回は写真をメインにした、おススメの無料オンラインストレージサービスをご紹介します。

世界一周前に使い方や登録を済ませて、安心して旅へ出発してくださいね。

googleフォト

大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

〈参照〉https://www.google.com/photos/about/?hl=ja
検索サービスを始めとして、インターネット上で様々なアプリやソフトを提供しているgoogle。そのgoogleが、写真管理に特化したサービスを展開しているのがgoogleフォトです。

このサービスは多少条件がありますが、容量無制限で、データの保存ができます。特徴的なのは、googleフォトに保存すると自動的に時系列に整頓されたり、まとめたりしてくれる所!

旅行中はどうしても写真をバシバシ撮ってしまうのですが、整理する時間がなく、となると帰国後に膨大な量の写真の整理に追われることになります。

そんな時、googleフォトに保存しておけば、探したい写真を検索することもできるので、余分な労力や時間を使うことなく、思い出をしっかりと保管することができます。

有料版と無料版があるのですが、大きな違いは、有料版はオリジナルの画像サイズそのままに保存ができ、無料版は1600画素以上のものは自動的に圧縮処理がされるという部分。

スマートフォンや簡単なデジカメで撮る程度の写真であれば無料版で問題ないかと思いますが(むしろ回線速度の遅いインターネット環境で見やすくなるならその方がいいのでは、とすら思ってしまいます)本格的な一眼レフカメラや、写真を後日大きく引き伸ばして利用する予定がある方は、有料版がおススメです。

有料とはいっても、15GBまでは無料、100GBまでだと月額$1.99。それ以降も利用容量が増えていくごとに料金が上がりますが、同じようなサービスの中では安い方だと思います。

ただ保存するだけでなく、友人と写真の共有や、写真の加工、アニメーション、BGM付きのムービーを自動で作成してくれたり、コラージュしてくれたりするのも面白い機能ですね。

同じgoogleから、googleドライブというサービスもあり、こちらでも写真や動画の管理、さらには他のファイルも合わせて管理ができます。
それぞれ機能が少しずつ違うので、使い比べてみてはいかがでしょうか?

Flickr

大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

〈参照〉https://www.flickr.com/
YAHOO!USAから、提供されている写真共有サービスです。自分で撮った写真を公開して、コメントしたりタグづけしたりとほSNSとしての利用方法を軸としている部分もありますが、プライバシー設定をし、写真を公開せずに保存先として利用している方も多いです。

オンラインの写真共有サービスで、基本的に無料で利用できます。特徴は、無料でありながら写真の解像度の制限がなく、保存できる容量は1TBなところ。

さらにアルバムなど、やはり写真に特化したサービスだけあって使いやすい機能が満載です。Flickrをさらに便利に使うためのアプリなんかも数多くリリースされていますよ。

ご存知な方も多いと思いますが、flickrは写真のアップロードのみならず、ほかの人の写真を見る楽しみもあります。好きなもの、例えば『旅』や『車』など、キーワードで検索すると公開形式でほかの方がアップロードした写真が一覧で見る事ができるので、写真集のように楽しむ事ができます。

時間を忘れて見入ってしまうこともしばしばです。flickrは日本語対応しておらず、アカウントを作るにはYahoo!USAのアカウントが必要になります。Yahoo!JAPANのアカウントは利用する事ができないので、注意してください。

Yahoo!USAアカウントの作成方法やflickrの利用方法はインターネット上で紹介しているコンテンツがたくさんあるので、とくべつ難しくはありません。

2016年3月9日にパソコンや、SDカードの写真をすべてアップロードしてまとめる事ができるAuto-Uploadrというサービスが有料になってしまったので、若干利用者は減ってしまったようですが、無料の範囲でも十分従来通り便利なポイントは残っていますよ。

Facebook

大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

〈参照〉https://www.facebook.com
いまや言わずと知れたソーシャルネットワーキングシステムのFacebook。日本国内外の人と、手軽につながり、連絡のやり取りなどもできる為、特に世界一周をしている方では利用していない方はいないのではないでしょうか。

このFacebook、通常の利用用途としては、近況を報告したりイベントを立てて参加者を募ったりという方法ですが、写真アルバムの機能があり、実はそれを写真のデータ保存先として利用している方も多いのです。

料金はもちろん無料で、容量は無制限。ただし、保存した画像は自動的に決まったサイズ、画質に調整されます。できるだけ画質の良い状態で保存するには720×960×2048ピクセルに写真を合わせる必要があります。

さらに、アルバムを作成し、写真をアップロードする際に、『高画質』というチェックボックスがあるので、そこにチェックを入れると画像が圧縮されずに保存できるようです。

スマートフォンからのアップロードは基本的にすべて画像が圧縮される仕様になっているようなので、注意してください。保存した写真のすべて友達に公表されるのは困る・・・という方でも安心してください。

アルバムの作成画面で、プライバシー設定があり、公開範囲を『自分のみ』にすれば、自分だけがみる事ができるアルバムの完成です。画質が下がってしまうのは少し残念ですが、使い勝手の良さがあるので、写真の質事態にはあまりこだわらない方には十分だと思います。

圧縮されるといっても、通常のデジカメプリントサイズで見るのであれば十分な画質だと思いますよ。

MEGA

大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

〈参照〉https://mega.nz
写真に特化したサービスではないですが、その名のとおり無料オンラインストレージとしては容量が大きいMEGA。無料で50GB分の容量が利用でき、さらに容量を増やしたい方には、有料サービスもあります。

音楽データや書類など、写真以外のデータもアップロード、保存が可能なのですが、特に便利なのがオフラインで保存をすると、インターネット環境がない場所でもデータを開く事ができるところです。

もちろん、データが暗号化されるので安心してお友達と共有もできますし、転送速度もアップロード、ダウンロード共に早いと評判です。日本語対応しているのですが、もともと香港の会社なのでホームページ内の日本語が不自然な部分もあるのはご愛敬。

利用方法はとてもシンプルで、利用するにあたってのすべてのページが日本語対応しているので、使っていて不便なことはないでしょう。

容量の面では、googleフォトやFlickr、facebookには劣りますが、写真の解像度の制限もないですし、圧縮されてしまうこともないので解像度そのままにきれいに残したい写真があれば、MEGAを利用してみるのもよいと思います。

おまけ・旅におススメの外付けハードディスク

耐衝撃、耐粉塵、防水のArmor A65

大切な写真を無くさないように!便利なオンラインストレージ4選!

〈参照〉http://www.silicon-power.com/web/ja/product-60
インターネット上に写真を載せるのには少し抵抗がある・・・という方には、外付けハードディスクがおススメです。

前述のとおり盗難にあってしまったらそこまでですが、インターネットがない環境でも手軽に利用することができ、パソコンよりは目立ちにくいので盗難の危険も少ないですし、パソコンが壊れてしまってもデータだけは残す事ができます。

しかし、パソコンと同様気になるのが故障しないかという点。旅行中はどうしても雨に降られてバックパックが濡れてしまったり、移動中に荷物を荒く扱われたり、舗装されていない道路で粉塵が待っていたりと、精密機器であるハードディスクには苛酷な状況が多です。

しかし、今回ご紹介するSP(Silicon Power Computer & Communications)のArmor A65という外付けハードディスクは、衝撃にも水にもとっても強いのです。

3層耐衝撃構造で、米軍物資調達規格もクリアーしている耐衝撃設計で、水深1mに30分沈めても問題ない防水性、耐塵等級で粉塵の内部侵入も防ぎます。

わざわざ水に浸すような事はしませんが、ここまで防御力が高いなら安心ですね。こんなに心強い機能なのにコンパクトで重さは容量により242~277g。(容量によって変わります)容量も500GB~2TBまで選べます。

SDカードやUSBの方がさらにコンパクトなのですが、壊れやすく容量が小さいので、データの保存という意味では個人的にはあまり意味がないかなとおもいます。

筆者はこの外付けハードディスクに写真や、パソコンの重要なデータをバックアップし、さらにオンラインストレージにも保存するという方法で、2重にデータを守っていました。

ここまですれば、データが完全になくなるという可能性は低く、どれかのデバイスに問題があっても必ず保険でどこかには残っているだろうという安心感がありました。

さらに、ハードディスクがあればインターネットがない環境で、他のPCでもデータ確認ができるので、なにかと重宝しますよ。

まとめ

数年前、オンラインストレージサービスがあまり普及していなかった頃は、その都度CD‐Rにデータを入れて日本に送っているという方もいました。さらに昔は、デジカメもなく、旅人はみな膨大な量のフィルムを持ち歩いて旅をしていたそうです。

その頃と比べると、とても便利な時代になってきましたね。

世界中にはインターネットの速度が遅い地域も多数ありますし、正直なところ毎回毎回写真をアップロードするのは面倒な作業ではありますが、なにかのトラブルで写真がなくなってしまってから後悔しても遅いですから、後々の為にしっかりと管理することをおすすめします。

ただし、写真というのは内容によっては個人情報満載のものになります。それをインターネット上にアップするので、扱いには十分注意してください。

自分の事だけであればまだましですが、お友達など他人の個人情報を不注意でばらまいてしまうような事態に陥ってしまったら、大変なことになります。

今回ご紹介したサービスはそれぞれ一長一短、特徴も異なります。旅行出発前に、いくつかのサービスを試してみるとスムーズに使う事ができると思いますよ。今回ご紹介した内容は2016年9月現在までの内容です。

各サービスごと、順次内容が変わっていく可能性もありますので、利用する際にはリンクの公式サイトでご確認をお願いします。自分のスタイルに合ったサービスを、上手に利用してみて下さいね。

その他、世界一周に関する記事はこちら
▶︎用意して安心!世界一周中に役立つ防犯グッズ10選
▶︎世界一周に必須!おすすめスマホアプリ13選
▶︎世界一周で役立つこと間違いなし!おすすめグッズ17選

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
http://ceburyugaku.jp/40237/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。