えっ、これって使わないの?フィリピン留学でNGな7つの持ち物!

こんにちは!今回は単身での留学歴7年の著者が、これから留学を検討されている方に向けて「これだけは持って行っていたほうがいい」と思うものを激選してお届けさせていただきたいと思います。

逆に「これだけ持っていけばいいんじゃないか?」と思える7種の神器ともいえますので是非参考にしてみてくださいね!(*なお、著者の渡航先はフランス、スイス、北米です。)

それではさっそくいってみましょう!

留学にはこれを持っていけ!

1.布製片開きのスーツケース

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

これはなかなか日本人には盲点のところかと思います。スーツケースとしてまず手に取りがちなのがゴリゴリの頑丈そうなハードケース。真ん中からばかっと開けて、左右に旅に必要なものを詰め込むやつですね。あれはNGです。

まず、「布製を選ぶ」というのは旅先でかなり重要になってきます。なにより、ハードケースに比べて軽い。言わずもがな軽いと重量制限で少し有利ですね。

また、留学中はとにかく移動が多かったり、渡航先でも旅行をしたりすると思いますので軽い布製バッグは便利です。

また、片面空きだとホテルや空港でも荷物をがばっと広げる必要がないので便利です。学生さんは安いユースホステルを渡り歩きながら渡航先での旅行を楽しんだりするかと思いますが、そういった安いホテルは個人スペースが限られているもの。

シングルベッドの上でさっと開くことができる片開きは旅と相性がいいのです。

そして何より安いし、伸縮性もありますのでわりかし物を詰め込めます。ハードケースのように割れるなんてことも無縁で、私自身5~6回の飛行機移動につきでハードケース1個ぐらいのペースで壊れていました。

ソフトな布製のケースに変えてからは1度だけキャスター部分のゴムが取れてダメになりましたが、本体部分が壊れるといったことはなかったです。(ちなみに壊れたハードケースが壊れやすい原因としては、下の方に積まれがちだからそうです。あと、ガンガン投げますしね、特にアメリカは。)

なぜハードケースを買うのでしょうか?ただの理由なきステレオタイプだと思いますので、さっさと布製を選びましょう。

2.SIMフリーのスマホ・タブレット

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

私の時代はスマホなんてありませんでしたので、PCを頑張って持ち歩いていましたが、今は、スマホかタブレットで十分でしょう。連絡が取れる機会がないと旅先での緊急時はもちろん、フェイスブックくらいできないと困っちゃいますよね。

そうなれば普段から使い慣れているデバイスを持ち歩くのはとても重要になってきます。何より、日本語設定で今までと変わらずに色々できるというのは渡航先でも心のよりどころになります。

また、SIMフリーで世界中どこでもSIMを入れ替えて使えるようにすれば、一時的な日本への帰国時もわざわざ買い替え~なんてことをしなくて済みます。

私は日本のケータイと海外のケータイの2個持ちでしたが、ぶっちゃけ契約とかすごいめんどうくさかったです。今はプリペイドのSIMカードもありますからこれを使わない手はないと思います。

3.ヘアーワックス

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

おしゃれ留学生は必携かと思いますが、ヘアーワックスは絶対にもっていきましょう。(手荷物はダメなので必ずスーツケースに入れること。)

日本製のいい香りがして、そして性能がいいヘアーワックスは海外で売っていません。向こうで売っているものは、若干ゴム?臭いべたべたするワックスで、ろくに機能しません。臭いし、ベタベタ、そしてなぜかテカるし、シャワーで落ちない。もう最悪ですね。

4.化粧水と保湿液

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

これらもワックス同様に、なかなかいいものが手に入らなかった印象です。とにかく大体何でもにおいがきついですし、大容量。持ち運ぶのも大変で、肌に良いのかが謎。

日本人の肌に合っていないといっていた友達もいました。日本のビ○レのようなクオリティを海外には求めないようにしましょう。

5.電子辞書

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

こちらもかなり重要です。間違いなく海外では手に入りませんし、手に入ったとしても型落ちの残念クオリティであることが多いです。留学生たるもの語学の勉強は必須。手元に電子辞書がないと学生生活を乗り切れるのかどうかが心配になってきます。

今時はウェブサイトで英和辞典などもありますが、ネット環境がない場所では役に立ちませんので、やはりまだまだ電子辞書は持っておくべきかと思います。

ちなみに、多くの学校で事前に相談をすれば「留学生は試験中も電子辞書の使用OK」としているところが多いです。その際PCやスマホはダメなので、電子辞書はやはり持っていたほうがいいでしょう。

できれば充電式で電池がいらない、起動が早いものを選びましょう。軌道の速さはかなり重要です。何回もつけたり消したりするものなので、起動のたびに毎回ロゴが表示されるようなものはダメです。イライラしますよ。

また、よくありがちなので百科事典やら何やらがガンガン入っているもの。8,000円以内に収める気持ちで必要な言語の機能になるべく絞りましょう、後はなるべく小さいほうがいいですね。海外の学校のデスクは小さいことが多いので場所をとらないサイズが好ましいです。

6.サングラス

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

意外ですが、こちらは日本で買っていったほうがいいでしょう。まず、海外ではサイズ感やデザインが日本人に合わないものが多い&性能も劣るので、日本人は日本で買っておいた方がいいです。

日本ではなんとなくスカしたイメージのあるサングラス。本当に必要なの?なんて思うかもしれませんが、海外では割かし役に立つシーンがあります。

まず根本的に日差しが強く、外国人は子どもから大人までサングラスをかけています。なので、かけていないと浮きますし、心配されます。

「サングラスかけないと紫外線めっちゃ目から入ってくるよ。ヤバいよ。」といったように。まぁ、黄色人種である我々は日差しにも強いのでなんていうことはないのですが、かけてたほうがコミュニティに属してる感が出てそれっぽい雰囲気を醸し出せます。

そして、国にもよりますが日本人はなめられがちです。ねぎり交渉でも相手に上手を取られやすい。そんな中、目の動きを悟られないサングラスをかけていると比較的うまくいくような体感があります。

こちらもサングラスをかけながら話しているので、相手との間に薄い膜ができているような感じで結構普段よりも思い切った発言が自信をもってできる?ような気がします。

7.本

【筆者経験談】留学に絶対持って行っていたほうがいいものBest7

そして最後に本です。これは文庫本でもビジネス書でもなんでもいいのですが、とにかく和書を何冊か持っていくことを強くお勧めします。

海外に行ったのだから、という理由で洋書を頑張って持ち歩く人もいますが、あれはかなり留学上級者の人がやることで、初心者の方には無理です。少なくとも電子辞書なしで、本読めますくらいにならないと楽しむことまず不可能でしょう。

なので、何度読み返してもあきそうにない本を何冊か持っていき、旅先で空いた時間に読むことで適度に日本語に触れることができます。留学中だからこそ普通に日本語でリフレッシュするのも悪くないです。

留学中は日本語に触れるということが結構大事で、これがホームシックや留学中の急に訪れる孤独さ、寂しさを和らげてくれます。いわば精神安定剤的な役割を母国語である日本語が担ってくれるというわけです。

個人的には何度も読み返せる哲学書などがおすすめなので、ぜひご検討ください。

まとめ

さぁ、どうでしたでしょうか。ご参考になりましたら幸いです。以上、経験者が語る留学に絶対もっていったほうがいいもの7選でした!

その他、関連記事はこちらから
▶︎えっ、これって使わないの?フィリピン留学で不要な7つの持ち物!
▶︎女性の私が選ぶ!セブ島留学持ち物リスト20選
▶︎【ほぼ網羅】フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。