オーストラリアのワーホリで英語を身につけられる7つの方法

突然ですが、これからワーキングホリデーでオーストラリアに行こうと考えているあなた!
ワーキングホリデーで英語を学び1年後、もしくは2年後にスラスラと英語を話したいと目標を持っているあなた!

現在私は2年目のワーキングホリデー(セカンドビザ)を利用し、オーストラリアのケアンズで毎日生活しています。

去年、初めてワーキングホリデーでオーストラリアのゴールドコーストへ行き、英語を学び始めたのですが、最初は本当に話せず、日本にいたら外国人と接する機会もほとんど無かった為、まずはその環境に慣れるのに必死でした。

そして現在、1年目の努力があってか、日常会話程度であれば何とか外国の友達やお店でコミュニケーションが取れる位のレベルにはなりました。

私自身が実際に使った英語の勉強方法を、オーストラリアにいる日本人の多くが実際に陥ってしまう問題を絡めてお伝えすることで、皆さんのこれからのワーキングホリデーライフに役立てていただけたらなと思います。

ワーホリできちんと英語力を身につけるための7の方法とは

1.語学学校では勉強よりもコミュニケーション

2ヶ国留学希望者必見!留学カウンセラー直伝“英語圏の学校選び”7のコツ

まず、今オーストラリアにいる日本人の多くは語学学校へ通うケースがほとんどだと思います。それはこれから行こうと考えている人もそうしようと思っているでしょう。

ワーキングホリデービザの場合、最長4ヶ月語学学校に通うことは可能ですが、私は2ヶ月間通いました。最初にクラス分けのテストがあり、その成績に応じて初級レベル〜上級レベルのクラスに振り分けられます。

2ヶ月間通った感想としては、もちろん今でも役立っていることは学べましたが、それよりもまずは外国人とのコミュニケーションに慣れることが大切だと感じました。

同じ日本人なら何も問題は無くコミュニケーションを取ることができますが、学校にはヨーロッパを始めとし、韓国、台湾といったアジア、そして南米の国の人達がたくさんいます。

その中でやはり日本人の英語力は低いので会話についていくことができません。

語学学校に通うことを考えている人は、勉強はもちろんですが、それ以上にクラスメートや他の国の友達とたくさんコミュニケーションを取り、脱日本を目標にすることをオススメします。

2.洋画、洋楽、海外テレビを見る聞く

少なくともオーストラリアに来るということは、前から洋画を観たり、洋楽を聞いたりするのが好きな人が多いと思います。英語を学ぶ上で一番と言っていい程大切なのはヒヤリングです。

相手が何と言ったのかを理解できなければ会話は成立しません。その時に有効な勉強方法としては、積極的に洋画や洋楽を観たり聞いたり、オーストラリアのTVで海外ドラマを観るのをオススメします。

洋画やドラマはものすごく使えて、普段の会話で使える単語や言い回しがたくさん出てくるし、早さも普段ネイティブが話す早さなので、それらを覚えて実際に友達との会話で使ってみるといいでしょう。

私は洋画のDVDを英字幕で観ながら、気になった単語やフレーズを書き留め、後で日本語に翻訳し意味を理解したり、洋楽を聞く時は歌詞を検索してそれを見ながら聞くことを繰り返すことで自然と歌詞が頭に入り、歌っています。

3.好きな漫画を英語バージョンで読む

オーストラリアのワーホリで英語を身につけられる7つの方法

どうせだったら楽しく英語を学びたいですよね?

街の図書館に行くとたくさん日本の漫画が置いてあります。ワンピースやスラムダンクといった、日本ですごい有名な漫画が英語バージョンで置いてあるので、もし日本で同じ本を読んでいたなら英語になっても自然と意味が理解できると思います。

私はスラムダンクを日本で何十回も読んでいたので、英語バージョンでもそれほど困ること無く、「あっ英語でこう言うんだ!」とすごい勉強になりましたし、楽しむことができました。

4.外国人と住み、外国人がいる場所で働く

オーストラリアのワーホリで英語を身につけられる7つの方法

もしかしたらこの方法が一番英語を学ぶ上でやらなければならないことだと思います。オーストラリアではシェアハウスが一般的です。

もちろん日本人と住むことも可能ですし、英語に不安を抱える人はまず日本人と住むというのも一つの選択肢だと思います。ですが、英語を学びたいと強く思っている人は、是非外国人と住むことをオススメします。

何故ならやはり日本人は日本人でかたまって行動してしまい、せっかく海外に来たのに英語に触れる機会が少ない為、1年後日本に帰っても英語をまともに話せない人が多いからです。

外国人と一緒に住むことで、普段の会話から全て英語でのコミュニケーションになるので他の人と圧倒的に差ができます。また英語以外にその国の文化や食べ物といったことも学べ、一緒に出かけ、思い出も作れます。

そしてワーキングホリデーで欠かせないのが、働くということです。オーストラリアにはたくさんの日本食レストランがあり、そこでは日本人が働いています。

英語できないからとジャパレス(日本食レストラン)で働く人が多く、また日本人の英語力が低いことは世界で有名であり、ほとんどローカル(日本人経営者以外)では雇ってもらえていないのが現状です。

ですが中にはタイミング良く雇ってもらえたり、粘って粘ってローカルジョブをゲットしたという人もいるので、是非、働くことになったら頑張ってローカルジョブをゲットしてみるといいでしょう。

もし、働くことができれば、シェアハウス同様に全て英語でのやり取りで、食材から道具、メニューも英語で覚えることができるので、外国人と住み、外国人と働くことで他の人の何倍も英語に触れる時間が多くなります。

5.スマホアプリで勉強する

洋画や洋楽同様にオススメしたいのがスマホアプリでの勉強です。

私はiphoneを使っており、Podcastsというアプリを使っています。その中でオススメしたいのが”TED Talks”と”Hapa英会話”というアプリでTED Talksは色々な分野で活躍している著名人のスピーチを動画字幕付きで見れるので、初めは英語を聞きながら日本語字幕でもいいですし、慣れてきたら英語の字幕で見ることをオススメします。

Hapa英会話は、英語の勉強方法やあるテーマに沿って英語で会話をし、その解説と重要単語やフレーズを教えてくれる、すごい使えるアプリです。

都市にいる人はすぐその場でダウンロードできますが、私はこのアプリを主に田舎のファームにいた頃に使っていて、Wi-Fiがない環境だったので1日1エピソードをダウンロードし、朝起きてラジオ替わりに聞き流しながら支度をして働きに行っていました。

6.同じ趣味を持つ友達を作る

シェアハウスや仕事同様にこれも英語を勉強をしていくなかで有効な手段です。オーストラリアには日本人向けの情報サイトや外国人向けの情報サイトもあります。

その中で日本にもあるmeetupというコミュニティーサイトがあり、色々なテーマで例えばハイキング仲間とかカフェ仲間、写真仲間など、自由に参加できるコミュニティーがあるので、友達と一緒に参加して交流の場を作ってオーストラリア人と仲良くなってネイティブ英語を学んでみるのもいいと思います。

7.オーストラリア独自の英単語を覚える

オーストラリアのワーホリで英語を身につけられる7つの方法

全世界共通語の英語ですが、場所によって発音や使う単語は様々です。特にオーストラリアはアメリカ英語とイギリス英語が混じっている国で、物によってこれはアメリカ英語だけど、これはイギリス英語といった風になっている反面、オーストラリア独自の英語もあります。

例えば、マクドナルドはアメリカ、イギリスでも同じマクドナルドですが、オーストラリアではマッカスと呼びます。シドニーでは看板もマッカスとなっている程です。

他にも、
・g’day (グダイ)→ハローなど挨拶の時に使う単語
・Aussie(オージー)→オーストラリア人という意味
・How ya going? →元気?調子どう?

という風にたくさん他にもあります。無理に覚える必要はありませんが、覚えておくとオージーと会話する時、楽しいと思います。

まとめ

これまであげた勉強方法はあくまでも私個人的に考えてこの一年実践方法です。人それぞれ勉強方法はありますが、どの勉強方法でも構わないと思います。

それよりも英語を話してどんどんトライしていく姿勢が大切で、オーストラリアにいる日本人のほとんどは英語を習得できずに帰国する人がほとんどです。

その中でどれだけ毎日英語に向き合えるか、外国人同士の会話ですら私たちには勉強の教材となります。

これからワーキングホリデーでオーストラリアに行こうと考えている人はこれらを参考にして、期待を持って行くことをオススメします。

その他関連記事はこちら
▶︎「準備はOK?」フィリピン留学帰国後の“ワーホリ生活”7つ極意
▶︎【ワーホリ比較】オーストラリアとカナダ、両方経験した私が思う6つの違い
▶︎失敗しないワーキングホリデー、知っておきたい10の事柄

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。