ファーストウェルネスイングリッシュアカデミー(FEA)|入り口

英語をしゃべれるようにするには、語学留学が最短方法でありそれ以外は限りなく厳しい。

語学留学をしなければいけないと思ったのは、日本で勉強していても英語が出来ないと感じ始めてからです。

日本で英語を勉強することは可能ですが、社会人になると限られた時間の中で英語勉強をする時間を割かなければいけなく、どうしても優先順位が落ちます。
結果として英語勉強をダラダラすることになり(まあ、僕の場合はほぼしてませんでしたが)、英語力は何時まで経っても伸びません。
語学留学のように海外で英語を学ぶほうが圧倒的に効果的なのは明白でした。

問題は費用と気軽さ

留学というとアメリカ留学が主流です。
しかしながらアメリカ留学は距離的にかなり遠く、費用も100万単位でかかるケースが多いでしょう。
よって、そこには留学を試してみようという「気軽さ」はありません。
これが僕にとって当時英語を海外で学びたい、留学したいと思っていたにもかかわらずできない、最大の原因でした。

「かなりの金額を貯めなければ行けない。覚悟が必要」

留学に対する当時のイメージはこんな感じでした。

フィリピン留学を知る

フィリピン留学を知ったのはある一冊の本を読んでからです。
その本にはフィリピン留学がどれだけ格安で効果的かを紹介していました。

費用が一ヶ月10万円~で収まるという事を知り「もしかしたら、僕も留学出来るのではないか?」っと現実的なイメージが湧いたんですね。
加えて、マンツーマンの授業が豊富で、短期で効率よく学べると言う事であれば、初心者の僕がわざわざアメリカ留学を選ぶ理由がありません。

フィリピン留学の中で何故セブ島留学を選んだのか?

セブ島を選んだ理由は、マニラやバキオなどに比べて気候が穏やかであること、安全性が高い事です。
マニラやバキオの治安についてはわかりませんが、セブ島に4ヶ月以上留学をして感じたのは、やはりセブ島はかなり安全性が高く、日本人も多くいるため留学しやすい場所であるということです。

初めて日本人が海外留学するならベストの場所でしょう。

どうやって学校を選べばいいのか?

セブ島留学で一番重要なのは、マンツーマンのクラスをどれだけ多く持てるかです。
格安の学校はたくさんありますが、はっきりいって安ければ安いほどクオリティは下がります。
単純にマンツーマンの授業数が少ないだけでなく、格安の語学学校の授業施設や教師の質、宿泊施設や食事のレベルの低さなどは、現地で留学した人しかわからないでしょう。
きちんとした語学留学先を選ばないと、こういうところで余計な負担がかかり、集中できない環境のもと英語を学ばなければいけなくなります。
特に多くの韓国系の語学学校は宿泊施設が古いため、女性(特に社会人の女性)は耐えられない可能性が高いです。いつ立てられた学校かを確認してみるといいかもしれませんね。

英語ができない環境になってしまうぐらいなら少し高めの学校を選ぶ方が、結果として留学は成功します。

僕の通ったファーストウェルネスはそういった意味で、集中できる環境が整っている学校でした。

生活費

生活費については1ヶ月3万円もあれば十分かなと思いますが、よいレストランに頻繁に行くなら5万円分ぐらいあるといいですね。

留学期間

最後に英語上達、つまりは英会話がある程度しゃべれるようになるためには、その人の現在の英語力にも依存しますが「最低1ヶ月以上」の留学経験が必要です。
難しい場合はその後でスカイプ英会話をやり引き続き英語力を鍛えることで、確実に成果は上がります。

僕の場合はセブ島留学していたときは、最初の2ヶ月間きっちり英語に集中したため一気にレベルアップすることができ、短期間でそれなりに外国人と英会話できるレベルになりました。

集中して英会話に取り組めば、かなり成果が上がることは自分の経験上間違いないです。

是非セブ島へ語学留学をして、一気に英会話を気楽に出来るレベルまで引き上げてください。
ダラダラ日本で勉強しているよりも、ずっと時間を節約できますよ!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

2 コメント

  1. 2016年の8月から1月くらいまでの大学か大学の付属語学学校の留学は可能なのでしょうか?
    期間は選べるのでしょうか?

    (0)
    • セブ島にはフィリピンの地元の大学内で、日本人や韓国人が場所を借りて運営している語学学校があり、そういった学校は大学付設と呼ばれます。
      大学付設校の場合も、学校によっては大学の一部授業が聴講出来たり、地元大学生と共用の設備が利用できることで交流する機会が得られるようです。

      「付属」校は、「付設」校とは違い、大学が直接運営している学校のことだと思いますが、そういった外国人向けの語学学校はセブ島には、おそらくないと思います。

      もしも、日野様が、例えば、ご自身が通っている日本の大学を休学したり、奨学金を申請する為の条件として海外の大学関係の語学学校を検討されているということであれば、セブ島の大学「付設」の学校の場合でも、大学の名前が載った修了証が発行される所もあり、適用条件を満たす場合があるようです。(どのような修了証が発行されるかを知った上で、日本の大学側に事前確認が必要です。)

      詳しくは、現地情報を直接、調べてくれるセブイングリッシュのような留学エージェントにお尋ねいただきますとスムーズかと思います。http://www.cebu-english.com/

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。