覚えておくと絶対便利!世界一周で使う英文集まとめ

世界一周旅行をするにあたって、不安なことはなんですか?犯罪に巻き込まれるかもしれない、病気になるかもしれない、迷子になって遭難してしまうかもしれない・・・。

なんて、考えは尽きないですが、それらの事も、周りの方と会話ができれば回避できることがたくさんあるんです。

今回は、世界一周に必須の英文を選んでみました。困ったとき、感謝の気持ちを伝えたい時、ぜひぜひ使ってみて下さいね!

世界一周前に覚えておこう!英文集まとめ

1.観光地やホテルで

Where is the restroom? (お手洗いはどこですか?)

とっても初歩的な英語なのですが、個人的には海外旅行するにあたって最も重要な英文の一つじゃないかと思います。食事や買い物は、我慢しようと思えばできますが、お手洗いとなるとそうもいきません。

特に世界一周旅行中は移動が多いので、お手洗いに行ける時間や場所も限られることが多いです。そんな時にスムーズに聞くために、絶対に忘れてはいけない英文ですね。

うまく見つからなくて、予約していたバスに乗り遅れてしまった・・・なんて事がないように、しましょう。

ちなみに筆者は英語が通じない国に行ったときには、「ありがとう」と、この「お手洗いはどこですか?」だけは、その国の言葉で言えるように必ず事前に調べていました。

2.レストランを探す

Do you know a reasonably-priced place that serves good local food?(手頃な値段で食べられる、郷土料理のお店を知ってますか?)

バックパッカーのように格安で長期海外旅行をする時は、短期のパックツアーで旅行する時とは違い、なるべくお金の節約したいですよね。せっかくなので、その土地ごとの郷土料理も食べたいですが、滞在期間が短いとそういった店を自分で探すのも至難の業です。

安くて、おいしいレストラン!こんな情報はやはり地元の方に聞くのが一番です。ホテルのスタッフさんや、仲良くなった地元の方、街のインフォメーションなんかで聞いても気軽に紹介してくれますよ。

3.レストランの中で

May I see a English menu? (英語のメニューを見せてもらえますか?)

レストランに入ると、まずはそれぞれの国の言葉のメニューが出てきます。そんなの出されても、ちんぷんかんぷんで困ってしまいますよね。でも、必ずではないですが観光地であれば英語のメニューを用意しているレストランも多いです。

そういった時に、この英語を覚えていれば重宝します。英語メニューがあるレストランはお店の前にそのメニューを開いておいてあることが多いので、わかりやすいですよ。

Can I have a same dish as that?(あれと同じ料理をください。)

これは、前述の英語メニューが置いてないレストランに行った場合です。そんな時は、まわりの人の食べているものの中で気に入った料理を指さして言ってみましょう。目で確認して選べるので、チョイスの失敗がないです。

Can you make it less spicy?(あまり辛くしないで下さい)

特に暑い地域に行くと、辛い食べ物が主流の国があります。日本では割と辛いものが好き、という方でも驚くような辛さの料理があったりするので、苦手な方は注文するときに伝えておきましょう。

全身から汗が噴き出るような辛さの食べ物は、一般の日本人の胃腸には合わないですし、お腹を下してしまったら大変です。飲み物を甘くしないでほしい時や、ベジタリアンで肉抜きにしてほしい方も応用ができますよ。

4.席を確保するとき

Is this seat taken by someone?(この席は空いてますか?)

フードコートや劇場など、店員さんが案内せず自分で席を確保しなくてはならない場所では、周りの人にあいているか聞く必要があります。何から何までしっかりサービスしてくれる日本とは違い、海外ではこのようにお店でもセルフで行わなければならない事が多いのです。

逆に、すべてのサービスが行き届いているレストランでは、チップ忘れない様に、気をつけましょう。

May I put my seat back? (シートを倒してもいいですか?)

長距離バスに乗っている時は、夜になったらできるだけ体を倒して、眠りにつきたいですね。どんな国でも日本と同様、シートを倒すときは後ろの方に確認するのがマナーです。

突然倒すと危ないですし、長旅なのでお互いに気持ちよく過ごす事ができたらいいですよね。

5.お土産屋さんで

Could you give me a discount?(安くしてもらえますか?)

観光地のお土産屋さんでは、商品に値札が付いていないことがあります。それによって、値段を聞いた時に最初は実際の値段より高くふっかけられることがよくあるのです。

自分が納得した金額であれば良いのですが、不当な金額で騙された、というのはあまり気持ちのいいものではないですよね。そんな時はこの英文で、値段交渉をしましょう。でもやりすぎは禁物、相手も仕事なのであまりしつこくせず、楽しい買い物ができるのが一番です。

6.カフェやホテルで

Do you have a free wifi in here?(無料ワイファイはありますか?)

世界一周中はインターネットは必需品です。筆者はカフェやホテルの選ぶ時、清潔さや安さなど様々な条件はありますが、無料Wifiがあるかどうかを最優先します。ホテルを探している時に必ず使うのが、この英文です。

Do you have reception here?(ここ電波ありますか?)

Wifiフリーとうたっているホテルでも、場所によっては全然電波が入らない事も。そういった時に、周りの宿泊者に聞いてみましょう!

7.空港で

My baggage didn’t come out.(私の荷物が出てきません)

これは、筆者が実際に空港の預け荷物を受け取る所、Baggage Claimで荷物が出てこなかった時に、覚えておけばよかった~!と思った言葉。

待てど暮らせど荷物が出てこず空港職員に伝えたいのですが、焦っていることもあり、適当な言葉がわからずとても手間取りました。最終的に荷物は見つかったのですが、時間がなく焦っている時に使う言葉をすっと言えるようにした方がよいな、と思った思い出のある英文です。

8.空港から市内へ

How much is it to downtown by taxi?(市内の中心部までタクシーでいくらですか?)

はじめて降り立った国では、物価もよくわからないので、メーターがついていないタクシーではぼったくられてしまう事も珍しくありません。
できれば、乗車する前にインフォメーションなどで相場を聞いてみましょう。

前述のお土産屋さんでの英文同様、海外旅行では値段について最初にハッキリさせておいた方がいいです。特にタクシーなど、サービスに対して後払いするようなものについては先に値段交渉をしっかりしておかないと、必ずトラブルになるので、注意してくださいね。

9.両替所で

Can I change this into Euro?(ユーロに両替してもらえますか?)

現地の通貨は必ず必要になるので、この英文も必須です。

What’s the exchange rate today?(今日の為替レートはいくら?)

そして、両替の際に気になるのはその日の為替レート。日によってレートはめまぐるしく変わり、金額によっては昨日と今日で数万円の差が出てしまったなんてこともあります。

インターネットで外国為替市場を確認することはできますが、両替所によって取引レートは若干異なるので、この英文でレートを確認して、より条件の良い両替所でお得に両替しましょう。

10.交通手段を知りたい

How do I get there?(どうやってそこに行けばいいですか?)

レストラン、観光名所などで、あまり有名ではない所に行きたい時、地元の方に聞く必要があります。ガイドブックには載っていない安い方法や混雑を避ける裏技なんかも、教えてもらえることがありますよ。

11.緊急事態の時に

Is there anyone who speaks Japanese?(日本語を話せる人はいませんか?)

例えば、病院、公的機関など、相手に詳細を伝えなければならないとき、英語や現地語では難しければ日本語に頼るしかありません。

筆者は10代の頃飛行機に乗り遅れてしまい、航空会社カウンターで拙い英語では全く状況を伝えることができなかった時、この言葉で日本人を連れてきてもらい、事なきを得る事ができました。

12.旅先で友達になった人へ

Can I have your Facebook ID?(フェイスブックのIDを教えてくれる?)

世界中の人とつながる事ができる、Facebook。とくに、自分の所在地報告や思い出記録の為に、旅人は必ずと言っていいほど利用しています。メールアドレスを聞くより気軽に連絡のやり取りもでき、世界的認知度も高いのでとっても便利ですね。ここ数年でよく使うようになった、英文です。

13.気になる異性ができたら

Are you seeing anyone?(付き合ってる人いるの?)

世界一周中は日本にいるときと比べ、外国人の異性との出会いが格段に多くなります。旅中の出会いは一期一会。気になる人がいれば、こちらから積極的にアクションを起こさないと、もう一生会うことがないかもしれません。

基本的に聞かれて嫌がる人はいないと思うので、気軽に聞いてみてはいかがでしょうか。同性と恋愛トークをしたい時の切り出しにも使えますよ。

14.友達を誘いたいなら

Do you have any plans for today?(きょう、何か予定ある?)

1人旅をしていても、たまには誰かと観光をしたい時もありますよね。ゲストハウスに泊まっていれば、会って数日の人とでもフランクに話す事ができます。気軽に誘って、一緒に沢山の思い出をつくりましょう。1人でいる時とは、違う発見がありますよ。

15.お世話になった人たちへ

Thank you so much for everything.(大変お世話になりました)

観光ガイドの方に、ゲストハウスで親身にお世話をしてくれた方に、一緒に旅をしてくれた仲間などなどいろんな場面で、感謝を伝えたい時に使う言葉です。

世界一周中は、たくさんの人に助けられるでしょう。海外旅行については犯罪など、怖い話ばかりが広がりがちですが、実際はそれの何倍も親切にされることが多いのです。

感謝の気持ちを伝えられないという、歯がゆい思いをしない為にも、しっかりと覚えておきましょうね。

16.仲良くなった人たちとの別れ

I hope to see you again somewhere around the world.(世界のどこかでまた会おうね)

はじめて友人にこれを言われた時は、すごく嬉しかった、印象深い言葉です。観光ツアーが同じになったり、ゲストハウスが一緒だったりと、世界一周中は出会いもあれば、必ず別れもあります。

しんみりせず、次に会えることを楽しみにできる、世界一周旅行者同士特有のとっても素敵な言葉ですね。

まとめ

覚えておくと絶対便利!世界一周で使う英文集まとめ

日本人は世界的に見ても、英語を話す人が少ない国です。筆者もそうですが、多少は英語がわかっていても、間違っているんじゃないかな、と恥ずかしくなってしまってなるべく話すことを避けてしまうんですよね。

いまや途上国で、あまり教育が充実していない国でも英語を話す人が多い、という国も多数あります。彼らは多少文法が間違っていようが関係なく、気さくに英語で話しかけます。

そして英語がネイティブな方々も、しっかり耳を傾けて理解しようと心がけているのです。こういった場面に遭遇すると、言葉というのは気持ちだな、と思うのですがやはり文法や語彙、発音などを上達させるためにはある程度の学習が必要ですし、実践も大切です。

筆者は世界一周中に、もっとあの人と話したかった、英語が話せたら何倍も出会いがあったのではないか、と少し後悔することがあります。

今回は、旅行中に使う最低限の英文をご紹介しましたが、出発前にもっともっと英語を学んでおくに越したことはないです。学生時代に英語が苦手だった、という方でも旅をするという目的があれば、勉強も楽しめる気がしませんか?

英語ができれば旅がスムーズになるだけでなく、ステキな出会いも何倍にもなりますよ。

その他、関連記事はこちらから
▶︎知ってると英語通?よく使われるスラングフレーズ10選!
▶︎【困ったら確認】授業中に役立つ英会話フレーズ100選
▶︎海外留学中、いざという時役立つ!医療英単語と英会話フレーズ一覧表

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
http://ceburyugaku.jp/40237/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。