海外に渡航するときに、とっても面倒になるのはビザ。実は日本のパスポートは170の国でビザなし、またはアライバルビザで入国できます。

これは世界で第4位!のパスポートの強さなのです。とりわけ、世界一周旅行者は訪問する国の数が多いので、ほかの国の方と比べてビザ取得の手間も少なく、ビザ代もあまりかからないのでお財布にも優しいのです。

そんな日本のパスポートいえど、やはりビザを取得しないと入国できない国はいくつかあります。まずは、下記の世界一周旅行で人気の国のビザ有無表で、ルートに含まれている国のビザ有無を確認してみて下さい。

こちらのサイトにエリア別でわかりやすい表になっているので参照してください。

〈参照〉▶︎http://world.relocation.jp/navi/guide/travel-3.html

そんな中でビザ取得が必要で、特に世界一周旅行者に人気の高い7カ国の、申請方法をご紹介します。

アメリカ

■必要なもの■
・US$14(インターネット上でクレジットカードまたはPaypalでの支払い)
・パスポートの情報

アメリカに渡航する場合ビザは必要ないのですが、90日以下の渡航者はビザ免除プログラムのESTAを申請する必要があります。ESTAはオンライン上で申請するもので、日本語対応しているホームページなのでとっても簡単。

1度認証されれば2年間有効で何度でも使えます。しかし、パスポートの新規作成や更新をすると無効になるので注意が必要です。

申請の手順は、インターネット上で申請書の入力、サイトの流れに沿って進めて申請費用の支払いをすると、ほぼ即座に申請結果が表示されます。

特別問題がなければ渡航許可の画面が表示されます。これだけで完了、アメリカに渡航して空港のイミグレーションで提出するものなどは特にないです。

とてもあっけないので、驚いてしまいますが、念のため申請番号と有効期限出てくる最後の画面を印刷して、入国するときは持っているようにしておいて下さいね。

ESTA申請サイト
▶︎https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
米国大使館
▶︎https://japanese.japan.usembassy.gov/

ブラジル

■必要なもの■
・¥10400
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上残存していて、見開き2ページ以上の余白があるもの)
・写真(6ヶ月以内に撮影、白色背景、縦4.5cm×横3.5cmのものを書類に貼り付けるものと、インターネット申請する時の画像データを用意)
・申請書類のコピー(インターネット申請完了後に表示される、pdfファイルの印刷)
・出入国の飛行機のEチケットのコピー(出国の日にちや手段が未定の場合は陸路で出国予定という事にし、誓約書(形式はなく、陸路出国の旨とサインが記載されているもの)を提出すればOKです)
・残高証明書(過去1ヶ月間以内のもので、25万円以上の残高がある銀行の預金残高証明書または銀行の通帳原本と、表紙と記帳ページのコピー)

■領事館の場所■
東京都品川区東五反田1丁目13-12 いちご五反田ビル2階
静岡県浜松市中区元城町115-10 元城町共同ビル5階
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-29 白川第八ビル2階

ブラジルの観光ビザは、少し面倒で高額な事で知られています。リオオリンピックの開催に伴って、2016年6月1日から2016年9月18日の間は免除となっていましたが、現在では通常通り必要になっています。

許可日より90日以内に入国する必要があり、有効期間はブラジル入国日より90日間です。日本には、東京、浜松、名古屋にブラジル領事館があります。

東日本地域在住は東京、静岡在住は浜松、西日本地域在住は名古屋で申請するようになっているそうです(管轄の領事館以外で申請したい場合は各ホームページを確認してください)。

大まかな流れは、インターネット上で申請、管轄の領事館にて必要書類の提出、費用の支払い、後日パスポートの受け取りとなります。事前申請サイトは英語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のみの対応となっているので、若干わかりづらいですが基本な質問ばかりです。

下記リンク先でとてもわかりやすく解説してくれているので、わからない方は参考にしてください。申請後に表示されるPDFファイルを印刷し、他必要なものと共に領事館で申請をします。

通常5営業日程度でビザが出来上がるので、領事館で受け取ります。ちなみにインターネット申請のページでビザ作成の進捗が確認できますよ。南米諸国のブラジル領事館でも申請することは可能です。

手続きや必要書類は領事館によってまちまちですが、日本で申請する時と同じものを用意すれば問題ないと思います。

取りやすいとされているのはパラグアイやウルグアイの領事館ですが、他アルゼンチンやボリビアなどでも取得できるようなので、ルートに合わせてどこで取得するか確認していてくださいね。通常は即日から3営業日程度で取得できます。

ブラジルビザ申請フォームの入力手順 案内サイト
▶︎http://john-of-god-casa.info/Visa_Brazil.html
事前インターネット申請サイト(英語)
▶︎https://formulario-mre.serpro.gov.br/sci/
東京ブラジル領事館
▶︎http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/
浜松ブラジル領事館
▶︎http://hamamatsu.itamaraty.gov.br/ja/
名古屋ブラジル領事館
▶︎http://nagoia.itamaraty.gov.br/ja/

エジプト

日本の領事館でも観光ビザの申請はできますが、現地でアライバルビザを取得する場合は申請書の記入などなく、値段も安い為殆どの方がアライバルビザの取得をしています。

アライバルビザ取得方法は、現地で代金を払いビザを購入するとシールになっているビザが渡されるので、それをパスポートに貼るだけです。金額をぼったくられるという噂も聞くので、注意してくださいね。

■必要なもの■
・US$25
・パスポート

エジプト大使館
▶︎www.eg.emb-japan.go.jp/j/

インド

観光でインドに渡航するためのビザは、
①アライバルビザ(現地空港で取得できるビザ)
②e-Touristビザ(オンライン申請のみで取得できるビザ)
③観光ビザとの3種類があります。

詳しくは後述しますが、それぞれ有効期間や金額などルールが異なるので、1か月以下の滞在の方や、領事館にパスポートを預ける事ができない方、対応している空港から入国する方はアライバルビザが取りやすいと思います。

どちらのビザについてもですが、インドビザは写真にうるさいようで、髪が顔にかかっていない、眼鏡のレンズが反射していないなど、基本的なことが問題なければ大丈夫だと思いますが、不安であればこちら↓を確認してみて下さい。

インドビザ支援センター(写真について)
▶︎http://www.indianvisaatjapan.co.jp/

①アライバルビザ

■必要なもの■
・2000インドルピーまたは同金額の外貨(クレジットカードも利用可能)
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上残存)
・出国飛行機のEチケットのコピー

2016年3月に日本国籍保有者のみに開始された制度です。申請用紙に必要事項を記入し、ビザ代金支払い、指紋や顔写真の撮影のみで完了。デリー、チェンナイ、ムンバイなど主要6空港でのみ取得可能です。

1回入国のみ、有効期間は30日間です。窓口が混雑している可能性もあるので、乗り継ぎで時間のない方などは、日本でビザを取得していった方が安心です。

アライバルビザ申請方法
▶︎http://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/IN/

②e-Touristビザ

■必要なもの■
・$25(インターネット上でクレジットカードまたはデビットカードで支払い)
・顔写真データ((6ヶ月以内に撮影、明るい色の無地背景、正方形、 JPEG、10 KB 〜 1 MB、350 × 350 ピクセル以上)
・パスポートの顔写真があるページのデータ( PDF、10 KB 〜 300 KB)
・本人名義のクレジットカードまたはデビットカード
・マイナンバーがわかる書類

オンラインなのでいつでも申請はできるのですが、渡航30日から4日前の期間のみ申請できるので、時間に余裕を持って申請してください。渡航期間は30日間、1回のみの入国が可能です。

さらに入国できる空港コルカタ、バラナシなど、主要16の空港のみになります。入国時にもアライバルビザと同じく、指紋や顔写真をとられます。

ビザ申請の流れとしては、申請サイトで必要事項を入力し、写真データをアップロード、ビザ代金をインターネット上で支払いし、完了するとメールが届く仕組みです。

筆者は何度やってもメールが届かず、申請サイトのVisa Status(進捗度の確認ページ)を何度見ても、お金が支払われていないといったメッセージが表示されて何日も申請に時間がかかりました。

詳細な説明が表示されないので、いくつかクレジットカードを試してみると、3Dセキュアに対応しているクレジットカードで何とか支払いが完了し、申請できました。

申請するときは3Dセキュアに対応しているクレジットカードで支払いをし、それでもできない場合はまた別のカードで試すか調べる必要があります。3回支払いに失敗すると、申請IDがブロックされてしまい、もう一度最初からやり直しになります。

さらに、次に申請するまでに最長4時間あけないと申請状況が更新されないこともあります。何度も支払いを試すとそのたびに決裁してしまう可能性もあるので、自己責任でお願いしますね。

e-Touristビザ申請フォームの入力手順 案内サイト
▶︎http://www.1010uzu.com/boyaki/2016/03/i
e-Touristビザインターネット申請サイト(英語)
▶︎https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

③観光ビザ

■必要なもの■

・1890円
・申請書類のコピー(インターネット申請完了後に表示される、pdfファイルの印刷)
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上残存していて、見開き2ページ以上の余白があるもの)
・写真(6ヶ月以内に撮影、明るい色の無地背景、5㎝×5㎝の正方形)
・2回目以降の渡航の場合はパスポートの以前のインドビザのページのコピー(パスポートが変わっている場合は以前のパスポートも必要)
・出入国の飛行機のEチケットのコピー

■領事館の場所■
東京都港区芝3-40-4三田シティプラザ 1階
大阪府大阪市中央区淡路町1−2−10 RRビル 6階

ビザ有効期限は発給から180日間で、現在はシングル、ダブル、マルチのビザがあります。日本で申請する場合は上記のビザより安く、このビザであれば、どこから入国してもOKです。

観光ビザは実際に領事館に赴くか、郵送で申請、受け取りをする方法があります。写真に加え、書類の不備にもかなり厳しいようなので、申請書などは文字が切れていたりしない様、注意してください。

東京と大阪の管轄エリアが決まっていて、申請者の住所によってどちらの領事館で申請を受け付けるかが決まっているので、以下のページから居住地がどちらの管轄か確認してみて下さいね。

他国のインド領事館でも申請できますが、手続きが若干面倒なのと取得できるビザの種類も領事館によってまちまちなので、利用する場合は事前に調べてみて下さいね。

領事館の管轄
▶︎http://indiavisajapan.com/Japanese/
観光ビザ申請フォームの入力手順 案内サイト
▶︎http://visa-india.jp/ex-ol/
観光ビザインターネット申請サイト(英語)
▶︎https://indianvisaonline.gov.in/visa/info1.jsp
東京インド大使館、大阪インド領事館インドビザ申請センター
▶︎http://indiavisajapan.com/Japanese/Default.aspx

ネパール

■必要なもの■
・滞在予定日数15日以内US$25、30日以内:US$40、90日以内US$100
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上残存していて、見開き1ページ以上の余白があるもの)
・写真( 6ヶ月以内に撮影、明るい色の無地背景、縦4.5cmX横3.5cm)

観光ビザは日本のネパール領事館と、現地イミグレーションで申請する方法がありますが、現地でも特にトラブルなく時間もあまりかからない為、現地で取得する方がほとんどです。

取得方法はほぼ同じで、申請書類を記載し、ビザ代金の支払いのみ。領事館の場合は翌々日営業日の受け取りとなり、料金が500円程度高いです。

ネパール大使館
▶︎http://www.nepalembassyjapan.org/japanese/

カンボジア

カンボジアの観光ビザは領事館で申請か、インターネットで申請するe-visa、現地で申請するアライバルビザがあります。有効期限はビザ発給から3ヵ月間で滞在可能日数は30日間です。

一般的なのはe-visaとアライバルビザで、世界一周する方はタイからの陸路入国が多い為、アライバルビザを利用している方が多いです。

陸路入国の際のアライバルビザ申請の場合は、窓口に当たり前のように数US$分の賄賂金額の張り紙をしていて、払わないとなると若干もめます。

もめると手続きが遅くなるだけで、入国させてくれないわけではないのですが、アライバルビザ申請の際はそういった事もある、という事は頭の片隅に置いておいてくださいね。e-visaは少し割高になりますが、日本語入力でき、手間もかからないのでこちらの方が簡単だと思います。

①e-visa

■必要なもの■
・US$37+決算手数料(インターネット上でクレジットカードで支払い)
・写真(JPEGまたはPNG、2MB以下であればあとは自動でサイズ変更されます)
・パスポートの情報

必要事項を入力し、インターネット決済すると、数日後メールにてビザ情報が届きます。これを出入国分2枚印刷して現地イミグレーションで提出します。

e-visaインターネット申請サイト
▶︎https://www.evisa.gov.kh/?lang=Jap

②アライバルビザ

■必要なもの■
・US$30(陸路入国で賄賂が必要であればその分追加、空路では必要ないようです)
・写真(縦4.5cm×横3.5cm)
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上残存しているもの)

空港、国境ともに、ビザ申請用紙に必要事項を記載し、ビザ代金を支払えば完了です。ただし、窓口が大変混雑していてかなり時間がかかる可能性もあります。

カンボジア大使館
▶︎http://www.cambodianembassy.jp/web2/?page_id=424

オーストラリア

■必要なもの■
・AU$20(インターネット上でクレジットカードまたはPaypalでの支払い)
・パスポートの情報

オーストラリアへ3か月以内の渡航をする方は入国許可証ETASをインターネット上で取得する必要があります。1回の入国の滞在日数は3ヶ月までですが、入国許可日から1年以内なら何度でも入国できます。

自分で申請するほかに、申請代行会社にお願いする方法があるのですが、自分で申請するより代行会社にお願いしたほうが申請料が安い場合があります。

下記にご案内する代行会社だと、メールのやり取りと支払いのみで、早く申し込むと最安で360円で申請してもらえるそうです。自分で申請する場合も、方法はアメリカのESTAとほとんど同じで日本語でとても簡単です。

空港でも書類提出などはないですが、支払い完了後の渡航認証許可の画面を印刷しておいてくださいね。

オーストラリア移民局ETASインターネット申請サイト
▶︎https://www.eta.immi.gov.au/ETAS3/
ビザ取得代行サービス会社ViewGrant
▶︎http://shop.viewgrant.com/

まとめ

なんだか国によって違うのでわかりずらいな、と思った方も多いと思います。

ビザの情報は各国かなり流動的です。今回ご案内したのは2016年10月30日現在の情報になるので、随時変更があるかと思います。なので詳しくは各大使館、領事館ホームページで詳細確認をお願いします。

今回はすべて自分で申請する方法をご案内していますが、自分でやるのは不安だ、面倒だ、という方は手数料はかかりますが、申請代理店などもあるので、利用してみるのも手です。

しかし、こういった面倒な手続きがひとつひとつできるようになってくると、一歩ずつ旅人に近づいているようで、うれしいものですよ。

その他、関連記事はこちらです。合わせてお読みください。
▶︎備えあれば憂いなし!世界一周で人気の12カ国治安情報まとめ
▶︎覚えておくと絶対便利!世界一周でよく使う英文集まとめ(16選)
▶︎世界一周中に大切な写真を無くさない為に!便利なオンラインストレージ4選

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

世界一周トラベラー
音楽と甘いものと、カラフルなものが大好き。
ステキな海と、たのしそうなお祭りの情報がはいれば、すぐに飛んでいきます。
英語語学留学から、世界一周旅行を終えていったん日本に帰国したけど、すぐに飛び出しまだまだ旅は続きそう。
のんびりぼーっとしてるのでトラブル続きの毎日ですが、世界中のひとたちに助けられ、今日も元気に生きています。
なんとかなるっしょー!で乗り越えてきたわたしの経験談。
少しでもお役にたてればいいなと思います。

私の世界一周ルートはこちら
http://ceburyugaku.jp/40237/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。