CGアカデミー

今回の留学生

・お名前:タカハシ
・ご年齢:30代
・ご職業:フリーター
・通われた語学学校:CG
・留学滞在期間:2013年10月から12月

1,この学校を選んだ理由

厳しい環境で英語を勉強し直したかったので、この学校を選びました。海外の大学院への進学を目指すため、平日は学校から出られないなどのストイックな環境で勉強をしたかったからです。さらに、ほかの学校より比較的安かったので、それも決め手でした。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

まったく事前勉強をせず、退職してすぐに留学にきました。10年ぶりの英語の勉強だったので、当時の英語のレベルというと、例えばHeの後の動詞にsを付けることすら忘れていた状態でした。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

本の辞書を持って行ったが、電子辞書を持って行けばよかったと後悔しました。なぜなら、電子辞書なら発音が聞け、荷物にもならず、当然ながら早く検索できます。

さらに、桐原書店が出している「総合英語Forest」のような英語の文法書を持っていけばよかったと思いました。英語の基本を振り返るのに、基本文法を確認できる本が必要になり、わたしはアマゾンでそれを購入しました。

4,学校の施設について

1人部屋、2人部屋、3人部屋があり、わたしは2人部屋を使っていました。ルームメートは、同じ国の人にならない配慮があり、英語を普段から使うことができてよかったです。

学校の敷地には、バスケットボールのコート1面、プール、卓球台があり、休み時間には息抜きで使えました。さらに、食堂、売店があります。24時間自習できる教室もありました。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

1日のカリキュラムは、マンツーマン授業が5コマと、4人ほどのグループクラス3コマのいずれも各50分の計8コマでした。学校はスパルタの環境として知られ、平日毎日授業が午後5時に終わった後、午後7時から単語テストと強制自習3時間が課せられていました。

平日は外出禁止で、勉強漬けの環境に身を置きたいというストイックな方にはいい学校かと思いますが、ストレスなくゆっくり勉強したい方にはおすすめできない学校かと思います。

6,最もためになった授業は?

授業は基本的に英会話、発音、リスニング、ライティングなどのクラスを取っていましたが、その中でも、映画を取り入れた授業が面白かったです。その年の新しい映画を題材にして映画を字幕なしで観ます。

さらに、先生がその映画に出てくる単語を事前にまとめており、後で復習していました。映画を観ているので単語のイメージがつかみやすく、覚えやすかったです。

さらに、映画の感想を英語でプレゼンテーションする機会もあり、とても刺激的でした。映画を字幕なしで観る習慣ができた意味でも有意義なものでした。

7,周りの環境、治安の様子

この学校は、セブ島の中心地・セブシティーから車で20、30分ほど離れたタリサイ地区にありました。学校からは外を歩かないように指導され、決して安全という場所ではないと思います。

自転車タクシーのジプニーで数分のところにショッピングセンターがあり、そこで日用品や食料をそろえられます。わたしは英語漬けになりたかったので、遊びはあまりしませんでした。

遊べる環境は望んでいなかったので、中心部から離れていてもよかったですが、週末は遊びたいという人にとっては不便かもしれません。

8,日々の食事内容

食事は正直、おいしいとは言えませんでした。韓国人が多いので、韓国系の辛い味付けが多かったと思います。朝食は、パンや目玉焼き、ハム、オレンジジュースなどが主だったです。

学校内にウォータータンクがいくつか備え付けられており、それで水を飲めます。それと、原因はよく分かりませんが、わたしを含め何人かがお腹を壊しました。

ここでの食事が原因かは分かりませんが、薬を持っていくことをおすすめします。さらに、宅配でピザやハンバーガーを注文することも可能でした。

9,インターネットの環境について

Wi-Fi環境はよくなかったと思います。夜の遅い時間帯でもつながりにくい日もありました。休み時間に映画や音楽などをダウンロードする生徒が多く、それが原因だと推測していました。

あまりにつながらないので、ポケットWi-Fiを個人的に契約して使っている友人もいました。わたしは、一番Wi-Fiがつながりやすい朝の早い時間に利用していましたが、勉強に集中したかったので使えなくても逆に良かったと思うようにしていました。

Wi-Fi環境の重要度が高いと思っている方は、事前によく学校に尋ねた上で、決めた方がいいと思います。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

繰り返すように、この学校のメリットは、勉強漬けになれる厳しい環境です。自分で規律をもって勉強できる方は必要が無いですが、強制的に勉強しなければならない環境に身を置きたいならば、ここはおすすめです。

平日は朝8時から夜10時まで勉強し、外出が禁止です。毎日楽しくリラックスしながら英語を勉強したいのであれば、ここはおすすめできませんが、勉強する習慣を強引に身に付けたい方は、ちょうどいいのではないかなと思います。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

フィリピンにはたくさんの語学学校があると思います。海の近くにありリゾート気分を味わえる学校や、英語の資格取得に特化したコースを設けている学校、英会話に力を入れている学校など、いろいろです。

そのため、まずは、自分はどのような英語をどのように学びたいかを考えることが大事だと思います。その後に、それを実現できる学校を見つけることが一番大事なことのように思います。

12,その他

学校にはアジアからくる多くの生徒と会う機会がたくさんありました。今も連絡を取り合う友人にも出会えました。勉強のほかに、そのような交流も楽しんでほしいと思います。

▶︎CG English AcademyについてはこちらのHPからお問い合わせください。

その他、留学体験談はこちらから。
▶︎【Brighture English Academy】ビジネス英語が学べるスパルタ系の語学学校
▶︎セブブルーオーシャンアカデミー|韓国資本パインスが運営するセブでは少ないセミスパルタ校
▶︎英語力0!それでもセブ島留学してみた【FEAプレミアム校】

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。