日本人が少なく英語を触れる機会を増やせる、SMEAGクラシック校
の体験談
http://blog.sharehouse.in/?p=39033

今回の留学生

・お名前:タナカ
・ご年齢:30代
・ご職業:フリーター
・通われた語学学校:SMEAG
・留学滞在期間:2014年3月から7月

1,この学校を選んだ理由

IELTSの対策コースが設けられていたので、この学校を選びました。当時、イギリスの大学院を目指していたため、IELTSの勉強をするのが必要でした。この学校は、毎週土曜日にIELTSの模擬試験も行われていました。

その模擬試験は、実際の試験レベルと遜色ない問題です。さらに、その学校はIELTS本番の試験会場でもあり、慣れた環境で試験を受けられるメリットもありました。セブ島の中心都市、セブシティーにあり、買い物などのアクセスにも便利で、その点も選んだ理由です。

2,フィリピン留学前に準備してきた事

IELTSの勉強目的だけで行ったので、ノートと筆記用具、電子辞書、使い慣れた参考書です。現地で知り合った友人で、電子辞書を持ってくるのを忘れて困っていた人がいました。

和英辞書が入った電子辞書は現地で購入できず、アマゾンで買うか迷っていましたが、安いものではないし、日本で現物を見て買いたいということで、スマートフォンでそれを代用していました。

スマホで代用はできますが、最近の電子辞書には便利な機能が付いているので本格的に英語の勉強をするなら、持って行った方が便利だと思います。

3,実際留学してみて準備が足らなかった事は?

IELTSの勉強を目的で行ったのですが、IELTSがどういう試験かを全く知らずに行きました。その試験内容を事前に理解していればスムーズに授業に適応できたと思うので、簡単なテキストぐらいやっておけばよかったと今では思います。

4,学校の施設について

宿泊の部屋は、1人部屋から5人部屋まであったと思います。わたしはお金を節約したかったので、5人部屋を利用していました。シャワーとトイレのあるバスルーム2つをシェアしていました。

シャワーはたまにお湯が出なかったかと思いますが、スタッフのサポートが丁寧ですぐに対応してくれたと記憶しています。自習勉強部屋が24時間空いています。

私は、夜中はその勉強部屋に、日中は授業で、部屋ではほぼ寝るだけだったので、部屋のクオリティーは気にしませんでした。

5,選んだ授業のカリキュラム内容と感想

1日のカリキュラムは、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの授業がそれぞれ90分に加え、オプションで英会話の授業を選んでいました。

スピーキングとライティングの授業は、マンツーマンで、リーディングは計4人、リスニングは計8人で行われていました。先生を変えることは可能ですが、先生と仲良くなると情が移り、わたしの場合は変えませんでした。

今思うと、もっと積極的に色々な先生に教わっておけばよかったかなと思います。

6,最もためになった授業は?

リーディングを教えるのがうまかった先生がいました。日本的なリーディングの読解ですと、文章を全部読んで内容を理解してから問題を解くのが一般的かと思います。

その先生は、質問文を読んでから問題文の必要な部分を見つけて回答するというようなテクニックを多数教えてくれました。リーディングは苦手だったので、すごくその授業はためになりました。

7,周りの環境、治安の様子

街中にある学校で、夜中歩いても大通りなら問題はありませんでした。ただ、フィリピンですので日本よりは安全とは言えないと思いますし、夜中なら女性はもちろん複数で行動した方がいいと思います。

歩いて15分ほどの距離に大型ショッピングセンターがあります。さらに、わたしはマッサージが好きで、勉強の合間にマッサージのお店によく行っていたのですが、歩いて5分ほどの距離にいくつかお店があり、マッサージ好きにとっては好立地だと思います。

8,日々の食事内容

決しておいしいものとは言えませんでしたが、最近は改善されたという噂も友人から聞きました。韓国人が多い学校だったので、キムチなど韓国料理のメニューが多かった気がしますが、日本料理も週に1回ほど出ていたと思います。

友人の中には、食事が合わず、学校内に売店からカップラーメンなどを買って食べていた人もいました。さらに、ふりかけやインスタントの味噌汁などを日本から持ってきていた人もいました。

わたしは毎日出されたものを問題なく食べていましたが、不安であればご飯のお供を持って行くことをお勧めします。

9,インターネットの環境について

Wi-Fiがつながらない時間帯がありました。学校が終わった後などは特につながらない状態が多かったですが、深夜1、2時以降や多くの人が外出する週末は比較的困らない速度で利用できたと思います。

ポケットWi-Fiなどを現地で契約して、利用している人もいましたので、インターネット環境に不安があるならそのような方法もあります。英語で契約することが不安であれば、スタッフに相談することもできると思います。

10,この学校の最大のメリットを教えて下さい。

この学校のメリットは、IELTSに特化した授業を受けられるということです。会場も同じですし、毎週模擬試験を受ける会場で、本番の試験を受けることができます。

さらに、先生もIELTSのための勉強法を教えてくれます。さらに、同じIELTSの勉強をする生徒が集まるので、その情報交換もできますし、モチベーションもあり、互いに励まし合って、生活を送れると思います。

11,私が考えるフィリピン留学を成功させるコツ

IELTSの勉強のためにフィリピン留学をするのであれば、非常にストレスが溜まります。成績はすぐに伸びるわけでもないですし、いかに上手に息抜きをして勉強をし続けられるかが大きな鍵だと思います。

この学校は、門限があり(平日は夜9時、週末は夜12時でした。学校に外出届を出せばそれ以降に帰れます)、一定の厳しさがありました。勉強漬け過ぎても辛いし、遊び回る不安もある人は、自分に合いそうなルールのある学校を選ぶのがいいと思います。

12,その他

せっかくフィリピンに行くのであれば、勉強のためだけでなく、いろいろな生徒と積極的に話をして友人をつくるべきだと思います。

中には部屋に引き込もってしまう人もいましたが、いろいろな国の人と、しかも同じ志を持った人と話せることはいい機会だと思います。わたしは、そこで知り合った人(日本人だけでなく韓国人も)と今でも連絡を取り合うほど仲がいいです。

ぜひ、勉強だけでなく、いろいろな人と話をしてほしいです。

▶︎SMEAGの公式HPはこちらから

その他の学校の留学体験談もご覧ください。
▶︎マンツーマンが多くコースも豊富!フィリピン留学『English Fella 1』の留学体験
▶︎IELTを勉強出来る唯一の学校!フィリピンUV ESLで6週間留学体験談
▶︎IELTS目的でSMEAG CLASSIC キャンパスへ留学!授業だけで目標点は取れるか?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。